人気ブログランキング |

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんなウマいベーカリーがなぜ、NYCにない?!

郊外に行くと必ず寄るカフェ&ベーカリーがある。
その名もパネラブレッド

ここで必ずオーダーするのが、オニオンスープ。
しっかりとしたオニオンの香味と、とろっとろっのとろけるチーズがたまらない。

この味を再現したくて、家でも何度か自己流オニオンスープを作ってみたが
それなりにおいしくできるけど、
やっぱり何か足りない。
絶対隠し味があるハズなんだけど、未だにそれが何なのかわからない。

f0063659_14092.jpg
ベーカリーなので、当然パンもできたてでおいしい。
サンドイッチなんて、なんでもバカでかけりゃよしとするアメリカにいることを忘れるほど
パネラブレッドのサンドは、小さめで上品なサイズだ。

ところでこの店、全米中に展開している巨大チェーン店なのだが、
なぜかNYCでは見かけない。
郊外のモールや高速道路の休憩所などでは、よく見かけるんだけど。

先ほどウエブサイトで見てみたら、1件だけブロンクス区にあるようだった。
なぜに、ブロンクス?!

何でも揃うNYCを、避けるように全米展開しているパネラブレッド。
なぜに~???

市内に住んでいる限り、ここのパンとスープは食べられないので、
今では郊外に行く楽しみの一つになっている。
f0063659_1402685.jpg




[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-06-28 14:00 | | Comments(4)

Yes, I'm A Witch. by Yoko Ono

f0063659_2123773.jpg
先週のことだが、私がニューヨークに来てもっとも会いたかった人の一人、
オノ・ヨーコにやっと会えた!

会えたといっても、トークイベントの客席からで
チケットの予約がぎりぎりになったので、かなり後ろの席だったけど。。。

オノ・ヨーコといえば、ビートルズを解散に持ち込んだ女として
アメリカ人からの評判はあまりよろしくない。
どんな人がトークショーに来てるんだろう?というのも興味があったが
半分がビートルズ世代で、半分が若手。

ステージに現れたヨーコは、細くて小さくて。
だもんだから、カクカクの帽子とサングラスの大さがやたら目立つ。
そして登場の瞬間、会場いっぱいが「ヒュ~ヒュ~」とスタンディングコールの嵐で
それに受け答えようと、ヨーコはのっけから
体いっぱいを使って投げキッスを、何度も何度も会場に送る。
ゾクゾクする瞬間を、私は久しぶりに味わった。

トークの進行は、ジョン・レノン&ヨーコと長年の友人であるローリングストーン誌のコントリビューティング・エディターがおさめた。
ジョンとヨーコのカバー

↑このときの撮影秘話から、ジョンとの出会い、思い出
第二次世界大戦時に日本で疎開したときのこと、戦後のNYのことなど、
トピックは多岐にわたった。

そもそも今回は、ニューアルバム『Yes, I'm A Witch』の発表を記念して
行われたトークイベントだったが
その裏にあるメッセージも、ジョーク交じりに語ってくれた。

「ジョンのことをムリやり手繰り寄せてもいないし、
何を言っても、メディアはでっち上げるから、悲しい」と
これまで数々のメディアにたたかれてきた彼女から、本音もポツリ。

しかし今では自ら、「そうよ、私はビッチよ」と宣言することで
「魔女」「いけ好かない女」と言われることを
そのまま受け止め、それをも愛そうとする度量の深さ。
彼女がこれまで歩んできた74年の深みを、感じずにはいられなかった。
by abekasu_ny | 2007-06-25 02:48 | NYとアメリカ人 | Comments(4)

スポーツバー越しに、松坂の文字

f0063659_15171234.jpg
アメリカでの松坂大輔選手の評判はなかなかいい。

今日、雨が降る中、たまたま通ったグリニッチビレッジにあるバーで
松坂選手のTシャツを着て、レッドソックス戦を観戦している人を発見。

これまで松井選手のTシャツ着たファンは、何人か見かけたことがあるけれど
ニュ-ヨークで松坂選手のファンを見かけたのは、これがはじめて。

窓越しに、「松坂」とTVのレッドソックス戦。
私のツボにはまってしまったよ。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-06-20 11:28 | 街の風景 | Comments(5)

「食べて行かんね」は日米共通

f0063659_371447.jpgf0063659_373262.jpgf0063659_374561.jpg
昔、日本でガイドブックを作っていたときのこと。
連日ラーメン取材が続いたことがある。しっかも、こってり“とんこつラーメン”ときた。

1日3食、それが来る日も来る日も続いた。

ラーメンだ~と喜んだのも、最初の2食目まで。

撮影が終わるとどこの店でも、「食べて行かんね」(博多弁)と勧められる。

文を書くために試食しなければいけないのだが、難しいところはそれが2~3口で済まされないこと。

なぜかというとラーメン屋のおやじさんって、食べ物を粗末にするのにうるさい。

作り笑顔で、「おいしいですねー、やっぱり」と言いながら、額にはジンワリと冷や汗。

あのときは、人類史上初のラーメン死するかと思ったほど(苦笑)

More つづきを読む…
by abekasu_ny | 2007-06-17 14:23 | | Comments(6)

Japan Day@セントラルパーク

f0063659_81727100.jpg
f0063659_8174258.jpg
先週の日曜日、セントラルパークで
日本の文化を紹介するイベント「ジャパンデー」がありました。

幕開けは、4マイルマラソン「ジャパン・ラン」。
私はゼッケン番号13番をつけ、
8時スタートで、セントラルパークを北へ南へと走ってきました。

f0063659_1125396.jpg
ジャパンランを走った人に送られたグッズ。

コースは前回の4Mマラソンと一緒だったので
ペース配分がうまくできたかな。
結果は、前回より13分短縮で、47分でゴ~ル!

朝一番の走りは、気持ちよかった!

f0063659_820594.jpg
f0063659_821930.jpg
その後は、同じくセントラルパーク内で10時からスタートの
「ジャパンデー」会場へ移動。

寿司を背負っている人やら(←マラソンのときもこのままだった!)
柔道着の人、浴衣姿、コスプレの人など
フシギなアメリカ人もたくさん見かけました(笑)。

それぞれのブースは
キティちゃんや舞妓さんと一緒に記念写真が撮れるコーナー
ロボットやゲームのコーナー
昔懐かしい日本の伝統的な遊び(けん玉や面子)、ヨーヨーが体験できるコーナー
健康診断ができるコーナー
カリグラフィーのコーナー
そして、牛丼やカレー、餃子、寿司など日本食のコーナー
などに分かれており
ぜ~んぶ “無料”!!

そして正面のステージでは、武道や太鼓など日本の文化を伝えるステージ。
(午後の、シークレットゲストとして、ミスユニバースで世界一に選ばれた女性が
現れたそうです)

午前中はまだマシだったのですが
12時を過ぎるとさすがに身動きが取れないほど人が多くなり、
私たちは早々に退散。

外に出ると、ながいながーい長蛇の列が。。。(一番に行ってよかったよ)

今年成功したら、来年は1週間ぐらいの大きなイベントにしたいと
抱負を話していたジャパンデー実行委員会の方々。
来年はきっとジャパン“ウィーク”となって、またセントラルパークで行われることでしょう。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-06-07 13:04 | NYとアメリカ人 | Comments(8)

ブルックリンのイカしたバイセコー野郎

f0063659_7465465.png
ブルックリンを車で走っていると
「パラリラパラリラ♪パラリラパラリラ♪」
暴走族のような音が聞こえてきました。
でも通行人は、なぜか笑っています。

「なんだ、なんだ?」と
後ろを振り返ると、
強面のおっさんたちが迫ってきました!!
“族”ですよ、“族”。
ザッと数えてだけで、総勢20人はいるような。

でも、おじさんたちが乗っていたのはバイクでなく
改造チャリだった(笑)。
f0063659_1144418.jpg
f0063659_1175443.jpg
f0063659_115296.jpg
「どうだー、オレ様の愛車はイカしてるだろう?」

そう言わんばかりに、
おっさんたちは、渋滞でたらたらと進む私たちを横目に、
スイスイと涼しそうに走り去って行きました。

夢中になれるものに、とことん入れ込む。
人生を謳歌するのに、年齢も世間体もカンケーない。
あぁ愛しき、ブルックリン子たち。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-06-03 09:21 | 街の風景 | Comments(2)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る