人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

全米に日本ブームが吹き荒れる 「ハロー・フロム・ジャパン!」開催中

アメリカで世界地図を見た人は気付くだろう、
日本が世界の端っこにある小さな島国だということを。

f0063659_9202851.jpg
いくら先進国の一つとは言え、日本という国はこれまでずっと、存在感という意味では小さかった。
例えば、我々がスウェーデンとデンマークの違いを認識できないのと同じように、
アメリカ人の中にも今だに「中国と何が違うの?」と思っている人は多い。

しかしニューヨークでは、近年のアニメ&漫画や日本食ブームにあやかり、
日本をテーマにした一大イベント
(セントラルパークの「ジャパンデー」やブルックリン植物園の「桜まつり」など)が定期開催されており、
日本の存在がようやく認識されつつある。

そんな中、先月からある特別展示が行われており、ニューヨーカーの間で話題になっている。

f0063659_9593.jpg
マンハッタンにあるChildren's Museum of Manhattan(チルドレンズ・ミュージアム・オブ・マンハッタン)で、
1月16日(金)からはじまった「Hello from Japan!(日本からこんにちは!)」展。
これは、新しい日本と伝統的な日本を共に紹介する特別展だ。

展示内容は、
日本のファッションやプリクラ、カラオケなどを紹介する「Kawaii Central」コーナーと

f0063659_24811.png
f0063659_242344.png
f0063659_243821.png

神社でのお参りやおみくじ、絵馬を使った祈願、竹の森などを紹介する「Shinto Shrine Park」の2部構成↓
f0063659_9102333.jpg
f0063659_9103694.jpg
「僕の弟のボビーが、僕みたいに頭が良くなりますように」といった
可愛いらしいお願い事が書かれた絵馬も!

かなをアプリで学べたり、健康な和風レシピやお弁当文化を紹介する各種プログラムも充実しており、
子供から大人までが楽しめる。
f0063659_9857100.jpg
この特別展はニューヨークだけかと思いきや、
同博物館のディレクター、リジー・マーティンさんによると、5月17日(日)まで同地で開催された後は、
2018年4月まで、ミシシッピーやテキサス、ユタ、ハワイ、ラスベガス、フロリダなど全米10都市を巡回する予定。

大都市のみならず、地方都市でも日本人気が高まっていきそうだ。

【上記記事は『Punta』に投稿】

【取材こぼれ話】
f0063659_991529.jpg
Omikujiが1セントだったので引いたら
結果は、「Good(吉)」!

おみくじっていうのは、枝に結びつけて帰るものと思い込んでいたのだけど
会場での説明によると、悪い結果だとそうして
良い結果だと、そのラッキーを持ち帰ってもいいそうです。
早速、 お守りとして財布に入れていま〜す♡


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-26 10:53 | イベント | Comments(4)

春節〜"もっと"変わる時期

f0063659_363787.jpg
今年は雪が例年に比べて多いかも。

f0063659_372669.jpg
週末は自然史博物館に行ってみたり。
大きなクジラの下は、絶好の昼寝スポットです。

去年から今年にかけて、自分の生活が激変し
いろんなことが、うまく転がっていくようになりました。
(もちろん小さいことではいろいろありますが、気にしない気にしない)
その一つは、出会う人。
日本滞在中から今現在に至るまで、出会う人出会う人、すごくいいオーラを持っている方ばかりで
そのミラクルに自分でも驚いています。

旧正月初日の先週も、大切なお友達からの紹介で
とある方に初めてお会いしました。
私はその方のことは5年ぐらい?前からずっと知っていたのだけど
まだお会いするタイミングじゃなかったのでしょう。
それがここに来て、お会いする機会に恵まれ
トントン拍子に、初対面に至ったのです。
彼女が指定してきた日は、春節。

その方は、「こういう時期にずっと会いたかった人に会うというのは
自分が変わる時期を意味している」と言われました。
うん、確かにそうかも!
その方に会ってお話していると、これまで自分で解決できなかったことの理由が分かり
いろんなことがクリアになっていきました。
本当にお会いできて良かった!

ちなみに、去年起こったミラクル話にもなったのですが、
「ニューヨークに戻るべくして戻って来ましたね」と。
20年の在住歴があるその方はいろんな人を見て来たけど
ビザにしろグリーンカードにしろ
本当に必要ない人やこちらにご縁がない人はあっさり取れないらしい。
「この地を愛して、もう一度ここでがんばりなさいってことですね」と言われました。

f0063659_4221978.jpg
変わろうとしているのは、これもそう?
自宅でできるジェルネイルセット。
「サリーハンセン(Sally Hansen)」
気にはなっていたけど、自分でやるの面倒だし
今まで買いたいと思ったことはなかった。
でも最近、自分でやってみたいと急に思いたち
オンラインで、なんと店の半額でゲット!
小さなラッキーは、ここでも続いています♡

今でも覚えているけど20代のころは仕事が激務で
自分の色気のない爪見ながら「ネイルする時間もないなんて。。。」と嘆きながら
がむしゃらにパソコンに向かってたな。
女40代、がんばってもっともっと女子力上げます!


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-23 03:51 | 日々のつぶやき | Comments(2)

シェイクシャック、そんなにおいしい?

先ほどニュースで、ニューヨークの人気ハンバーガーチェーン「シェイクシャック(Shake shack)」が
2016年に日本に初上陸するって、知りました(記事)。

f0063659_265621.jpg

最近、アメリカの人気店の日本上陸ブームですね。
ブルーボトルコーヒー
ブルックリンのゴリラコーヒー
BLT ステーキ
ウルフギャング、
パンケーキのクリントンストリート過去記事
etc…

ニューヨークでは(↓)のバーガーキングも、福岡に来月初上陸するそうですし。
まだオフィシャルではないけど、某人気ロブスターロールのチェーン店も
今年日本に上陸するという噂。

どこも、本国では「そこまで大騒ぎするほど??」というラインナップですが、
いい商売になると思ったら、日本って何でも上陸させるんですね。

さて、シェイクシャックの話。

私がニューヨークに来たばかりの頃は、マディソンスクエアパークに1店あっただけで
いつも長蛇の列ができていて、その頃は確かに”おいしかった”。
ここ数年で、瞬く間にチェーン展開し、どこも観光客で溢れ、ブルックリンのうちの近所にも支店ができる始末ですが
以前食べたときに、バンズも一部ぺっちゃんこで残念な感じで
お味は全体的に油でギトギトでがっかり。それ以来行っていません(→本店ではありません)
(一番上の写真がその証拠の1枚。見た目もアグリー。ウゲッ!)

NYに数ヶ月前に赴任してきたうちの会社の上司も、話題の店なので何回か行ったらしいけど
「あこそ、そんなにおいしいですか?」ってストレートに聞いてみたところ
「いや、何回か食べてみて、正直なところそんなにおいしくないと思った」とのこと。

たぶんね、地元福岡のお花の漢字が含まれる某有名ラーメンチェーンと一緒で
創業当初は確かにおいしかったと思うんです。
でも店が拡大し過ぎて、すべての店で味の質が保てなくなったパターンだと思います。
店や時間帯、キッチンの人によって味がマチマチってダメダメでしょう?

しかし! 希望を捨ててはいけません。
あのマクドナルドでさえ、日本やパリで食べる味と本家アメリカの味は違いますから
きっとシェイクシャックも、舌の肥えた日本人向けに、
創業当初の味を日本で提供してくれるよう期待しています。


NYのおいしいバーガーは?

さて、ニューヨークに観光に来たら、どこに行くべきか?

はっきり言っていっぱ〜いあり過ぎて困っちゃうぐらいですが
グリニッチビレッジのCorner Bistroは昔からの名店。
いつ行っても安定したおいしさです。

シェイクシャックのようなカジュアル系なら、
ハーレムにあるハーレムシェイク(Harlem Shake)
行く価値ありです(名前が似ててややこしい)。

f0063659_5311089.png

ハーレムシェイクはまだ1店しかなくて、今のことろいつ行ってもおいしい。
なのでニューヨークに来たら、ハーレムまで足を伸ばしてみてください。
バーガーは、ハーレムっ子よろしく
あま〜いシェイクと一緒にどうぞ。
ちっぴりギルティーだけれど、至福のひと時をお約束します♡

(注:2018年現在。最近味が落ちたという話もちらほら。
おいしいバーガーはほかにもたくさんあるのですが、またの機会に)


f0063659_284967.jpg
、、、とここまで書いておいてなんですが
やっぱり自宅バーガーが一番おいしいかも。
(「マスタードつけすぎ」というツッコミはなしよ)


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-18 12:12 | | Comments(0)

バレンタインナイトの再会

f0063659_1092172.png
@Midtown East

グランドセントラル駅(通称グラセン)の真ん中にある時計台の近くに立っていると
出会いと別れ、いろんなドラマ、人間模様が垣間見れます。

この日はちょうど、バレンタインデー。
この2人も、「時計台の所で会おうね」と約束したのでしょう。
彼はどこか遠くから戻ってきたのか、飛行機のタグが付いたままの大きなスーツケースを抱えていました。
男性を見かけた女性は、満面の笑顔で男性のもとに駆け寄りました。

Happy Valentine Day!
そして愛のお裾分け、ありがとう♡


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-16 10:21 | 街の風景 | Comments(2)

USA…ハイハイ、分かっていますとも

f0063659_3265686.png
街中歩いていたり、地下鉄乗ったりしているときによく見かけるのが
この「星条旗」や「USA」「New York」のロゴやイメージ。
私が住むブルックリンでは、地元「Brooklynロゴ」もよーく見かけます。

f0063659_3271689.png
これらのロゴは、キャップとかセーター、Tシャツとかにプリントされることが多いかな。
老若男女、NY&ブルックリンロゴは、黒人が多く、星条旗は白人が多いかなというのが
個人的観測。

ニューヨーカーって、どんだけ愛国心や地元意識高いんだか。
ここはアメリカだし、ニューヨークだし、ブルックリンだから
ハイハイ分かっていますよ、そんなアピらなくても!!(笑)、、、って思うのは私だけ?

これを日本に置き換えると、かなり滑稽ですね。
日本で日本人が、「日本」とか「東京」「浅草」とかのロゴがついたキャップとかセーターとか、着てたらこわいw
というか、いろんな国訪れましたが
「Paris」とか「中国」とか、ほかの国でも、一度も見たことありません。

たまに、日の丸のワッペンがついたジャケット着ているの見るけど、
これもやはりニューヨーカー。。。

ちなみに私の地元、福岡の中洲川端商店街には
「よかろうもん」とか「つやつけとう」とかの博多弁キャップ売ってますが
当然観光客(外国人)向けであります。
f0063659_3274991.png

これはギリギリよしとしましょう(笑)。ここは、ニューヨークだから。
f0063659_328730.png
ユニオンジャックとかトリコロールも、探せばたくさんありそうです。

ニューヨークは今日、2月14日。
ハッピーバレンタインデー♡


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-15 03:37 | NYとアメリカ人 | Comments(0)

10年経つと夢って叶うんだ

f0063659_13424127.png
今月に入って、新入社員が2人入ってきました。
人数が増えたので、当オフィスは18階の広い部屋に移りました。
以前の26階からの景色。そんなに変わらない?!)

この階にはちょうど窓際に座れるスペースがあるので、
たまに気分転換で、この窓際に座って原稿を書いたりしています。
この日は、夕陽とワンワールド・トレードセンターに反射したビル群がとても綺麗でした。
私がこっそり撮影していると、周りにいた人たち3〜4人もつられていつの間にかミニ撮影会になっていた(笑)

先日この素晴らしい夕暮れの景色や道を行き交う人々を眺めていたら
13年前に渡米して以来ずっと叶えたかったある夢が、叶っていることに気づきました!
、、、というか多分皆さんもおそらくそうだと思いますが
叶えたいと思っていることって、10年も月日が経つと”だいたい”が叶っていませんか?

中にはまだまだ叶っていない夢もあります。
が、それはもっと自分が努力しなさい!と言われている気がします。
やり方を変えてもっと努力しないと叶わないことだと思うので、がんばるのみです。

さて、仕事の話に戻ります。
この新入社員の2人ですが、かなりこの2人に刺激を受けています。
、、、とにかく“早い”んです!!

何が早いのかというのは、決断が早くてびっくりします。
決断が早くて内容が堅実なので、仕事がどんどん転がっていくいく。
「上司の承認を得て」とか「関連部署も巻き込んで」とか、
石橋を叩きながら慎重に進めていくとか
そういうのが、全くない(笑)。

この2人がニューヨーカーだからか、イノベーション世代だからか、それともそういう業界や環境だからか、、、
理由はよく分かりませんが、はたから見ていてとても気持ちのいいものがあります。
LINEの森川社長の、「とりあえず出すスピードが大切。軌道修正は後でできるから」という言葉を思い出しました。


この業界で私はノーキャリアなのに
雇ってもらって、そして毎日が学びと刺激の連続。
なんてラッキーなんだろう。
あとは、新たな知識の洪水の中で、溺れないようにしなければ!!

f0063659_13443416.png





[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-13 10:56 | 日々のつぶやき | Comments(4)

Kenji Goto FOREVER ALIVE

日本語でジャーナリストと言うと、紛争地などの取材をする人、専門的なことをレポートする人というイメージですが
私がやっていることも、英語ではJournalistというらしいです。
(私が、ただのエディターだライターだと否定しても「それはジャーナリストと呼ぶ」とアメリカ人に言われるので…)

そんな私もジャーナリストの端くれとして、イスラム国による2人の日本人殺害は
"もし本当にそうであれば"、無念でなりません。
何度か交渉の余地が残っていたので、助かってほしかった。
生還して何が起こったか、後藤健二さんに語ってもらいたかったです。

ここ10日間ほどずっともやもやしていました。
うちの近所はデリが何カ所かあって、どこも中東の人が経営しているんです。
イエメン出身(こちらも現在、情勢が不安定)の難民帰化した店員との間で、話題に上ることもありました。
私が気を揉んでも解決できるものではない、まさにアンコントロールなことは100も承知で
ずっと祈ってまいりましたが、その祈りは届きませんでした。

人種のるつぼNYに住んでいると、中東をはじめいろんな国の人に会って考え方を知れるけど
イスラム国に関しては、まったく動向が読めません。

日本では、自己責任という言葉で片付ける人もいるようですね。
税金使って、、とか、よくもまぁこんなときに、お金の話を持ち出す人がいるかと呆れ返っていました。
こんな輩こそ、言わせてもらうと平和ボケですよ。
後藤さんみたいな尊敬に値するジャーナリストがいるからこそ
多くの人が世界情勢を知れ、平和を考えられるわけです。
そもそも日本が孤立して国が成り立てば、国外情勢を知る必要はないですけれど。

今回後藤さんは、NHK(&政府関係者)がらみのお仕事で行かれたと
ジャーナリスト仲間の間でもっぱらの噂です(「政府関係者」が何なのか気になる方は、グーグルすればすぐ出てきます)。
私は始め、何で2〜3週間の乳飲み子を置いて?と思っていたけれど、なるほどなと思いました。
この手の仕事って、たった10分間の映像で何百万円にもなるそう。
もちろん彼は、お金のためだけに飛んで行ったのではないと思いますが。

亡くなったとされているお二人は腹を括っていたと言われていますが
人って、苦境に立たされたとき、
この苦しみがいつ終わるとも分からない場合、そしてAともBとも分からない場合が一番辛いんです。
この3か月本当にお辛かったでしょう。

テロリストに対して思うことはいろいろありますが
ただ今は、一人の人間として
(もし本当にお亡くなりになったということであれば)
安らかにお眠りくださいと言うほか、言葉が出てきません。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-01 11:10 | 日々のつぶやき | Comments(0)

引き寄せてる?

引き寄せてる?、、、と最近実感したことが。
2人を介して、昨年暮れに知り合ったばかりのアメリカ人Tちゃんと
とある仕事の件でやりとりしていたときのこと。

ある日そのTちゃんから、突然「私のクライアントが日本人を探しているんだけど」ってテキストがきた。
その業界は今後力を入れていきたいフィールドなので、「うん、興味ある!!」と二つ返事。
「クライアントってどこ?」と聞くと
返ってきた答えが、私も実際に商品を購入したことがある
大好きなブランドだったーーー。
(日本でも人気です!)

まぁ、でもそんな美味しい話は簡単にはないだろうと思ったわけです。
でも、とりあえずオーナーに会えることになったので、会いに行ったわけです。
オーナーさんはとても素敵な女性で、オフィスも「ザ・ニューヨーク!」て感じのおしゃれな雰囲気で
あぁ、これは決まればいいな!って思った。

そのときはいろいろお話をして、
現職&前職からの推薦状とレジュメの提出と、トライアルテストを与えられ。
そして期限を迎え、、、お返事がきた。
「Received word back from our Japanese rep with a very positive remark on your job!」

それからトントン拍子に、お仕事が決まったわけです。
…とは言っても、フルタイムのお仕事を昨年秋に始めたばかりだから
先方には、パートタイムで遠隔でできないか相談したら、向こうもその意向だったよう。
だから、フルタイムの仕事とジャーナリスト業に加え、
新たにこれも今後していくことになった。

自分の好きなブランドのお仕事が
しかも向こうからやってくるなんて!
「へぇ〜、こんなことってあるんだ、、、」と驚いたわけです。

私は去年の夏に失職して以来、
今の仕事も含め、自分で就職活動したり売り込んだりしたものは一つもなく、
すべてが人の紹介、もしくは先方からの依頼なんですよね。
特にこのブランドを紹介してくれたTちゃんとは、普段まったくやりとりしないし
日本人の知り合いがいそうにないTちゃんに、どうやってこのオーナーが聞こうと思ったのか?

科学では解明できない、引き寄せの力?を感じずにはいられない。
去年夏以降は大変だったけど、それが解決した後はトントンと点と点がつながって線になってきている感じ。。。
ありがたや〜

あとは、クライアントの信頼を崩さないよう
いただいた仕事を一つひとつ丁寧にしていきます。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2015-02-01 03:51 | 日々のつぶやき | Comments(2)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る