人気ブログランキング |

<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オフィスの引っ越し

ニューヨーク進出時に入居したオフィスが手狭になったので、新しいオフィスに引っ越しました。

f0063659_5152233.jpg
明るくてロフト風の造りで、良い感じです♪

ちなみに、前回も今回も
スタートアップや小規模の会社にはピッタリな、「コワーキングスペース」を利用しています。

家賃が格安なのと、光熱費やコーヒーなどの諸経費がすべて含まれるので
コンピュータさえ手元にあれば、すぐに入居して仕事が開始できるなど
利用するメリットは大きいです。

ただニューヨークには、星の数ほどコワーキングスペースがあり
いったいどこを利用してよいのやら、迷ってしまうでしょう。

そういう場合に役立つよう、
先日コワーキングスペースをいくつか取材して、記事にしました。
ニューヨーク進出や視察などを予定されている方に
参考にしていただけるとうれしいです!

厳選5:ニューヨークのコワーキングスペース事情




by abekasu_ny | 2015-08-31 04:43 | NY進出のお手伝い | Comments(0)

Sayonara, "One World Trade Center"

f0063659_6414299.png
ワンワールドトレードセンター(One World Trade Center、通称フリーダムタワー)から
目と鼻の先にあったオフィスですが、先日ここから引っ越しました。

引っ越す前のオフィスは高層ビルで、入居時は26階、そのあと18階に移り
両方、カウチのある休憩室から目の前にタワーがドドンとそびえ立ち、それはそれは素晴らしい眺めでした。

f0063659_6422737.png
f0063659_6424712.png
この10か月で撮り貯めた、タワーのあんな顔、こんな顔。

さて、今度の移転先はLower East Side。
前のオフィスは、ファイナンシャルディストリクトにあり
昼間のランチ処は多かったが
夜はちと寂しかった。

新しい場所は、周りはおしゃれなレストラン&カフェがいっぱい。
そして、チープでおいしいチャイナタウンも近い。
、、、ということで、食&飲み関係には困らなさそうです。

いい店見つけたらレポートしますね。



by abekasu_ny | 2015-08-30 02:03 | 街の風景 | Comments(0)

ニューヨーク 今むかし

こんな偶然があろうか。

f0063659_0402417.png
@ Astor Place, August 22nd, 1990

この写真は、私が初めてニューヨークに来た1990年
ニューヨーク、イーストビレッジ、アスタープレイスで撮影。

あの頃はフィルムの時代。
今のようにバシャバシャ撮って不要なものを削除ーーというわけにはいかない。

狙ったものを一撃の時代だったから
よっぽど何かを写真としておさめておきたかったのだろう。

裏にこう書かれてある。
「East Village」「Astor Pl. × Broadway」
「向こうにみえるのはFine Artの壁 」

一見何でもない通りのようだが、あの頃の私はきっと
ビルの隙間から見え隠れする、壁一面に描かれた壁画が気になって撮影したのだろう。
f0063659_044474.png
分かりにくいけど、サングラスを掛けた風の人の顔が描かれている。

昨年、帰省中に昔のアルバムを見ながら、なぜかこの1枚が気になり
アルバムからそっとはがして持ってきた。
同じ場所から、撮影すると面白いだろうな、、、と思って。ただ、なんとなく。

1990年。
大学の夏休みに短期語学留学で、そして将来のリサーチも兼ねて
1カ月ほど滞在したのだ。

当時の私は、ういういしい大学1年生。
週末になると、マンハッタンに出ては、ビレッジやミッドタウンなどを歩き刺激されまくり。

特にあの頃は古着やとがったものが大好きで、
「unique clothing wearhouse」「screaming mimis 」「zoo」など
人気店の集まるイーストビレッジという街は、憧れの場所だった。
日本では見かけないような薬の中毒者のような人にも何人もでくわしたし、浮浪者もいたけど
それも刺激の一つ。

数カ月前くらいに、「そういや、あの写真は8月に撮影したものだったから
今年も8月に撮影しようかな」と考えていた。ぼんやりと。

8月に入っていろいろ忙しく、撮影の件はおあずけだった。
でもここに来て、もうすぐ8月が終わってしまうことに気付き、
今度の土曜日は時間があるので、同じ場所を同じ角度から撮影しよう!と予定を立てていた。

当日になって、またいろいろとやることが出てきて
半ば、「来週でもいっかな〜」という気持ちになりつつ、
とりあえず、昔の写真を出してみた。

日付が書いてある。
「'90 8 22」

そして何気に、アイフォンで今日の日付を確認。
なんと「August 22」
偶然にも同じ日ではないか!!!!

これはもう今日撮ってしまうしかないと、別の用事を来週することにして
アスタープレイスの同じ場所へ向かった。

時代は21世紀。
f0063659_0453717.png
@ Astor Place, August 22nd, 2015

何枚か撮ってみたんだけど、カメラもレンズも当時のものとは違うので
同じアングルから撮っても、まったく同じにとはいかなかった。
それに2015年には、あの気になった壁画はなかった。
でも私にとっては「記念の2枚」になったことは確かだ。

ではもう一度。1990>>>2015
f0063659_0464865.png
f0063659_0471421.png







近年建設されたあたりにズームイン!
f0063659_9412895.png
顔の壁画はなくなって、そのかわりに手前のビルが縞模様に。
そして、1990年にはなかった新しいビルがいくつか。

あの荒削りなビレッジにこんなキラキラしたビルが建設されようとは
あの頃を知っている者の一体誰が想像できようか?




by abekasu_ny | 2015-08-25 09:34 | 街の風景 | Comments(0)

ビーチ! ビーチ! ビーチ! 2015夏


やっぱり定番!Coney Island

f0063659_5144628.jpg
f0063659_5151055.jpg
@ Coney Island, Brooklyn

福岡の海の近くで生まれ育った私は
夏のアクティビティーといえば、海・海・海、だった(過去形)

しかし大人になるにつれて、水着を着るのが嫌で
いつの間にか海から遠ざかってしまうように。

しかし!!!
今年はなぜか、「海に行って泳ぎたい!」と思い立ち
3回も行きました、ビーチに。

上の2枚は、ブルックリンの終点、コニーアイランド(Coney Island)。
松田聖子の歌にもなってる、定番ビーチ。
夏の間は毎週日曜日、サルサイベントも開催中です。


プライベートビーチ!City Island


f0063659_5172083.jpg
f0063659_5174866.jpg
f0063659_5182263.jpg
@ City Island, Bronx

こちらは友人S夫婦が住む、ブロンクスのシティアイランド(ニューヨーカーも知らない人が多い)。
国連に勤務するSは、シンガーでもあり
土曜の夜、ライブするから泊まりでおいでよ〜って誘われて行ってきました。

なんでも、彼女の友人がプライベートビーチを所有していて
鍵を貸してもらったということで、こちらも楽しみで。

S夫婦がバーベキュー(ハンバーガー&ホットドッグ)、
バケツ一杯のサングリア、サルサ&チップスをたんまり作ってくれた。
海沿いで食べるバーベキュー&ドリンクのおいしいこと。

f0063659_528614.jpg
f0063659_5282963.jpg
f0063659_5225737.jpg
Sのご近所さんが集まってきて、パドルボードっていうのに初挑戦しましたー。
波が静かだったのもあるけど、簡単で楽しかった!

f0063659_524611.jpgf0063659_5242015.jpg
シティアイランドは、岩場と海藻と貝殻が目立つビーチ。
礒のにおいもそうだけど、地元福岡の岩屋海岸を思い出しました。


ちょっと強引だけど憎めない!Orchard Beach


f0063659_529645.jpg
@ Orchard Beach, Bronx

最後はこちら。
日曜日のオーチャードビーチは、サルサのライブミュージックありーの
地元のプエルトリカンでいっぱいでした。

しかも、地元の知らないおっちゃん&おばちゃんが
「飲めや」「踊れや」とどんどん誘ってくる。
そして、かなり強引(笑)

こちらは、地元民に捕まった友人。
f0063659_66726.jpg
肩に剝製の動物かけた、そしてなぜか金魚鉢(?)に氷いっぱい入れて
うっすーいビールを大量に飲んでいるプエルトリコのおっちゃんの強引さは強烈すぎましたー。
でも、これも一夏のいい思い出♪

海から上がった後はこちらへ。
f0063659_5292617.jpg
あまり知られていないけど、ブロンクスにはリトルイタリー(イタリア街)があります。

ブロンクスのリトルイタリーは初めてでしたが、
ボリューム&プライス共に、マンハッタンでは考えられない破格値&おいしさ!
写真は、スモールをお願いしたのに間違ってきたラージ。
(大きさ分かるかな? 女2人分の大きさ!)
余剰分は、お店側がおごってくれました♡

f0063659_539425.jpgf0063659_5395814.jpg
ココナッツのラム酒、マリブで作ったフローズンドリンク@コニーアイランド(左)
こってりおいしいソフトクリームってあまり見かけないNYCだが、シティアイランドの行列のできるお店に連れて行ってもらった。
ちなみに、英語で「soft (serve)ice cream」って言うんだって。
滅多に食べないから、在米14年目にして初めて知りました。



by abekasu_ny | 2015-08-25 09:28 | 街の風景 | Comments(0)

ウェブサイト作りました(自分で)

f0063659_1271723.png

今の会社(IT系、ソフトウェア開発)に入ってから、
上司に「一度自分でウェブサイト作ってみると、何となくの構造が分かってくる」とアドバイスされ
そんなに遠くない未来に一度作ってみたいなと思っていましたが、
このたび、完成しました!

1年前までITど素人だったこの私が
こんなに簡単にウェブサイトを作れるとは思いもしないことでした。
しかも無料で!!

ウェブサイト URL


手をつけるまでがちょっと長かったけど
作業をし始めれば
ちょっとずつ形になっていくのを見るのが楽しくて楽しくて…。

上司曰く、「最初から完璧を求めないで、まず出すことが大切。
出してから、改良を重ねればいい」ということだったので
ある程度形になった後、その道のプロともいえる同僚の開発者の方にも見てもらってアドバイスをいただけました。

現段階では、自分としては合格点のものができたかな。
上司にも見せましたが、「PERFECT!」と言ってもらえました(まぁ、お世辞かもしれませんが笑)

”途中段階”なので、まだ入れていない過去の作品がたんまりありますが
それはこれから、えっちらおっちらアップデートしていきます。

そして人間とは欲深いもので、一つ形ができると
もっと別の形態のものも作りたくなっちゃうんですよねぇ〜。

だいたいこの道にはまっちゃう人って
「できること」がどんどん増えていくから、それが楽しいんだそうです。
うん、私もそのタイプだな。

f0063659_1355755.jpg
もう一つ面白いなと思ったのはこれ!

私が作ったウェブサイトって、リーダーの細かい解析もできるんです。
これを作った日にFacebookの友人だけに告知しただけなんですが、
写真は、「初日」の結果です。

日本とアメリカがメインなのは分かりますが、
南アフリカと台湾??
ちなみに、お友達どころか知り合いもいないんですがね。

ウェブサイトの無限大の可能性を、改めて実感しているところです。



by abekasu_ny | 2015-08-11 06:57 | お知らせ | Comments(1)

2年ぶりのヤンキースタジアム

f0063659_2371276.png
f0063659_2373224.png
f0063659_2374643.png
友人に誘ってもらい、久々ヤンキース戦。

前回が松井秀喜元選手の引退式だったので、2年ぶり。

f0063659_238150.png
せっかく行くなら絶対にマー君見たいと思っていて
ある関係筋に、4日に出る可能性が高いと教えてもらい。
田中将大投手は、期待を裏切らず先発投手として出てくれ、
13ー3で、レッドソックスに圧勝!

飛んできたボールを、なんと後ろのナイスガイが自前のグローブでキャッチ!
そのボールを借りて、関係のない私たちが記念撮影したりと、かなりのミーハーぶり。
楽しかったです。

試合開始前の様子。もうね、球場周り&地下鉄はすごい混みようでした。
地下鉄4番線で行ったのですが、「5番線だとすいていた」と友人。
次回は5番でゆっくりと行って、途中で4番に乗り換えるのがいいかもしれません。

f0063659_238183.png
f0063659_2383348.png
「TANAKA」Tシャツ結構見かけましたが、1人「田中」の人発見。
「Dad」もいますね。

f0063659_457526.png
f0063659_595488.png
野球観戦の醍醐味の一つは、この球場の中で
大きな生ビールとホットドッグなどのアメリカンフードを食べながら試合を楽しむことだと思いますが
思った以上に酔っぱらいが多かった!

試合後半で途中で、レッドソックスファンとヤンキースファンが野次を飛ばし合う場面も。
レッドソックスファン(確か1人?)に向けて、大勢で「明日ホール(←英語で)」の嵐。
警官も出動の騒ぎとなり
もうこれは、お国同士の闘いだわと思いました。

画像荒いですが、ビデオだと臨場感が伝わるかな。





後ろの西海岸から野球のために旅行に来たという家族に、
「あれ(整備のダンス)を撮った方がいいよ」とアドバイスされる私。



by abekasu_ny | 2015-08-10 11:38 | 街の風景 | Comments(0)

高層ビル屋上に太陽光パネルを設置しちゃった大金持ちの話

(先日の記事のつづき)

ニューヨークに住んでいると、びっくりするくらいのお金持ちの方々に遭遇することがたまにあります。

高層ビルのペントハウスを一括払いでお買い上げする方。
川が流れる日本庭園や茶室、瞑想室を、室内に作る方
娘のスイート16パーティーで、裏庭に一晩だけの巨大ラウンジを作っちゃう方 (過去記事)

彼らは”奇想天外な発想”で、有り余っているお金を活用しています。

NY市内に計16のビルと、フロリダ、ロサンゼルス、シカゴにも不動産を所有する
実業家、ダンさんもきっとその一人でしょう。

f0063659_10493461.png
彼の所有する47 階建てのビルの一つが、タイムズスクエア近くの42丁目にあります。
彼は4年前、この屋上に太陽光発電パネルを設置したのです。

実際にパネルを設置した具体的な理由として、

(1)ビルエネルギーを節約し環境保全の貢献
(2)経費節約
(3)有利なマーケティング


まず(1)と(2)に関しては
屋上に設置された太陽光発電でビルエネルギー全体の5%を発電ているそうです。

はじめ聞いたとき、「え、たったの5%??」と思ったのですが、
このビルは、高さはあれど縦横の幅が広くないので、この幅に見合った発電パネルだとこの数字になるのだとか。
5%といえどもバカにはできなく、年間にすると40,000ドルの節約!

f0063659_10495834.png


ビル自体は2007年に完成したものの、予算の関係で
まずはロビーや廊下などの公共スペースにLED電球を取り付けることから開始。

数年後にニューヨーク州で10万ドルが払い戻しされるリベートプログラムが始まったため
一念発起して、太陽光パネルを導入したそうです。

f0063659_10501794.png
屋上からは、遠くに自由の女神を望む。

(3)に関しては、さすがは環境や健康コンシャスな人が多いニューヨークですから
「太陽光発電にして文句を言う人はいないよね(笑)」とダンさん。

ここの住民(500ユニット)からはすごく感謝されているそうで、
また、「アパートの販売にもマーケタブル(好印象)とのこと。

設置時に、屋上設置したものでは市内で一番高いビルとして話題になり
地元メディアもニュースで報じました。

CNBCの記事
「The Big Apple takes a bite out of solar energy」



f0063659_10503610.png
ビルの一室でくつろぐダンさん。
オフィスには、歴代大統領らと写った「セレブ写真」もたくさん飾られていました。
ちなみにご自身の住まいはここだけではなく、市内に何カ所かあるそうです。うらやまし〜

ダンさんはチャリティー活動に熱心な家で育ったため、
自身も地球環境を考えることはごく“当たり前”だそう。
「地球がより健康になるためには何だってする」と言います。

そして啓蒙活動にも熱心。
導入の経験やベネフィットをほかのビル所有者らにも紹介しています。
しかし、大事業のため「すぐにやろう」と腹を括る人は少ないそう。
それでも、人々の生活や考え方が少しずつ地球に優しい方向に変わるために
啓蒙活動は今後も積極的に行っていくそうです。


Dan Neiditch
ダン・ネイディッチ
ATELIER
アトリエ



by abekasu_ny | 2015-08-09 01:08 | NYでの暮らし | Comments(0)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る