人気ブログランキング |

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

エースホテル@ノマッド

f0063659_6295758.png
SATCな旅を求めて遊びに来た
ライターSちゃんとカメラマンAちゃん。同行第2弾〜。


ワイスホテルの次は、これまたトレンディーな、エースホテルに宿泊。
ここも、一階ロビーはよく待ち合わせなどで利用するけど
客室に入るのは初めて。

f0063659_1385262.jpg
f0063659_139739.jpg
コージーな雰囲気で、今時のニューヨーカーのお部屋風、かわいかった。
マンハッタンにつき、もはや贅沢なテラスはありませぬ。

f0063659_1392493.jpgf0063659_1395014.jpg


その後は、2人の共通の友人と合流し、ご飯を食べた後、
その子の彼がDJをするパーティーへ。

場所はブルックリンの一般のアパートメントビル。
f0063659_1411683.jpg
螺旋階段がすてきです。

こんな夜中にどこで?と思ったら、主催者は最上階に住んでおり、
屋上を開放して、DJよんでのパーティー。
f0063659_1434932.jpg
そのうち、隣のビルの屋上で、こっちの音楽に合わせてファイヤーダンスが始まった!!
(炎の回転早すぎて、うまく写真撮れません)
f0063659_1405559.jpg
こういうの久しぶりで新鮮だった。

ニューヨーク来たばかりの頃はこういうパーティーにどんどん行っていたけど
だんだん行かなくなるんですよね。。。

〈おまけ〉
f0063659_1413316.jpg
ブルックリンに行く電車を待っているとき。
この日は、プエルトリカンパレードだったので、
ちょっとおじさん酔っぱらったのかな?

f0063659_1414858.jpg
その翌日。Sちゃんと友人と3人でエースホテルの1階で1杯。
注文してからビールが全然来なくて、クレーム出したら
2杯目のビールをサービスしてくれた。
3人しかいないのに、テーブルにすごい数のビールが並び、苦笑の1枚。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-06-29 02:02 | NYとアメリカ人 | Comments(8)

体はうそをつかない。

4月に風邪を引いて以来、ずっと頑固な咳に悩まされてきた。
しゃべると咳が出て、たまにむせるようなひどい咳が襲う。
周囲に「大丈夫?」って心配されるほど。
ファミリードクターには早くに会い
そこから処方された咳止めやアレルギーの薬をどんなに飲んでも、一向に効かない。
そういや毎年この時期に風邪を引くと、咳だけがずっと長引く私。
数年前に埃アレルギーだと、耳鼻咽喉科の医者に診断されており
前回処方してもらったアレルギー治療薬の、口の中にシュッシュッと吹き込む薬を
今回も使うと自然に治るだろうぐらいに、高をくくっていた。

しかしながら、一向に治らないのは何か他に原因があるのでは?と、友人が本気で心配してくれ
耳鼻咽喉科の紹介状を書いてもらい受診した。

ドクターに会うなり、食生活について、矢継ぎ早に質問がきた。
コーヒー、チョコレート、酢の物、脂っこいもの、辛いもの、レモン、パイナップル etc…は
よく食べているか。
また、寝る3時間前に何か食べるかといったような内容。

ただの問診だと思っていた。

その後、20cmぐらいの長い棒?カメラ?のようなものを、喉に入れられた。
「イー」と言うタイミングで、先生はその棒を私の喉に突っ込む。
「鼻から息吸って。はい、またイー」(←原文英語)で、ぐいぐい入れられる。
気持ち悪くて苦しく、目をぎゅっとつむり、ひたすら我慢。
ある程度のところで、もう耐えられずオエッと履くと
その棒をササッと抜かれた。

先生は、「Acid(胃酸)が関係している」と言うではないか。
胃から胃酸が逆流していて、咳が長引いているのだと言うのだ。

英語での説明、特に医学系の話って
何となくこういうことを話しているんだろうなということは分かっても、
やっぱり100%は理解できない。
胃酸などの話をされたとき、どうしても「胃酸=咳」の関係性が自分でも結びつかず
「???」だった。
「アレルギーは関係ないのか」と聞き返すと
アレルギーではないと言う。

受診する前に「長引く咳」について日本語でググってみたけど
胃酸が関係しているなんて、どこにも出てこなかったぞ。
この先生、大丈夫か?と思ったほど。

しかし後で日本語でいろいろ検索してみると、どうもそれは当たっているようで
日本語の病名は、「逆流性食道炎」ということだった。
半信半疑で薬を飲み始めたところ、あの頑固だった咳がピタリと止んだ!
アレルギーによる咳だと思い込んでいたが、素人判断でしたね。
医者には早めに診てもらうべきだったと猛省。
ヤブ医者呼ばわりして、先生スミマセンデシタ。

これまでは、自分の胃は刺激物にも油ものにも強く
胃はまだ20代(言い過ぎ?)と過信していたけど、体っていうのはとても正直なんですね。
暴飲暴食気味だと、40過ぎるとガタッとくるということですね。
この教えをきっかけに、しばらく自分の食生活を見直してみようと思う。
(甘いもの、辛いもの、コーヒー、フライ系、スパークリングウォーター、漬け物、柑橘系 etc… と、避けたい食べ物が自分の好物ばかりで辛い。。。)

しかし、息をしてもしゃべっても、寝るとき以外何をしても出ていた頑固な咳がピタリと止み
日常生活、何とラクなことか。。。
病気になって知る、健康体のありがたさ。



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-06-27 12:22 | 健康 | Comments(2)

Jazz Lawn Party

f0063659_10441246.png
夏の間だけ一般開放されるガバナーズ島
(マンハッタン南端からフェリーで30分ほど)

ここで毎年6月と8月の計4日だけ開催されるJazz Age Lawn Party

みんな着飾って、踊って
芝生に座ってランチを食べたりワインを飲んだりして
ここだけが1920年代にタイムスリップしたかのような光景です。

f0063659_23311848.jpg
f0063659_23314364.jpg
f0063659_2332798.jpg
f0063659_2332277.jpg
f0063659_2333623.jpg
f0063659_23332388.jpg
f0063659_23333660.jpg
f0063659_23335158.jpg
↑どんなシャイでも心を開放する魔法のドリンク

私は昨年、初参加し(昨年の様子
「来年は自分も着飾って行くぞ!」との誓い通り、
今年はワンピを着て、パールのネックレスをし
赤い口紅をつけて、張り切って行きました。
ヘアピースだけがどうしても事前に買えなかったので、
イベント会場で調達。

一緒に行ったお友達。
ダンスは、ちょっと恥ずかしそうだったけど
サングリアを1杯飲んだら、あ〜ら不思議
恥ずかしさも吹っ飛んだようです。
楽しい日曜日の午後でした。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-06-22 23:35 | イベント | Comments(2)

ワールドカップ 日本対コートジボアール

f0063659_1048182.jpg
取材先のDaruma- Yaの店先。
f0063659_10482233.jpg
f0063659_10483873.jpg
f0063659_10485666.jpg
ワールドカップ始まりました!
アメリカでは一般的に野球、アメフト、バスケ、アイスホッケーなどのスポーツがメジャーすぎて
サッカーはあまり人気がない、、と言われていますが、
どこもここも、この時期スポーツバーは大賑わい。
普段テレビスクリーンがないお店も特設していますし
USAが勝った瞬間も、近所のバーから「USAコール」が鳴り響くなど
少なくとも盛り上がってる感じはします。

そして、土曜日は我が国ニッポン対コートジボワールの試合。
私は普通のスポーツバーに行きましたが、試合開始と共に日本人の立ち見客が埋め尽くし
店内は満席率200%に!!
トイレに行くのも人をかき分け、、、一苦労。

結果は残念ながら負けてしまいましたが、次の試合に賭けましょう!

生ビールを飲み過ぎたのか、通常、電車の2か3ラインで帰るところが、気づいたら1ラインで
終点間際(少し寝ていました)

時間は、日曜日朝方午前2時過ぎ。
駅を出て、2か3の駅まで歩こうとしたところ、高速道路に出たり、なかなか見慣れた景色にならない。
尋ねたくても人っこ一人歩いていないし、
ここはどこ???わたしは誰??の状態。

そしたら、一人遠くから男性が、こちらの方向に歩いている!!!
「エクスキューズミー〜〜〜!!!ウォールストリートはどこですかーーー?」と助けを求めました。
その男性は、「こっち(私が歩いている方向)は、海岸しかないよ」と言う。
「えええ?」
よーく顔を見ると、グレッグ・ケリー氏ではあ〜りませんか!!!
(*Greg Kellyとは?)

グレッグ氏がこの辺に住んでいることは、な〜んとなく知っていましたが
まさか、会えるとは。誰もいない寂しい場所で、しかも午前2時!!!w

グレッグ氏はとても親切に、ウォールストリート駅までの行き方を教えてくれました。
「ここに出たらこれからあるから、そこからここに〜〜」とか
「ほんとうはキャブの方がこの時間はいいけど」とか、疲れている時間なのにすごく丁寧に。
テレビではプレーボーイ風でいい加減な男だと思っていたけど
見方が少し変わったw

f0063659_10491254.jpg



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-06-17 10:58 | イベント | Comments(2)

ワイスホテル in ブルックリン

f0063659_10395714.png
f0063659_0301988.jpg
f0063659_030497.jpg
f0063659_031789.jpg

福岡時代の元同僚でライターをしているSちゃんと、カメラマンのAちゃんがニューヨークに遊びに来た。
2人の今回の目的は「SATCな旅」。
ホテルもおしゃれないいところばかりに滞在。
その一つが、流行の発信地、ブルックリンにあるワイスホテル。

おしゃれなブルックリンにあるデザイナーズホテル。
すぐ近くには、ブルックリンブリュワリーもあります。
わたしく、1階のエントランスやカフェまでは入ったことがあるけど
お部屋ははじめてです。
2人に撮影できないかと相談したところ快く了承してくれ、
初潜入〜〜〜。

f0063659_0323763.jpg
f0063659_0325836.jpg
f0063659_0331544.jpg

f0063659_0334454.jpg
f0063659_034255.jpg
100年前に建てられた工場ビルをリノベートしたホテルのようで
天井や柱は当時のものだと思われる木がそのままむき出し。

客室内から窓越しに、これまた当時からのものと思われる
ブリックビルや壁に描かれたグラフィックアートを眺めることができるなど
とてもユニークな造り。

2人の部屋は2段ベッドで、それぞれにテレビが付いていました。
何よりバックヤードがあるというのが、ブルックリンらしい。

撮影の後は、1階のレストラン「Reynard (レイナード)」で食事をし、
6階のルーフトップバー「The Ides(ジ・アイツ)」で1杯。
SちゃんとAちゃんのSATCな旅の1日目、充実したものになったようです。

f0063659_035241.jpg



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-06-15 00:25 | NYとアメリカ人 | Comments(2)

バチャータナイト

f0063659_1242568.jpg
f0063659_123218.jpg
f0063659_1232541.jpg
f0063659_1234520.jpg
f0063659_124557.jpg
f0063659_12274353.jpg
f0063659_1244192.jpg
f0063659_124577.jpg
f0063659_1251266.jpg
f0063659_12351154.jpg

ブライアントパークで初夏に開催されている、Dancing in Bryant Park.

毎週、アルゼンチンタンゴやブラジリアン、スウィングなど
さまざまなダンスをテーマに、ダンスイベントが開催。
初日はサルサだったけど、仕事でどうしても行けず。
バチャータは普段あまりやらないけど、この空と緑の下で踊りたくて参加した。

ニューヨークはこのように、短い夏の間
いろんなところで、無料のダンスイベントが行われる。
クラブみたいにドロドロしておらず、爽やかなのがいい。
わたしも、夏の間にたくさん行きたい!

このイベント自体、実は明日のモータウンで最後。
 う〜ん、物足りない!!




[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-06-11 12:12 | ラテン音楽&サルサ | Comments(2)

BBQ in Harlem メモリアルウィークエンド

f0063659_023930.jpg
まだまだメモリアルウィークエンドのネタです。すみません(笑)。

3日連休の最終日は、今年初のバーベキュー。
ハーレムに住んでいる友人の家のバックヤードでしました。
ハーレムといえば、道を歩いているだけでヒップホップとかが大音量でガンガンかかっているのが聴こえるけど
ここのバックヤードは不思議とそんな音楽も聴こえず
新緑に囲まれたとても気持ちのいい空間でした。

コニーアイランドといいバーベキューといい
メモリアルウィークエンドのいかにも定番的な過ごし方で
いい夏のキックオフを迎えました。

f0063659_03068.jpg
そこに行く途中。ハーレムの道の真ん中で、人がうつ伏せで倒れてる?!

f0063659_032137.jpg
…と思いきや、男の人が真剣に腕立て伏せをしていました。
「こんな歩道の真ん中でせんでもいいやん〜」(私の心のツッコミ)
いやいや、鍛えたナイスなカラダを披露したかったんだね、きっと(笑)。

実はこういう光景、以前にも見たことが。
毎日見るものでもないけど、たまーにこういう方出没するんですよね〜。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-06-02 00:07 | イベント | Comments(1)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る