私は元留学生です。
ニューヨークにやってきたもともとの理由は、英語を勉強するためでした。

貯金だけで来たので2年ぐらいの滞在予定でした。
帰る予定だった2年後には、こちらにいる理由ができて、それから16年もこちらに住むことになるとはつゆ知らず...。

学校選びは大変だった記憶があります。当時ネットでの情報に限りがあり、学校を選ぶためにアメリカンセンターなどにリサーチに出向いたりしてとても時間がかかりました。だから学校選びの苦労や、留学中の大変さなど、とーても気持ちがわかります。

さて、昨年〜今年は、日本にある留学エージェンシーのウェブサイト用にさまざまな語学学校を取材しています。

語学留学を希望される方から「どの学校がいい?」と聞かれることが多いのですが
どの英語学校も、フレンドリーな先生やスタッフばかりで、各種プログラムも充実している印象です。

自分の条件(費用、ロケーションなど)、好み、留学の目的によるのではないかと思います。
例えば、マンハッタン内がよいとか、少し郊外でもいいから安い方がいいとか、静かな田舎の環境で勉強に打ち込んでアメリカ社会にとけこみたいなど。


f0063659_05223661.jpg
NY Language Center

f0063659_05231862.jpg
ILSC

f0063659_05255017.jpg
LSI



これまでの取材ノートを基に
私が訪れた学校のそれぞれの特徴がひとめでわかるように、まとめてみました。

たくさんある語学学校のうちのほんの一部ですが、
学校選びの参考にしていただけたらうれしいです。



都会派向け NYのど真ん中で英語の勉強ができる マンハッタン編


f0063659_04450025.jpg
f0063659_05252584.jpg

ダウンタウンのSOHOというおしゃれで便利な立地にあり、キャンパスもおしゃれ。

PCで自習できるシステムも整っていて、やる気次第では英語がすごく上達できそう。


f0063659_04422690.jpg

タイムズスクエアが徒歩圏内の、便利な場所にあり、周辺にはレストランやお店が密集。
ITをキャンパス内でフル活用している。


f0063659_04472952.jpg

ミッドタウンの日系店が多いエリアに位置し、駅も近くて便利。

インターンシップの紹介もしてくれる。

英語のみならず、ダンス、写真、映画、コーディング、アニメなど、興味ある分野の勉強も追加できる。

f0063659_04481748.jpg

企業派遣留学もあり(日本の企業派遣されたエグゼクティブのためのプログラム)、生徒同士のネットワーキングイベントにも力を入れている。

f0063659_04502546.jpg

34丁目という繁華街(コリアタウンやメーシーズなどが近く)に位置し、電車も多く、至便。

同校のメソッドで作られた、オリジナルテキストを使用。

他校に比べて授業料が安い。生徒は若い人が多い。


  • NY Language Center / NYランゲージセンター (1) (2)
f0063659_04523931.jpg
Upper West Side location

f0063659_04524433.jpg
Midtown location


マンハッタンやクイーンズなどNY市内にキャンパスがいくつかあるので、自分に便利なロケーションを選べる。(学費もロケーションによって異なる)

日本語を話せるスタッフがいる。 (2017現在)


f0063659_04551105.jpg
f0063659_05294206.jpg


マンハッタンのダウンタウンに位置し、駅も近い。

3年前にオープンしたばかりで、インテリアが清潔で綺麗。大学と提携している。

各キャンパスに日本人カウンセラーが常駐している。(2018現在)


f0063659_04563971.jpg
f0063659_05261666.jpg

世界中にネットワークを持つ大きな語学教育組織。

マンハッタンのダウンタウンに位置し、駅も近い。

新オフィスに引っ越したばかりで、インテリアが清潔で綺麗。大学と提携している。

40歳以上を対象にした「クラブ40」というユニークなプログラムもある。

東京にオフィスがあるので、日本語で相談できる。


f0063659_05243778.jpg

自由の女神が望めるマンハッタンの最南端に位置。マンハッタンなのにごみごみしていない環境。

こぢんまりした学校で、生徒1人ひとりに目が届く環境。

学校外の生徒も参加できる、各種ワークショップなども充実。


f0063659_04595536.jpg

マンハッタンはミッドタウン36丁目に位置。

同校オリジナルテキストを使用。

他校に比べて授業料が安い。

インターナショナルマーケティングコーディネーターが日本人(2017年現在)


マンハッタンのダウンタウン、大学キャンパス内に位置。
600以上の大学と提携。スマホのアプリ「remind」を採用し、留学中の心配ごとの相談など、生徒1人ひとりにきめ細かなサービス。

東京に、同校のカウンセリングエージェンシーがある(ベネッセの傘下で、ベルリッツによる経営)

以上、マンハッタン編でした。

f0063659_05212175.jpg
SOHO
f0063659_05240052.jpg
LSIからの眺め

(郊外編につづく)

(All photos and text by Kasumi Abe) 無断転載禁止


もっと詳しい学校情報はこちら(私が自ら取材した記事です)

2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック



[PR]
# by abekasu_ny | 2018-09-23 04:31 | 言語・教育 | Comments(0)

皆さん、ご自身のアイデンティティについてはいかがお考えですか?

普段私はアイデンティティについてあまり考えることがないので、今回自分のアイデンティティも含めて考えるきっかけになりました。

アイデンティティについての質問が悪いとは思いません。ただ人によってはデリケートなトピックなので、聞く場合は、以下のことに特に注意が必要だと思います。
  • 時と場所、タイミング、相手との関係性
  • 誤解を与えないように、相手が理解しやすいような質問内容にする

今回大坂選手は「私は私」という答えを出したので、彼女のその思いを尊重し、今後は彼女のアイデンティティについて他人が詮索するのはやめましょう。


セリーナに対しての言い分は皆さんさまざまで、私も試合後にすっきりした気分になれなかったのですが、
私はセリーナが100%悪い人にも思えなくて、その気持ちはどこからわくのだろう?というところを観察するところから記事を書き始めました。
セリーナ擁護派、否定派さまざまですが、いろんな意見があって然るべきだし、私の記事で何かを考えるきっかけになれば幸いです。



2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
# by abekasu_ny | 2018-09-18 03:33 | ニュースを先取り | Comments(0)
ガイドブック『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ』はありがたいことにさまざまなメディアに注目され、掲載していただいています。忘れないように掲載されてきたものを、記録としてここで残しておきます。


【テレビで私が撮影した写真が使用されました】

f0063659_01145326.jpg

日本テレビ「有吉ゼミ」2018.06 & 08



【書評】
f0063659_02252439.png


クリエイティブ×ビジネスがテーマのウェブマガジン

「世界最先端のクリエイティブ地区・ブルックリンを引き寄せる」by 映画監督の神保慶政さん



(三栄書房)2018年6月号


「今すぐ行けなくても眺めているだけでワクワクするスポットが満載」by Men's Fudge


【コラボ記事】
f0063659_02253074.png


ラグジュアリーマガジン『Precious.jp(プレシャス)』
(小学館)2018年4月


NY生活のバイブル的マガジン『NY便利帳
2018年4月


【読者プレゼント】

CCC Media House Co.,Ltd.)2018年3月


そのほかの情報はこちら ↓



2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
# by abekasu_ny | 2018-09-05 01:17 | お知らせ | Comments(0)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe