人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アメリカ流の握手の仕方

そういや先日、あるパーティーで、若くて綺麗で華奢な感じの日本人女性と出会ったときのこと。
握手をして、プチ衝撃を受けた。
(日本人同士だと、会釈をすることが多いが
そのときはたまたまた紹介されて、流れで自然と握手になった)

その女性は手先だけを差し出し
握手は、力がまったく入っていないフニャッとしたものだった。
その瞬間、フッと力が抜けた。

おそくら格好からして、渡米間もないお嬢さんだと思うのですが
あの握手をされたらアメリカ人はきっと、
「この人は自信がないんだな」もしくは
「自分と握手したくないのか?」と思うでしょう。
(でも現実には、アメリカ人でも100人に一人ぐらい、この手の握手する人、いるんだけどね)

よく考えたら、日本は握手の文化がないので
女性は、お触り程度の握手をするんでしたっけ。
確かに、着物を着たクラブのママに、しっかり握手をしてお見送りしてもらったら
男性の酔いも一瞬でさめるだろうな(笑)。

でもここはアメリカ。郷に入っては郷に従えで
アメリカ流握手の仕方や挨拶をすることが大切です。

まず、ビジネスシーン。
きちんと自分を名乗り、相手の目を見て、微笑みながら(謙遜せず自信を持って)握手をします。
微笑むというのは、相手との関係性によって異なります。
ずっと会いたかった相手であれば、笑顔も大きくなるでしょう。
とにかく、かたい表情では相手がひくのでいけません。
握手は、強すぎず弱すぎず、相手の手をしっかりと握ります。
そして大事なのは、握手をした手を上下に降り過ぎないことです。
よく日本の政治家で、上下にビュンビュン降っている人がいますが
あれは止めていただきたいです(笑)。

そして、ビジネス以外。
こちらも相手とのリレーションシップにもよるけど
女性同士だと、握手か、頬を合わせます(チュッっと音を立てることも)。
男性同士だと、基本的には握手です。
(ノリによって、Fist BumpとかDap(拳同士をつき合わせる)とかハイファイブもあり)
よっぽどの関係だと、男性同士でもハグします。
女性と男性だと、通常は女性からアクション起こします。
女性から握手なりハグをして、男性はそれに合わせます。

とにかく、この挨拶の仕方はコツが必要なんで、実践あるのみ。
(フィストバンプはノリでできるかも)
アメリカ人にショックを与えないように
ビジネスされる方は参考にしてください〜。



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-03-31 03:05 | 知っ得マナー | Comments(1)

ブルックリンの日本食事情&おばんざい

f0063659_135133.jpg
f0063659_135443.jpg

f0063659_1352315.jpg


わたしの住むブルックリンにも、最近、寿司屋、居酒屋、ラーメン屋が続々とオープンしています。

寿司&居酒屋で老舗は、うちの超近所にある、創業30~40年になる芸道(げいどう)でしょう。
ここは大将が毎日カウンターで握り、とても温かい雰囲気。
常連さんで常に賑わっています。

ラーメン屋もたくさんありますが
その中でも先駆け的存在 in Brooklynは、おそらくZuzu(ずーずー)ラーメンではないかと。
しばらく行っていませんが、グリーンカレーラーメンがおいしかったような。
ちなみにアメリカ人が経営するChukoラーメンもうちから数ブロックの近所(ここは味がよく変わる)。
Gansoラーメンもオープンしました。
どこも毎晩賑わっています。

HIBINO(日比の)っていう店も、周辺に日本食がないエリアにあります。
京都の「おばんざい」がいただけるということ。
日本食通のアメリカ人誘って、先日行ってきました。

店の雰囲気は、勝手に「京都風」を想像していましたが
普通のカジュアルな感じ(やや居酒屋風)。
金曜日のゴールデンタイムで満席。かなり活気があります。
お店のスタッフは日本人。客は場所柄、9割以上アメリカ人でした。

スタッフが「今日のおばんざい」を見せてくれました。
定食を頼むと1品選べるみたい。
私たちは、定食や、おこわ、お漬け物などを選びました。

全体的にお味はまぁ悪くなかったのですが、
定食のプレゼンテーションは、ご覧のとおり寂しい感じ。
一番残念だったのは、白米が全然おいしくなかったこと。
パリパリ、ぱさぱさして、この炊き方は、う〜ん。。。(苦笑)

友人のおこわは、ぜんぜんもちもちしていなかったみたいで
「これ、おこわって言わの〜?!」って(苦笑)
サービスは普通だったので、それ以上の不満もないですがね。

ちなみに、「おばんざい」ってこの日比のだけかと思ったら
ほかにも、ハーレムにある「JIN(仁)ラーメン」や
ミッドタウンにある「Momokawa (百百川)」でも、メニューにあるんですよね。
今後、「おばんざい、プリーズ」って注文するアメリカ人、増えるかもです。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-03-23 02:13 | | Comments(2)

春はいずこ?

3月も中旬になり、今年の冬を振り返ってみる。
今年の冬は氷点下の日と雪が多かったな。

周りでは、「寒い〜、死にそう〜」てな悲鳴がよく聞こえてきましたが
NYの冬を10年以上過ごしてきた身としては、「ま〜だまだ」という感じでした。
まず一つは、過去の記事でも書きましたが、「正しい防寒法」を知っているから。
ほんと〜に寒いときって、完璧な防寒法でも、
目の周りとか、絶対に隠せない箇所(空気にさらす箇所)が「寒くて痛い!」。
今年はその「痛い日」がなかったので、「通常のニューヨークの冬」だったと思います。

そんな私ですが、NYに来て最初のころは
毎年冬は気が滅入っていましたね。
(ちなみにアメリカ人でも西海岸から引っ越して来た人などは
最初の冬に、うつ(winter depression)になったりするんですよ)

私の場合、最初の冬はまだこの寒さに慣れなくて
寒くて外出たくないから、家に籠ってクッキーばかり食べて、結果冬太りしていたような?
友人と「NYの寒い時期って11月から4月、
なんで1年の半分が冬なんだよ〜」って文句ばっかり言っていた。

(あ、あの頃はニューヨークのあらゆるものに対しても
「日本と違う」と文句ばっかり言っていたかも笑)

それが正しい防寒法を知ってから、冬のおでかけが大好きになり
またこのピリッとした寒さ、嫌いではなくなりました。
ちなみに私、日本では雪国育ちではありません(生まれも育ちも福岡)。
つくづく、人間って環境に適応する生き物なんですね。

でもでも、もう3月も後半。
やっぱり春が待ち遠しいのは確か。
もうそろそろ、分厚いコートを脱いでクリーニングに出したいです。



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-03-19 13:32 | 日々のつぶやき | Comments(0)

8人目の犠牲者、日本人

イーストハーレムのビル爆発、倒壊事故で8人目の犠牲者が発表されました。
どうやら日本人女性の行方不明者であろうと、地元紙に報道されています。

ニュース記事

記事抜粋:
Fire Commissioner Salvatore Cassano said an eighth body has been found. She was identified by sources as Mayumi Nakamura, a 34-year-old Japanese citizen who was staying at Panagopoulos’s building.

倒壊したビルは築100年の古い建物だったとも発表されています。
実はニューヨークで築100年というのは、そんなに珍しいことでもありません。

近年建設されたコンドビルを除いて、築100年前後なんてざらにあります。
「プリウォービル」(戦前の建物)「ブリックビルディング」(赤レンガの建物)などと呼ばれ
アンティークのように、古いからこそ価値あるものとされ、人気もあります。
(実際、外壁や内装に現代では予算的に不可能な装飾が施されていたりする)

もちろん、中がボロボロということはなく
美しい歴史ある外観を残しつつ、内装は綺麗にリノベーションをしながら保っているのです。
不動産価格は新築同様に高いですし
日本のように、古いからという理由だけで建物は壊されません。
、、、というか、私の知るところでは
NYだけじゃなく、ヨーロッパ諸国や中南米もそうだと思います。

私が今住むブルックリンのビルも、以前調べたら1920年代に建った築90年ぐらいの建物のようですし、
イーストビレッジの私のオフィスは、それよりもっと古く築130年ぐらいでした。
その分、水道管やガス管は古いままだから、普段から「異変」には気をつけないといけないですね。

また、今後もしばらくは(おそらく50〜100年ぐらい)この古い建物は壊されないでしょうから、
100年後、200年後、建物の老朽化が進み、様々な問題は増えると思うのですが
市はどのように対応するのか、わたしも分かりません。

お亡くなりになったナカムラマユミさんをはじめ、
犠牲者の方々のご冥福をお祈り申し上げます。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-03-15 14:34 | 日々のつぶやき | Comments(0)

イーストハーレムでビルが爆発、倒壊

今朝、ニューヨークのイーストハーレムで、ビルが爆発、倒壊する大事故が起きました。
現時点で3人がお亡くなりになり、負傷者は60人以上とのこと。

私自身がこのニュースを知ったのは、ブルックリンの自宅で朝支度をしていたときに
テレビが「Breaking News」として報じたことから。
場所が、イーストハーレムということで、そのエリアに住む同僚にすぐに電話したら
彼女はすでにオフィスにいて無事を確認、安心しました。

日本のテレビでは「ニューヨークの中心部」と報道されていて
いささか「中心部」という言葉に違和感があるなぁと思ったら
よく読むと「ニューヨーク市中心部マンハッタンの中部」って、、、分かりづらい。
「マンハッタンの北部」でいいじゃないかと思いますが、
とにかくイーストハーレムは、タイムズスクエアなどの中心部から離れた「住宅街」。

ここはもともと、プエルトリカンなどが多く住むエリアで、別名スパニッシュハーレムとも呼ばれています。
2000年代頭ぐらいまでハーレムと同じように、治安は良いとは言えないエリアでした。
ここ5年ぐらいで治安もそこまで悪くなくなり
コンドが建ち始めるなど、不動産価格も急騰。
私の同僚などのように、日本人でこのエリアに移り住んでいる人もいます。

この倒壊したビルのうち1棟の1階は、日本人女性が経営するピアノ販売店「Absolute Piano」でした。
その女性の安否は確認されています。
朝9時30分ということで、まだ出社をされていなかったのでしょう。
ただビルの上階には、日本人3人が住んでいたということで
うち一人の女性の安否が確認できない状態とのこと。
無事を祈るばかりです。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-03-13 12:42 | お知らせ | Comments(0)

Lou Donaldson Quartet @ Blue Note

f0063659_1135065.jpg
One night gig at Blue Note

Lou Donaldson, alto sax and vocal
Akiko Tsuruga, Hammond B3 organ
Randy Johnston, guitar
??, drums (名前不明)

ジャズ界のレジェンドの一人
サクソフォン奏者、ルー・ドナルドソン。
御年87歳。

お年を感じさせない肺活量。
いぶし銀の声。
「素晴らしい」の一言。

ほぼ立ちっぱなし、吹きっぱなしのステージ、この日は2回転。
日本ツアーで長時間飛行も何のその。
今年はロンドンやイスラエルのツアーも既に決まっているんだとか。
ジャズをやってる人はお若い!!

f0063659_1110214.jpg
お友だちのハモンドオルガニスト、敦賀明子さんの演奏中、
ちょこんと横に腰掛けて目を閉じつかの間の休憩をするルーさん。

彼はまだまだオレは現役だと言わんばかりに、こう言ってステージを去った。
"See you next time".

またぜひステージでお会いしましょう!



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-03-04 11:22 | イベント | Comments(0)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る