<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


f0063659_05381215.png

ニューヨークでおいしいイタリア料理を探すのは結構大変。もともとアルデンテなどという言葉がなくて、スパゲッティと言えば、茹ですぎたような麺がこれまで主流でした。(きっと大都市以外は今でもそのようなスパゲッティが主流だと思う)

マンハッタンには、リトルイタリーというイタリア街もありますが、ここは行ってはダメ。雰囲気はいいので街歩きは楽しいけど、どの店もおいしくないです。まぁペローニぐらいだったらいいでしょうけど、ワインも食事もがっかりします。(噂によると、もはやどの店も経営しているのはイタリア人ではなく、東欧系移民らしい...)

だからニューヨークでおいしいイタリアンに出合ったら、ラッキーです。マンハッタンにはいくつかありますが、また今度。

今回紹介するのは、ブルックリンのとっておきのお店。本のインタビューで何人かアイコンにブルックリンのおすすめのお店をインタビューしたら、偶然2人から同じ名前が推薦されました。(その辺は、本で触れています)

ブルックリン、クリントンヒルのネイバーフッドにある、 Locanda Vini e olii (ロカンダ・ヴィニ・エ・オリ)。素朴なイタリアの家庭料理はどれを注文してもおいしいです。

もともとここは1896年の薬屋さん(ファーマシー)で、当時のキャビネットや壁、天井が今でもそのまま残され、と〜っても素敵。(外観には、薬屋時代の看板がど〜んと掲げられているので、初めて行く時はお店がどこか一瞬わかりません笑)

f0063659_05374913.png
マストオーダーのイタリアのホルモン料理。TRIPE “ALLA FIORENTINA”

f0063659_05384342.png
ミートソースの平麺、TAGLIATELLE "AL RAGU

f0063659_05390207.png

イノシシ肉の平麺、Sage pappardelle al cinghiale with wild boar, braised with juniper berries


f0063659_05382405.png
トスカーナのケールとガーリックトースト、カネリーニ豆のFETTUNTA

f0063659_05391488.png
そしてマティーニ。


写真では小さく見えますが、料理もマティーニも、実際にはかなりの量です。
何人かでシェアがおすすめです!



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊



[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-29 06:02 | | Comments(0)
ブルックリン植物園からの帰りに小腹が空いたので、お昼ご飯を食べられる店を探しました。あの辺はクラウンハイツといって、もともと黒人の多いエリアですが、最近は白人も増え、おしゃれなお店やカフェがぽつぽつでき始めています。

良さそうな惣菜&サンドイッチの店があったのでのぞいてみました。おしゃれなプリッツェルバーガーなるものがあり、おいしそう!プライスは13ドルほど。

ほかになかったら、ここに戻って来ようと思って少し歩くと
一見パッとしない、小さなジャマイカ料理の店を見つけました。

直感で、「ここは良さそう!」と思いました。
客層は、私以外全員黒人(英語のアクセントからおそらくみなさん、ジャマイカ系)
インテリアは、日本で言う駅前定食のような、おしゃれ度ゼロ。

でも、味は
最高においしかった!!!

f0063659_03181925.png

どれをオーダーしようか迷っていたら
女性スタッフが「オックステールあるわよ」って教えてくれたので、それにしました。

口の中でとろけるように柔かい、とろっとろ〜のオックステールのランチ。
ライス、キャベツの煮込み、プランテーン入り(7.50ドル)
写真は小さく見えますが、手のひら大でお腹いっぱいになりました。

ニューヨークは、個人経営のレストランのハンバーガーやステーキ、ピザがおいしいですが
このような移民が持って来た故郷の味は、今も安く提供されてとても美味しいのです。
(ブルックリンやマンハッタンの端の方も多いですが、近年の移民が多いクイーンズは特に多いです)

ご飯と煮込んだお肉の組み合わせというのは、日本人の口にとっても合います。
またジャマイカ料理というのは、日本でメジャーではないので、ニューヨークに来た際はぜひ体験してほしい料理の一つです。

f0063659_03183321.png

ジャマイカのミートパイ(roti ?)。1.75ドル。
これも激うま。

ほぼチャイニーズは住んでいないエリアなのに、
チャイニーズのおじいちゃんが一人やってきて、これを買ってたんです。
(英語ができないから、指であれ2つ、みたいな注文で)
チャイニーズのお年寄りって、基本チャイニーズしか食べないのに、
店に入るやいなやすぐにこれをオーダーしていたので、直感的に「これはおいしいぞ」と思い、私も注文。

おじいちゃんの舌感覚、大正解!

先日の本出版イベントで大好評だったのは、このような
本に書ききれない情報でした。

『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ』では、本の性質上
日本から観光でやって来た女性が一人でも入りやすい雰囲気のお店にフォーカスしたのですが
このようなちょっと入りにくい雰囲気、おやじっぽいバー、ブルックリンのざわざわした奥地にあって行きづらい名店など、ほかにもおすすめのお店はたくさんあるので、機会をみつけてブログで紹介したいと思います。

ちなみに、「ちょっと入りにくい雰囲気」というのは、あくまでもこちら側の勝手な思いこみにすぎないのかなとも思います。
ジャマイカ店でもポーランド店でもチャイニーズ店でも、
入って一度も嫌な思いをしたことはありません。
逆に、お店の人もお客さんも「アジア人が来た」って歓迎してくれたりします(もしくは、我関せず焉 笑)。

「日本食おいしいよね」とか「日本食大好き」って外国人に言われて私たちがうれしいのと同じで、
彼らも、ほかの国の人が自分たちの食べ物をおいしいと思えば、うれしいものなんですよね。

たまたまこの日見つけたお店は、D's Place Bakery でした。
このような名店がこれからも、そしていつまでも、ニューヨークに残っていきますように。


2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊



[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-27 11:30 | | Comments(0)
ミッドタウン42丁目(タイムズスクエア)の老舗的存在のライブハウス、B.B.キング・ブルース・クラブが賃料高騰により今月末にクローズするという悲しいニュースが入ってきました。ここは私にとって、生前のB.B.キングのライブを見た思い出の場所でもありました。( 2005年のブログ記事

このような老舗が撤退した後に、何がオープンするかわかりますか?

答えは、超バカ高いミッドタウンの賃料を支払うことができる、つまらない大・大・大資本のお店です。

B.B.キングも大きな資本は入っていたかもしれません。でもそこには文化がありました。2018年のタイムズスクエアに出店できるのは、大抵、世界中どこにでもあるような、キラキラした看板とセンスの悪いインテリア、そして(レストランの場合は)大しておいしくもない食べ物にバカ高いプライスをつけたようなお店でしょう。込められた店主の「熱い思い」などのようなものはおそらく皆無でしょう。

ニューヨークには世界中から観光客が年がら年中大挙して押し寄せますから、だまっていても客が入ってきます。まずいものを出して悪評価をもらっても、潤沢な資金と協力なバックボーンがあるので痛くも痒くもありません。

多くの店では、「お客さんに喜んでもらいたい」というような思いは経営側にもバイトスタッフにもなく、一定のレギュレーションに沿って、ただ適当なものをフィードする(餌のように与える)だけで、ビジネスはうまくまわっていくのです。

だからニューヨークを旅したことがある人は、バカ高いプライスでおいしくないフードにがっかりした経験は必ずあると思います。そして納得するのです。「ニューヨークだからこうなのか〜」

私も先日オープンした話題のフードホール、Urbanspace at 570 Lexで、改めてがっかりしました。ランチ時間、長蛇の列ができている店でチキンサンドをオーダーしましたが、本当に残念なパフォーマンスでした。日本のようななんでもおいしく、しかもデフレ状態の国から来た方なら、そのコスパの低さにさらにがっかりするでしょう。

ニューヨークのシェイクシャックも、今やがっかりフードの代表格です。創業時はたしかにおいしかったのです。でも店が増えすぎました。

忙しすぎるのか、スタッフの教育がなってないのかわかりませんが、バンズが押しつぶされてぺちゃっとなってることが多いし、肉は油っぽいし、、、こっちに住んでいてほかにおいしいハンバーガーがたくさんあるのを知っている感度の高い人は、ほかに選択肢がある限り、まず食べに行かない店です。

私もここでセットに15ドル払うなら、20ドルでもいいから他店のおいしいバーガーを食べに行きます。(過去に書いたシェイクシャックの記事

まぁとにかく最近のニューヨークは、かつてあったような老舗や名店が賃料高騰でどんどん撤退に追い込まれ、替わりに増えているのは大資本の店やブランドばかり。こうやって、移民が作り上げたニューヨークらしさが失われ、つまらないキラキラニューヨーク化がどんどん進んでいるのです。

逆に言えば、古くからの小商いが今でも多いブルックリンが注目されているのは、こういった時代の流れも影響しています。

「ニューヨークだからこうなのか〜」では実はないのです。スタッフの教育をしっかりしておいしいものを食べてもらおうとがんばっている店は、探せばまだ残っています。

老舗は私が来米した2000年初頭には、ローワーマンハッタンやハーレムあたりにたくさんありました。もうほとんどの店が今はないのですが、それでもまだ探せば残っています。例えばマンハッタンだと、アップタウンとかハーレムよりもっと上の方とか、逆にダウンタウンの下の方とか、探せばあるにはあります。ブルックリンにも名店はたくさんあります。

ここに長く住んでいると、だんだんと鼻が利くようになります。店構えや店内の客層(観光客ばかりか、地元の人で賑わっているか)などを見ると、だいたい店の姿勢や味がわかるようになります。

週末、ブルックリン植物園の帰りに、小腹が空いたので良さそうなお店を探しました。あの辺は下町で、昔からある、移民たちが築き上げた郷土料理の商店が今もまだ残っています。(長くなるのでつづきは後ほど)

ニューヨークのレストラン事情
ほかにも関連記事書いています。


2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊



[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-23 11:04 | | Comments(0)
f0063659_03155669.png

! 


1週間ぶりにボタニックガーデン(植物園)に行くと、先週よりだいぶん桜が咲いていました。(この植物園の一番の目玉、桜の並木道はまだ開花なし。来週末はいよいよSakura Matsuriなんですが、来週ぐらいかな...?)

ボタニックガーデンを歩いていると気づきますが、植物の品種は「Japanese」ばかりが目立ちます。
Japanese Wisteria (藤)
Japanese Spikenard
Japanese Sedge
Japanese Shield Fern
Southern Japanese Hemlock
Autumn Flower Cherry Rosaceae Species native to Japan
etc...

f0063659_03171283.png
f0063659_03161594.png

ブルックリン植物園には、このような日本庭園(The Japanese Hill-and-Pond Garden)もあり、地元の人にとても人気です。
アメリカの公共公園に設立された、初の日本庭園です。1914年から1年かけて建設され、1915年に一般公開されました。戦前のことだから、戦時中の扱いはどうだったのでしょうね?

f0063659_03261113.jpg

入り口には、このような石灯篭(っていうんですか?)があります。慶安五年四月二十日、1652年に捧げられたのでしょうか?
そして今、写真を整理して気づきました。四月二十日ということ、今日(この写真を撮影した日)ではありませんか!!!

アメリカでは、イベントを曜日で考えるから、今日が何日とか私のみならず、誰も知らないんですよ(これ、ホント)。だから気づかなかった...。

f0063659_03174152.png

f0063659_03145760.png

さて、先週の時点では、植物園の手前スペースには満開の桜は1本、5分咲が数本あるだけだったのです。それで、数少ない桜の前で繰り広げられていたのは、熾烈な記念撮影スペースの取り合い(笑)。まぁ、こちらの人はアグレッシブにはしないので、それはいいとして。

興味深かったのは、今週末はご覧の通りほかにもいくつか咲いていて、先週あれだけ人気だったあの桜。多少花びらは落ちていましたがまだまだ綺麗な状態でした。なのに、もう今週は誰一人として撮影せず見向きもされていなかった(笑)。...というのが、なんか皮肉というか、シビアな世の常を体現しているかのようで、ちょっと私的に興味をそそられました。


f0063659_03163804.png
ブルックリン美術館もこのとおり。

f0063659_04032785.jpg

なんか毎週お花の写真ですが(汗)、年々お花がますます好きになっていく私です...。



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊



[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-22 04:14 | 街の風景 | Comments(2)
f0063659_02465713.jpg

『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ』の出版記念イベント、昨日無事に終了しました!

本が発売する直前ぐらいから、友人が「イベントしたらいい」と助言してくれたのが始まりです。
イベントなんて思いもつかなかったし、「どこで?どのように?」と、最初はあまりピンときませんでした。
でも友人がお膳立てしてくれて、会場と日時がすんなり決まり、出だしからよかったです。

チラシ作りは初めてのことでしたが、今私のような素人でも作れる時代なんですよね〜。
情報の落とし方についてはずいぶんと「その道のプロ」である有能な友人に助言いただきました。

話す内容については、最初はどういう風にまとめよう??と思っていたのが
友人が「本に書いてあることは読めばわかるから、本に書ききれなかったこととか、
取材して面白かったエピソードとか知りたい」とアイデアをくれて、
これも私自身が楽しんで、内容を固められました。

このように自分ではわからないことや考えが及ばないところは、友人らが手助けしてくれて
無事にイベントまでこぎつけました。

f0063659_02531038.jpg

本に書ききれなかった、近所のデリとコミュニティーを見守る警察官のほのぼのした繋がりを紹介しているところ。


予約制にしていなかったので、いったい何人の方がいらしてくれるのか想像もつかなかったのですが
なんと20名弱の方が、月曜日のお忙しい仕事あがりの時間に来てくださりました!

ニューヨーク歴は長いけど、住んでいらっしゃるのがミッドタウンで、ほとんどブルックリンという場所に行ったことがない方
ロンドンから4ヵ月前に旦那様の転勤に伴いニューヨークにお引越しをされたばかりの方
以前ブルックリンに住んでいたけど、今はクイーンズ住まいで、ブルックリンを恋しく思っている方など
さまざまな方がいらしてくださりました。

また、ニューヨーク紀伊國屋さんで、私の本を「お取り寄せ」して購入され
このイベントにお持ちになってくださった方もいらっしゃいました。(サインをさせていただきました)

このような講演で自分が主体となって話すというのは、人生ほぼ初のことでしたが
皆さん、にこやかに楽しそうに聞いてくださり、中には熱心にメモを取ったり、
質問をドンドン寄せてくださったりして、
皆さんのポジティブなフィードバックでさらにリラックスできて、
私自身がとても楽しんでお話できました。

講演後も、「お話タメになりました」とか「ブルックリンに行きます!」と何人もお声がけいただいて、イベントやって本当によかったです。
本を購入してくださった方が約半分ほどいらして、こちらもうれしかったです。

イベントを開くってなんと楽しいのでしょう!
調子に乗って、せっかくだったらブルックリンでもやりたいなぁなんて思ったり(実現するのかな?!)

そして今年こそは、仕事をきっちり休んで、ぜひ日本にも一時帰国したいと考えているので
そう遠くない未来に日本でもこのような機会を設けることができればいいなと願っているところです。


(Tabi no Hint Book; Brooklyn, book signing and talk event by Kasumi Abe)



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-18 08:40 | イベント | Comments(5)
f0063659_04523813.jpeg


【イベントのお知らせ】

『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ(旅のヒントBOOK)』の出版記念として、
4/16(月)6-8pm、マンハッタンの JAA(NY日系人会)
「桜の名所&トレンド発信地、 Brooklynに行こう!」と題したトークイベントを行います。
(サクラヘルスフェア企画の一環として登壇させていただきます)

キラキラした大資本の看板と高層ビルと観光客だらけのマンハッタンとはひと味もふた味も違うブルックリン。
ゆるりとした空気が流れながらも、クリエイターらにより新しいモノが日々生まれ続けています。

トークイベントでは、取材を重ねたライター(私)だからこそ知り得る
「最新のブルックリン情報」「私的おすすめスポット」をご紹介。

この街がどのように魅力的な街として生まれ変わったのか
歴史や背景も交えながらお話しします。

本に書ききれなかった、近所の警察官のほのぼのする話やストリートスナップの笑い話
ブルックリン愛あふれるブルックリナイツ(ブルックリン人)との触れ合い、
オフショットや取材こぼれ話もたくさんお話しします!

当日の内容を練っている最中ですが
「これは絶対おもしろくなる〜」と、私自身がワクワクしているところです❤︎

聞き手役は映像プロデューサーの中村英雄さん。

入場無料(申し込み不要)。

ブルックリンに興味のある方はもちろん
取材や本作りに興味のある方も
ゆるりとお気軽に遊びにいらしてください。

(Tabi no Hint Book; Brooklyn, book signing and talk event by Kasumi Abe)


【会場の行き方】
ニューヨーク日系人会
49 W 45th St., 11th Fl., New York, NY 10036
(ブックオフの右側に入り口あり)
地下鉄B、D線 47-50 St - Rockefeller Center より徒歩3分、地下鉄7線 5th Avより徒歩5分



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊





[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-17 04:14 | お知らせ | Comments(0)
週末金曜、土曜は2日間夏日となったニューヨーク。
私も半袖姿で、1年ぶりに太陽の光をしっかり浴びてきました。

ブルックリン橋を歩いたり、オイスタバーにご飯を食べに行ったりして
久しぶりにニューヨークを旅しているような気分を楽しめた週末でした。

そして、出版記念イベントをいよいよ明日に控え!!
4/16のイベント直前の下見で、ブルックリン・ボタニックガーデンの開花状況も見に行ってきました。

f0063659_09034449.png


開花状況ですが、
植物園の入り口から歩いて5分強ぐらいの場所にある
チェリーエスプラナードっていう桜の並木道がここは有名なんですが
まだ咲いていなくて、見渡す限り、無数にある桜の木の中で
1本だけがほぼ満開、4本が5分咲きのような感じでした。

今月末4/28、29にSakura matsuriがあるので
その頃、ちょうどタイミングよく咲くのではないでしょうか!?

f0063659_09042249.png
1本だけ満開だった桜

f0063659_09041003.png
Japanese Flowering Cherry

f0063659_09031282.png
ほかはまだまだ、これからですー。

f0063659_09041689.png
ほかのお花も綺麗でしたよ。




2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊



[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-16 09:14 | 街の風景 | Comments(0)
f0063659_06123076.jpg
© Kasumi Abe


4/16(月)のBK本出版記念イベントが来週に迫ってきました。ギリギリですが協賛各社も決まりました。


協賛2: ブルックリンの最新情報をカバーする人気雑誌『Brooklyn Magazine』の発行元ノースサイドメディア出版社に、お楽しみ袋を参加者のために3名分をご用意していただきました!

オリジナル・フェスTシャツ(Brooklyn Cloth)、ワッペン(パッチ)、ピン、『Brooklyn Magazine』がオリジナルトートに入ってマス。

(このために尽力してくれた編集部スザンナ、さんくす!)

f0063659_06124424.jpg
盛りだくさん!
f0063659_06125823.jpg

このワッペン(英語でパッチといいます)、私も欲しい〜!


個人でやる手作りイベントですが、このようなご協力をいただきながら楽しいイベントになればと思っていまーす。


参加される方はお楽しみに。Thank you!!


(Tabi no Hint Book; Brooklyn, book signing and talk event by Kasumi Abe)



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-14 06:16 | お知らせ | Comments(0)

f0063659_11374132.jpg
© Kasumi Abe


4/16(月)のBK本出版記念イベントが来週に迫ってきました。ギリギリですが協賛各社も決まりました。

協賛1: 本にも掲載したブルックリンメイドのクラフトビール、StrongRopeBreweryストロング・ロープ・ブルワリー)さんがこのイベントのために、手作りビール2種類を参加者へのプレゼントとしてご提供してくださっています。


(1)Barleywine Ale(バーレーワイン・エール):エールビール。アルコール度数10.5%
(2)Imperial Stout(インペリアル・スタウト):スタウトビール。アルコール度数9.5%


オーナー、ジェイソンが愛情込めて手作りするビールは常時10種類あって、ホントおいしいんです!(受賞歴も多数)

f0063659_03385858.png
© Kasumi Abe

個人でやる手作りイベントですが、このようなご協力をいただきながら楽しいイベントになればと思っています。


参加される方はお楽しみに!

Thank you!!


(Tabi no Hint Book; Brooklyn, book signing and talk event by Kasumi Abe)


2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-13 03:34 | お知らせ | Comments(0)

春の景色


f0063659_10061226.png

まだまだ冬物コート&ダウンなどが手放せない寒い日々ですが
今日、用事があってイーストビレッジに行ったら、
春の花が満開で、思わず心踊りました。

(実はその直前に、反省することがあり
一人落ち込んでいたのですが、
お花を見て、少しだけ気分が晴れました)

f0063659_10062482.png


f0063659_10063620.png

このお花大好きなんです。(以前の記事でも書きましたが)

「とてもいい香りがしてたよな〜」と思って、今日嗅いでみたけど
全然何の香りもしなかったです。

あれ?思い違いだったかなと思って、昔のブログの記事 (2013年)を探したら
やっぱり「いい香りがする」って書いてあったので、記憶違いではなかったよう。
そして以前の記事の写真と、この上の写真というのは
「まったく同じ場所」で撮影したものです。

同じ花なのに、香りがしない。
そんなことってあるのでしょうか??

(注意深く写真を見比べてみたら、2013年のものは花弁が長くて下にやや垂れていますね。う〜む、どういうことかな?)

f0063659_10062903.png
f0063659_10061810.png

今週末は、ブルックリン植物園(ボタニックガーデン)にも行く予定。
楽しみ!


以前書いた、別の春の記事(1)(2)
など(一部)


2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊



[PR]
by abekasu_ny | 2018-04-11 10:27 | 街の風景 | Comments(0)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe