人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

悲しいかな、庶民かどうかは足下で分かる(バレる)

f0063659_14203950.jpg
今年は例外的に雪が多い。
いつもの冬なら、スノーブーツを一冬で3〜4回履けばいい方なので
購入してから10年ぐらいたったスノーブーツでも、今だ割と綺麗(だった)。
しかし、今冬はストーム続きで、
ほぼ毎日といっていいほどヘヴィーユーズしており、結構くたびれてきている。

話は変わるが、先日日本の池内タオルが、ニューヨークでメディアを招いてパーティーを催した。
場所は、アッパーイーストサイドの高級レストラン、DANIEL
その日は特に忙しくて、服装もあまり気にしていなかった。
しかも大雪だったから、迷いもなくスノーブーツで出席。
店のドアを開けて、「しまった!」と思った。
ここ、超高級レストランだったんだ!!

その昔、「究極のレストラン 最後の晩餐」という特集企画で
読者にアンケートをとった。
「もうすぐ日本に永久帰国。さてあなたならどこで最後の晩餐をしたい?」ってね。
そこで上位に入ってきたのが、このダニエル。
取材ができると大喜びしていたら、取材不要と写真だけが送られてきて
「チェッ」と舌打ちしそうになったことがあった。
とにかく、食べたことがないので味のほどは良く分からないが
スターシェフ、ダニエル・ブルーがオーナーシェフ。
おいしくないわけがない、のだ。

で、今回のパーティー。幸い、メディアの皆さん、ほとんどスノーブーツだった(ホッ)。
というか、この大雪の中、かわいいヒールなんて履こうものなら
ぐちょぐちょになって靴がだめになってしまうこと必至である。
誰がヒール履いて来れる?と思ったけど
トイレに行くとき、パーティー以外のお部屋のテーブルをそ〜っと見たら(このそ〜っとがポイント笑)、
お客さんは皆さんすっごいオシャレしていて
足もすごーく綺麗なヒールで、全身キメキメ。

そこでまたまた気づいた。
ここに来る客は、おかかえのお車かタクシーを使っているのだ。
だから、こんな日でもスノーブーツなんて必要ないのだ。
私たちみたいな、地下鉄+徒歩の庶民とは違うってこと(smh)

この日、約2名、レストランから門前払いになったパーティー参加者がいると聞いて
門前払いをされなくて良かったと胸を撫で下ろした。
今後は、どんなに忙しい日でもパーティーの会場を考えて
オシャレをもっと楽しもうっと、胸に誓ったのだった(和製英語のTPOてやつです)。

あと今回のパーティーでもう一つ思い出した靴話。
素敵なブランド(例えば、、、ミュウミュウとかクリスチャン・ルブタンとか、、、)
たまーに見ることがあるけど(見るだけね)
すんごーい高ーーーいヒールの靴を見ながら
これでどうやって歩くんだ?と思っていたけど
履ける人って
パーティー会場の入り口まで車で乗り付けて、、、っていうことができる人なんですよね〜。
会場でちょこちょこと数時間立ち話ぐらい、だったらあんな高いヒールでも納得ってもんです。

高いヒールで、地下鉄やバスはやっぱりアンバランスなので、こっちではあまり見かけない。
電車やバスなのにどうしても高ヒール履きたい!ってときは
一般ニューヨーカーが良くやる、会場出て速攻バレエシューズに履き替え
ヒールを片手にブラ下げて乗車、、ていうのが、潔くてカッコよくて、好き;)




[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-02-21 14:46 | NYとアメリカ人 | Comments(0)

旨味と懐石料理イベント 〜キッチンから〜

f0063659_425365.jpg
少し時間が経ったけど、こちらをアップ。
昨年10月、農林水産省のイベントとして、ニューヨークのメディアやフードブロガーを招き
旨味と懐石料理の紹介イベントが開催された。

場所は、由緒あるThe James Beard House。
(美食の父と呼ばれたシェフのジェームズ・ベアードさんの死後
財団法人としてとして設立され、
その邸宅は、このようにキッチンごと食関連のイベントに使われている)。

f0063659_3452422.jpg
f0063659_345652.jpg
f0063659_3461094.jpg
f0063659_3455998.jpg
f0063659_3454761.jpg
f0063659_3453611.jpg
f0063659_3463296.jpg
f0063659_3462112.jpg
ニューヨークに住む日本関連のフードビジネスの人なら誰もが知る
響屋やEn Japanese Brasserieの料理長など
当地の有名日本食レストランのシェフ(錚々たるメンバー!)が集まり
一夜だけのスペシャル懐石を披露した。

わたくし、普段は取材でキッチンに入らせてもらうことはあっても
こんな”ライブ”で入らせてもらうことは少なく
まるで『料理の鉄人』を観ているように、興奮してしまいました。

シェフの皆さん、料理中は真剣そのものですが
たまにホッと笑顔になるときもあって、そのギャップがいい。
アメリカでも日本でも、シェフや板前がモテル、って
分かる気がします。

ディナーの前にはそば打ちのデモンストレーションも。
f0063659_350730.jpg
f0063659_3464574.jpg
f0063659_3465673.jpg
参加者の皆さん、真剣に観ていました。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-02-16 03:48 | | Comments(0)

グラセンのすごい水漏れ

f0063659_1416822.jpg
バイデン副大統領がラガーディア国際空港のことを
「まるで第三世界の空港のようだ」と失言(?)をし、話題になっているけど、
正直私もたまに同じことを思う。

世界一の大都会に住んでいるハズなのに
今だに手動でガチャンとレバーを押す改札口や
天候が悪いだけでダウンしがちなインターネットなど
ここはどこの国だっけ?って。

水漏れ話、再び。
写真は、昨夜からの大雪に見舞われ
その影響なのか
大浸水の、グランドセントラル駅。午後6:30ごろ。
グラセンって日本でいえば東京駅のような、NYの主要駅ですよ。

すごい量の水が天井からザザザーーーと、雨のように“降って”いました。
たくさんバケツを置いているけど、意味なーーし。
バケツもいっぱいで溢れ出し、
おそらく階下も同じ状況だと思われ。

ビデオ↓


駅の職員は誰も対処しておらず、通りすがりの駅利用者がこうやって写真を撮るのみ。

この街は駅もビルも古いので
しょうがないんでしょうね。。。
何てったって100歳以上。
天井ごと落ちてこないだけ、マシなのかもしれません。

取材を終えて4時間後、再び通ったときは
流石に水漏れはストップしていました006.gif
by abekasu_ny | 2014-02-14 13:52 | 街の風景 | Comments(0)

snow day

f0063659_10251764.png
@City Hall, Civic Center, NYC

f0063659_1493578.jpg
f0063659_1495419.jpg
f0063659_14101098.jpg
f0063659_12554398.jpg
f0063659_141025100.jpg
今年は例年に比べて雪が多いです。
見るからに寒そうだけど、実はそんなに寒くない。
街が何倍も綺麗に見えるから、好き。
(ゴミ箱でさえも!)



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-02-08 13:01 | 街の風景 | Comments(0)

スーパーボウル

f0063659_13485629.jpg
f0063659_13492068.jpg
f0063659_13493915.jpg
f0063659_134956100.jpg
f0063659_12212861.jpg
日曜日はNJで開催された、スーパーボウルの日でした。
アメフトにはそんなに興味ないけど
NJ開催でせっかくの盛り上がりなので、アメリカ人と楽しみましょう、と
スポーツバーへ観戦に。

最初は、40/40というJay-Zが経営する人気のスポーツバー&クラブに行ってみた。
ここは大画面が何個もあり、2フロアで広いので、スポーツバーとしてはいい箱。
が、、、入るのにも行列。
中に入ったら、満員御礼でもみくちゃ状態(1枚目の写真は2階フロアから見た状態)
ドリンクも買えなければ落ち着いてゲームを観ることもできないので
早々に退散。

何軒か周辺のバーをチェックしてみたけど、どこも満員で
わたしたち、スーパーボウル難民になりかけるところでした。

そしたらふと目に留まったのが、このバー(写真2枚目)。
スクリーンは決して大きくはないけど、ゆっくり座って落ち着いて
食事をしながらゲームが観られる!

大人が集ってうるさくないし、落ち着いて観戦できました。
といっても、シアトル・シーホークスの圧勝というのが、あまりにもつまらなくて
ゲーム中は友人とほっとんどおしゃべりしていたんですが。。。
ブルーノ・マーズのハーフタイムショーのときに、真剣にアテンションしたぐらい。

最後から2枚目の写真は、6か月の禁酒明けのファーストビール。
リハビリ(?)ということで、小サイズをオーダー。
でもこっちの小サイズは十分大きい。



[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-02-06 14:09 | イベント | Comments(0)

禁酒6カ月

2月ですね〜。チャイニーズニューイヤーです。
私にとってもお祝いです。

実はひそかに(?)昨年8月から禁酒生活に入っておりました。
1月いっぱいでちょうど、目標だった半年が終了。
2年前にも禁酒したけど、そのときは5か月だったので、
ちょっとだけ新記録樹立ですv

今回は、前回より肩の力抜いてラクに禁酒しました。
まず、ノンアルコールビールは良しとして、ビールが恋しいときはそれで凌いだのと
一口味見程度のsipもOKにしました。

ノンアルコールビール。こっちで販売しているものは0.5%以内のアルコールが含まれているものが多い。
つまり厳密に言えば、「一滴も入れていない」とは言えないけど
0.5%のアルコールぐらいでは「酔う」こともないわけで
当然、翌日の二日酔いもないわけだからいいだろう、と。

わたしはもともとお酒を飲んでも顔色が変わらないし(いわゆる、ざるってやつ)
ビールや赤ワインが何よりも大好きで
ほぼ毎日飲むことを楽しんできたけど、
目標の半年を終えた今、今後もお酒はあまり飲みたくないなぁというのが正直な気持ち。

これを言うと必ず驚かれるんですが
ストレスはお酒でしか解消できないと思っていたけど
お酒を飲まない今が毎日“ほぼ”ストレスフリーな生活なんて誰が想像ついたでしょうか?

それと私は、酔うと必ず食欲が出て、
夜中にギルティーフード、ジャンクフードを食べがちだけど
飲まない今、ジャンクを必要以上に食べる必要もない

あと、酔うとその夜中、まともなことは何もできない(ただ楽しいだけ)。
二日酔いにもなると、翌日まで無駄にしてしまう。
飲まない今、時間を有効的に利用できます(たぶん?)

…と、いいことだらけ!

アルコールが入っていないからか、「ひらめき」「思いつき」もいつにも増してあるような気がして
以前、ボストンの占い師が言っていた「ライトチョイス(良い選択)」ができている気もします。

ただし、お酒がまったくない人生もちょいと寂しい気がするので
一生禁酒とはいかないまでも
今後も、お酒は「なるべく飲まない生活」を続けていきたいです。
(大好きな家での独り酒はやめます)


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2014-02-02 06:17 | 健康 | Comments(1)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る