f0063659_05304947.png
                            
f0063659_09584594.jpg
@ The Beekman, a Thomspon Hotel


(少し時間が経っててしまいましたが前回のつづき)東京のホテル会社のご依頼で、ブルックリンとマンハッタンのホテル視察を行いました。


The High Line Hotel


外観は、イギリスにあるような古い建物風ですが、中に入るとチェックインカウンターもロビーらしきものもなく、いきなりカフェがあって、あれ、ここは?と一瞬なります。

f0063659_05320349.png
f0063659_05315689.png
カフェがある
f0063659_06175260.png
チェックインはこのPCコーナで行う。

見せていただいたお部屋の撮影は不可だったのですが、とても清潔で居心地良さそうでした。
ホテル自体のロケーションもよいし、お値段もマンハッタンの通常価格なので、滞在先としておすすめです。


The So Hotel


ここは視察予定先に入っていなかったのですが、移動途中にたまたま見つけて良さそうなので入ってみました。

ホテルの方曰く、「1805年にできたNYで一番古いホテル」だそうです。

f0063659_05440130.png
「King room」の部屋は1泊$200弱でお安め。「two queen」のお部屋は1泊$300〜

f0063659_05592659.png

2階にあるロビー。黄色の壁とレンガ壁が素敵。



The Bowery Hotel


2007年にオープンとニューヨークでは歴史は新しい方です。でもインテリアも家具もアンティーク風で、ホテルの方曰く「わざと歴史が長いような古さを出すように作っている」と言っていました。

見せていただいたお部屋は、3階の「Sweet」、この時期は1泊$695

f0063659_05442048.png

f0063659_05492756.png
f0063659_05493329.png
f0063659_05493976.png

11 Howard Hotel


2016にオープンしたチャイナタウン近くのホテル。写真はないですが、1階には自動チェックインのタブレットがあり

2階がラウンジ(コワーキングスペースっぽい感じ)でした。「Standard king」「Deluxe room」「Corner studio」などのお部屋を見せていただきましたが、どれも1泊$300ドルいないで、素敵でした。写真はないですが、Siriのスピーカー版のようなSmart speekerがありました。




2018年3月2日全国発売



ブルックリン ガイドブック

[PR]
# by abekasu_ny | 2018-05-15 12:09 | 視察&研修のお手伝い | Comments(0)

f0063659_09545203.png
© Albert Cheung


日本のクックビズが発信している、Foodion(フージョン)
フランス、アメリカ、日本と世界中のスターシェフをはじめとする実力派シェフの生きざまを紹介しています。

ニューヨークページを担当させていただいていて、先日はブルックリンのミシュラン二つ星シェフ、aska(アスカ)のフレドリック・バーセリウスさんのインタビューをさせていただきました。さすがみなさん若いときから、並ならぬ努力をされてきた方々ばかり。お話をお聞きし、刺激を受けております。

英語オリジナル版日本語翻訳版、両方アップされています。よろしければごらんください。
ちなみにこの記事は翻訳されていないけれど、中国語版もあります。

最初の写真は、インタビュー中にフォトグラファーが私も入れて撮影してくれていました!
普段写真を撮ることは多いけど、撮られる機会はあまりないので、これはいい思い出になりました。さんくす、アルバート!



2018年3月全国発売



ブルックリン ガイドブック

[PR]
# by abekasu_ny | 2018-05-15 07:29 | お知らせ | Comments(0)
私のブログの人気記事の一つが、ニューヨーク恋物語です。
80-90年代にできあがったすばらしい作品の一つ。

私が当時よく観ていたもう一つの番組は、ABCの『住めば地球』でした。
世界各国に住む55万人(当時)の日本人の、素敵な生き方を紹介した番組でした。
19-20ぐらいだった私は、日曜日の朝9:30の放送を毎週楽しみにしていました。

芸術志向、アメリカ志向が高かった私は特に、西海岸在住のスクリーミングマッドジョージさん、工藤村正さん、そしてニューヨーク在住の芸者、故・中村 喜春(きはる)さんの会が特に印象に残りました。

当時の私はあの番組を観て、「アメリカ、すげー」「私もアメリカというものを見てみたい」と、いつの頃からか思うようになりました。
(厳密に言うと、中学生ぐらいのころから、音楽と映画の影響で、アメリカ行きたいー、とはずっと思っていたのですが)

特に将来どうしよう、芸術の世界に進みたい気持ちもあるけど、具体的に何をしたいのか自分でもわからない。
墨絵にも興味あるし、特殊メークの世界にも興味がある。
いろいろ迷っていた私は、スクリーミングマッドジョージさんが卒業した、ニューヨークの美大、スクールオブビジュアルアーツに興味がわいて
大学の下見をしようとしたのが、初めてニューヨークに来たきっかけになりました。

大学1年の夏休みに、親に頼みこんで、1ヵ月ちょっとニューヨークに来させてもらいました。
(下見をした結果、当時の授業料でも私には無理な額だとわかって、美大留学は諦めたのですが
そのときのホームステイで出会ったアメリカンファミリーが、その後の私の人生を変えました)

さて時は2018年。
ふと先日、Youtubeで『住めば地球』を検索してみたところ、1つだけ映像が出てきました!

ディズニーのくまのプーサンや、忍者タートルをてがけてきたパロ穂積さん。(残念ながら、このパロさんの会は私の記憶になかったです)

パロさんの素敵な言葉があったので、ここで引用させていただきます。

サクセスっていうのは個人的なもの
他人が決めるのではなく、自分が満足していたらそれがサクセス

ジョン・カビラのナビゲーターもとっても懐かしいし、オープニングの音楽も全体的な構成も
28年後の今でもSooo COOL!!!

パロさん、今では80歳ぐらいになられるでしょうか?いつまでもお元気でありますように。

もう一つ感動したことがあります。

最後のテロップで、プロデューサーのところに
先日、私の出版記念イベントでモデレーターをしてくださった方のお名前が!

19-20だった私がこの番組に影響を受け、アメリカすげーとなって、ニューヨークに下見の旅に出るきっかけになりました。

そのプロデューサーさんと今このニューヨークでお仕事をたまにご一緒させていただいたり、こうやってイベントを手伝っていただける機会があるとは、なんとも不思議なご縁です。



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊



[PR]
# by abekasu_ny | 2018-05-09 09:37 | 日々のつぶやき | Comments(0)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe