<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【お知らせ】

久しぶりに日本に一時帰国します。
出版記念イベントもいくつか決まりました!

ブルックリンやニューヨークに興味のある方、ぜひお越しください。

7月にお会いしましょう〜。



◉トークイベント&サイン会 @東京
7/13 (金) 7pm
紀伊國屋書店新宿本店9階にて
参加費500円、電話にて要事前登録
定員50名
(海外在住者で国際電話になる方は私までご返信ください。予約受付させていただきます)

詳細


◉カクテルパーティーにゲスト参加 @東京
7/12 (木) 7pm
KNOCK ROPPONGIにて
参加費6500円(お食事・ドリンク付き)
メールにて7/6 までに要事前登録( nozomi.terao@gmail.com )

詳細


◉トークイベント&サイン会 @福岡 
7/20 (金) 7:30pm
六本松蔦屋書店にて
参加費無料
定員30名(予約の方優先となります)

詳細


◉トークセッション @福岡 
7/27 (金) 7:00pm
Labo’s Bar @ Codestyle にて
参加費無料 (要ワンドリンクオーダー)
申し込み不要

詳細




2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-06-23 04:47 | お知らせ | Comments(0)

日本のメディアで拉致問題について「落胆の声も」とあるのを見ますが、落胆するにはまだ早い。

長年の敵同士がやっと会えたのだから、まずは相手の心を開いていくことが大切。

良い方向に向かって行ってると思います。


トランプさんってやっぱり交渉とか相手へのプレッシャーのかけかたとかがとてもうまい。

プレッシャーかけたと思ったら、相手を褒めたり労ったりとか、そういう関わり方もとてもうまい。

そして話が終わったら、観光もせずすぐにお国へ帰る、とか。そういうのも(笑)。


安倍さん、仲良くしている風で報道されていますが

実は「手こずる相手、なかなか簡単にはいかない相手」と思っているはず。


そういう意味で、トランプ氏は真のビジネスマンだと思います(外交もビジネスの一つですから)




2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-06-13 06:38 | NYとアメリカ人 | Comments(0)


2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-06-10 15:34 | NYとアメリカ人 | Comments(0)




2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-06-10 03:49 | NYとアメリカ人 | Comments(0)
f0063659_00080844.jpg
毎年夏のキックオフを告げる航空ショー


NYはメモリアルデーを迎え、夏に突入しました。
私自身も誕生日を迎え、また一つ年を重ねております。
大きな仕事の山も一段落し、一息ついているところです。

以前ある方が、「誕生日近辺の出来事は、その年を表すことになる」というような、
スピリチュアル的なことをおっしゃっていて
今年はなんだろ?と思っていたところ、1~2ヵ月前から薄々わかったのは、
どうも「通訳として成長する年」になりそうです。

その暗示としてここ最近、通訳のご依頼がなぜか次々とやってきました。
4月あたりから、感覚的に「今年の誕生日は、それらの大役がすべて終わった後」という気持ちで過ごしていました。

主な内容としては、
  1. 文房具系展示会での、ディレクターと会社社長との、ビジネスミーティングの通訳
  2. クラシック音楽界の巨匠の、担当者と記者との、インタビュー通訳
  3. クラシック交響楽団の演奏家と記者との、インタビュー通訳
  4. 自然医学の医師同士の通訳
  5. 心理療法の創設者夫婦と専門家の通訳
etc...

昨年の冬には、あのアナ・ウィンター氏との面会の通訳を仰せつかったこともあります。
でも、その後こんなにたくさんの依頼はきていませんでした。

通訳というのを今回立て続けにやってみて、改めて思いました。

仕事も含めて英語での生活に不自由することがほとんどなくなっても、
結構大変な仕事

他人様の会話(言葉と言葉)をずっと一言一句集中して聞くので
1時間もすると、頭がヘトヘトになります〜。

また自分の興味外のもの、専門分野、特にアカデミックな分野に関しては、
会話が例え「日本語」同士でなされていたとしても、理解できないことってありますよね?
なので、ある程度の事前リサーチはしておきました。

上の1~5についての内容は、普段の自分の生活とはまったく異世界のものだったので
そこが難しいところでした。

普段海外にいると、英語を聞いてそのまま英語で理解します。
でも通訳とは、そのような自然な流れとは違う方法をとるわけですから
ただ英語を話せるだけではできなくて、専門トレーニングが必要です。

私はこれまで専門トレーニングを受けたことがないけれど
今回一番思ったのは、

「目に見えないもの」
「自分が体験したことがないもの」
「専門分野やアカデミックな分野など、知識が自分にないもの」
そして何より
自分の言葉ではないもの

を自分の口から発することほど、難しいことはないと思いました。

だから現場では、聞いたままのことをそのまま「変換するという作業」にとどまり
通訳したから自分の知識として蓄積されたかについては、疑問です。
(それでもクライアントさんは、「意味がわかる」と言ってくれたのでよかった!)

これからも、チャレンジングな仕事は、私に求められる限り、お受けしたいです、
自分の成長のために。

f0063659_14575036.jpg
クライアントさんの恩人のご夫婦に会うために、ウッドストックへ。(個人宅のお庭)

お受けする、(アクセプト)ことは、
特に上の5の素敵なご夫婦に、教えていただきました。

通訳中、何かのきっかけで、奥様がおっしゃいました。

「若いうちはいろんなことが簡単にできる。
でも年齢を重ねると、人生を乗り越えていくのは難しいこともある。
だから、道具を持って準備することが必要」

その道具というのは、どうやら考え方のトレーニングのようなものみたいです。
幸せか不幸せが、白か黒か、100-100ではなく、50-50で考える。
幸せか不幸せか、どっちがいいではなく、中間のポイントにこそ幸せがある。

アクセプトする(受け入れること)
抵抗しないこと。

これらもおっしゃっていました。

実は私、その日が誕生日で、なんだかこのご夫婦にお会いできたのも
このときの言葉も、特別なギフトのように感じました。

クライアントさんにとっても、そのご夫婦は「恩師のような存在」とかで
そのような大役を仰せつかさり、光栄なことでした。

とてもよい経験をさせていただきました。

(メモ:このご夫婦が創設したのは The 50/50 workという心理療法です。
ご興味あれば検索してみてください)


f0063659_14580169.jpg
とある巨匠の使っていた灰皿。
f0063659_14575694.jpg
巨匠が眠るお墓にも行きました。

こちらは、日本の新聞の記事になります。


2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-06-03 00:17 | 日々のつぶやき | Comments(0)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe