人気ブログランキング |

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

図書館でナンパ(?)、するの巻


最近、自分のブログのアクセス解析というのを覗くようになって思ったことなんですが、
皆さんがここを訪れてくださるキーワードで多いのが、「ニューヨーク」とか「ライター」。
中には不思議だけど「スコットランド 民族衣装」も多かった(なんで?)。
それに加え、結構多かったのが「ニューヨーク 出会い」。
確かに、タイトルに「出会い」って書いていますし。
これは、ライターやコーディネイターとして、たくさんの方に出会うことが多く、
その出会いこそ、私の仕事の醍醐味であり、財産だと思っているので、出会った人たちを綴っていきたいと、タイトルにも入れたのがそもそも。
でも「ニューヨーク 出会い」と検索し、このブログに辿り着いた方の中には「男女の出会い」を期待された方も結構いるのかなぁと思った。
ま、私のブログにはそのようなトピックは皆無ですから、そういう理由で訪れた人がいるのなら申し訳ないなと思った次第。

話は変わって、最近わけあって図書館に出入りすることが多いのだが、
昨日は、そこである女性との出会いがあった。

図書館で隣に座っていた女性が、私たちの後ろに座っていた男性となりやらこそこそ話し出した。
最初は全然気にしていなかったけど、
「Japan~なんちゃら」という言葉に反応してしまったのだ。
聞き耳立ててみると、どうやら彼女は日本に行きたくて、仕事を今インターネットで見つけているとのこと。
会話からして2人は知り合いでもなく、男性が彼女のPCか何かを覗き込んで、話がはじまったらしい。

ここで、日本人の私が登場しないはずもなく、私は遠慮もせず会話にずけずけと入り込む。
「日本に興味があるのね!私は日本から来たのよ、何でも聞いて」。

隣の彼女は「へぇ!」とうれしそうに私を見つめて言った。
「日本でNGOの仕事を探しているんだけど、何か知らないかしら?」

英語教師や英語誌の編集の仕事なら知っているが、NGOの仕事は残念ながら知らない。
「でも、探すお手伝いはできるかもしれない」一瞬思った。

彼女は「しかも、行く前に日本語の勉強もしていきたいの。
昨日紀伊国屋書店に行って店員にいいテキストがないかって聞いたら、キッズ用の絵本を渡されてしまったわ」と苦笑い。

私は思わずこう言ったよ。
「じゃあLanguage exchangeで、お互い教え合うっていうのはどう?!
例えば週に1回とか、月に何回とかお互いのスケジュール決めてさあ」
ほとんど勢いで言ってしまったよ。
彼女は一瞬驚いた表情を覗かせたけど、
「まぁすんばらしい!」と、すんなり合意!

なんか後で考えると、自分でもよく言ったよな~と思う。
この積極さといったら、ちょっと前の私だと考えられん。

そもそも、これには少しワケがある。
私もニューヨークに来て4年半になるが、
やはり同じアメリカ人とばかりつるんでいても、英語力はイマイチ伸びないのだ。
だって文法を多少間違ってても意味が通じるのなら、誰だってそれをいちいち指摘するのは面倒だもんね。
それに、私の友人(日本人)が半年前から「language Exchange」をアメリカ人男性と週に1度やっていると聞いて、興味も少なからずあった。しかし
パートナーをどうやって探してよいかわからず。ネットだと簡単なんだろうけど、日本人女性狙いの人とかいそうでちょっと怖いしね。

でも彼女なら、お互い高め合える関係になれそうだと、直感で思った。

お互い連絡先を交換し、週末に会う約束をして別れた。彼女の名前はサディア。
やったことないからどなることやら~、こういうのも相性があるでしょうからね。
1回きりで終わるかもしれないし、ランゲージパートナーを越えた友情にまで発展するかもしれないし、ちょっと未知。
まぁどう転ぶかわからないけど、とりあえず楽しみ!
by abekasu_ny | 2007-01-26 07:20 | 出会いと別れ | Comments(17)

セレブはTVコマーシャルに出たがらない?!

日本帰国中、テレビを観ていてふと思ったことがある。
ブラッド・ピットが、ソフトバンクモバイルのコマーシャルに出ていたので、思わず「ブラピだ!」と叫んでしまった。
別に私は彼の熱狂的なファンでもなんでもないが、その見慣れない映像がとても新鮮だった。

f0063659_6714.jpg
Photo: Steve Granitz (C)WireImage.com

その後、同シリーズで、キャメロン・ディアスまで登場し、私の驚きは倍増したのだった。
同席していた友人は「何をいまさら」という怪訝そうな顔で私を見ていた。
f0063659_6192468.jpg
Photo: Lester Cohen (C)WireImage.com

世界の大物アーティストを企業のイメージキャラクターとして起用するのは、昔も今もよくあること。
しかしアメリカでは、テレビコマーシャルにこれほどの大物系が登場すること自体、そうそうあることではない。少なくともブラピやキャメロンが出ているTVコマーシャルなど見た記憶はないぞ。(※誤りであれば、忌憚なくご指摘をお願いします)
彼らが自国ではなく他国のコマーシャルを“わざわざ”選ぶのは、なぜに?

そんな疑問を抱えたままの私だったが、一昨日それが解決された。
たまたま観ていたABC系の夜のニュースで、偶然私の疑問を解決してくれる企画がオンタイムで特集されたのだ。

番組では、件のブラピ&キャメロンの携帯CMからシュワちゃんのカップヌードルCMなどまで新旧交えた日本のテレビCMがずらっと紹介。
そして、セレブ事情に詳しい専門家が登場し、大物セレブが日本のCMに登場する理由を語る。

その理由は、、、、

やっぱり$$$でしたねー。

番組によると、ブラピやキャメロン級となるとその出演料は、5ミリオン~10ミリオンドルになるらしい。
出演者は、1日でその金額稼ぐと言っていたけど、いわゆるイメージキャラクターとしてのグロス収入だと私は思う。
何はともあれ、企業からするとそれほどの大金投資しても欲しかった人材であり、これらセレブにとっても日本市場っていうのはドル箱なんだな~。

あと思うのは、アメリカと日本とではCM出演することのステータスが大分違うということ。
アメリカの大物セレブなどは、よっぽど大金積まれたり、名声が高まるような社会貢献活動でない限り、商品のコマーシャルなど好んでやりたくないのだろう。
露出しすぎることによって、カリスマ性が薄れる恐れだってあるし。
だから俳優なら、映画やTVドラマにしか基本的には出演しない。たまにトークショーなどにも出るけど、それはあくまでも映画などの宣伝のため。日本みたいにコメディアンが俳優業もこなしたり、歌も演技もできるアイドルなどは少ないのだ。
じゃあ、CMに登場しているのは? きっとそれは、モデル事務所に登録しているタレントさんに違いない。
このようにアメリカの芸能界は、ちゃんと分業化されているのだ。
by abekasu_ny | 2007-01-21 06:29 | NYとアメリカ人 | Comments(8)

ニューヨークは今日も曇り

33rd Street × 8th Avenue
f0063659_428956.jpg私は自宅のインターネットを、1階に住む大家さんとシェアしているのだが、
そのネットが数日前から繋がらない。
あいにく、大家さんは1週間前から母国の台湾に一時帰国中で
いつ帰ってくるのかもわからない…。

今月の仕事はリサーチが中心なので
自宅にネットがないのは痛いッス…。
ただし、ニューヨークはカフェや公立図書館、複合施設、公園などにワイヤレスが普及しており、タダで拾えるから、昼間はそこでお世話になっています。

そういえば、日本帰国中に一番困ったのは、
自分のPCを街中で使えなかったこと。
スタバだったら当然あるだろうと店員さんに聞くも、
ワイヤレスも、コンセントもないとのこと。
ニューヨークでは、カフェや公園などあらゆる場所でノートPCを使っている人をよく見かけるが
日本であまり見なかったのは、やっぱりまだパブリック・ワイヤレスが普及してないからだろうか。ちょっとした逆カルチャーショックでした。

霧に包まれたエンパイヤステートビルの写真とは全然関係のない、とりとめのない日記でした。


[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-01-17 04:45 | 街の風景 | Comments(5)

日本縦断ツアー 福岡篇 06' 12/24~07' 1/2

Nishiku, Fukuokaf0063659_11512068.jpg
旅の後半は、都トキオから私の郷里フクオカへ空路でひとっ飛び。
これは、以前私が住んでいた自宅から目と鼻の先にある「マリノアシティ」という複合施設です。

f0063659_548439.jpgf0063659_548288.jpg f0063659_5491069.jpg
f0063659_5495768.jpgf0063659_5502225.jpgf0063659_5503775.jpg
f0063659_5505662.jpgf0063659_5511466.jpg
ここまでくるとやっと「帰ってきた!」という感じです。
久々のフクオカは、地下鉄が拡張、新しいビルがどんどん建ち並び都会度がますます進んで、一段とおもしろい街になっていました。
ケーキを食べながら、久々に日本式クリスマスを過ごし、
お墓参り、そして地元・北九州で迎える年越し&お正月やはり格別でした。

元同僚や学生時代からの友人など懐かしい面々との再会で、焼酎&魚料理、豚骨ラーメン、もつ鍋、寿司…と食べ&飲みの日々がますます加速っ!

しかし、仲間っていうのは本当にいいですね。
30を過ぎてNYへ出発するという私を、心から祝福してくれた彼ら。
みんな何事にも前向きで、楽観主義。
あまり細かいことは気にせず、常にハッピーな空気を持っている。
そんな同士たちと、楽しい時間を共有することができ
次回帰国時までのエネルギーを充分補給することができました!

生まれ育った見慣れた風景でも、
ふと、「瓦屋根ってキレイだな」って思えてくる。
何気ない人々の心配りがありがたい。
なんてない些細なことでも、日本のすばらしさが身にしみた3週間。

あぁ愛しのわが国ニッポン。
イジメやら自殺やら、海外に住んでいるとイヤなニュースばかりが耳に飛び込んできます。
しかし久しぶりにこの目で見た日本は、それらの現実がウソのように
本来はとても美しい国だということを、私に実感させてくれたのです。
(了)

[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-01-11 22:49 | 旅の想ひ出 | Comments(4)

日本縦断ツアー 東京篇 06' 12/22~23

▼Roppongi, Tokyo
f0063659_932596.png
麻布十番の「東京アメリカン・クラブ」から望んだ、麗しき東京タワー。
▼Shinjuku, Tokyo
f0063659_258123.png
猥雑な新宿西口と都庁のコントラストが、いかにも東京らしい。

秋田の人々に別れを告げ、次は首都トキオを目指します。
まずは、麻布十番でNYの知り合いの方のイベント参加。
クリスマス直前の雰囲気を銀座で味わいました。

帰国の度に思うことですが、
面積の狭いマンハッタンとは違い、どこまで行っても都会な東京って
世界的にも稀に見る特殊な街だと思います。

アメリカに来るまで考えもしなかったけど
日本は大都市でも、道は割ときれいだし(特に地下鉄はピカピカ)
駅の改札口や自動販売機、ケータイなどの電気系がハイテク。
コンビニやドラッグストアも所狭しと並ぶ新商品にワクワクさせられる。
そして、古い建物が壊されずに残っているのも、街の美しさの一つ。
これらは日本が誇るべきものです。

なのに、日本を訪れる観光客数が伸び悩んでいるのはなぜか?
(2005年度の訪日アメリカ人数はたったの822人)。
それはやはり、物価の高さというのが否めません。
特に地下鉄やタクシーなどの公共交通機関がこんなに高いのは、旅行者には痛い限り。
ニューヨークの地下鉄は片道どこまで行ってもたったの2ドルだけど、
その価格、日本では今のところありえないですものね~。

f0063659_452665.jpg
f0063659_4522085.jpg
f0063659_4523992.jpg
さて、夜は人形町にあるHさん宅で、昔の同僚らと飲み明かしました。
福岡の出版社から羽ばたき、
現在は東京でキャリアを積んでいるHさんとMちゃん。
約2年ぶりの再会でしたが、まったく温度差を感じないのは、
出版社という戦場で同じ士気を持って戦った同士だからでしょうか。
あっという間に過ぎ去った、楽しいトーキョー・デイズでした。
(つづく)

[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-01-09 22:46 | 旅の想ひ出 | Comments(2)

日本縦断ツアー 秋田~青森篇 06' 12/16~21

初の東北上陸からはじまった、今回の里帰り日本縦断ツアー!

生まれて初めての雪かきを密かに楽しみにしていた私でしたが、
今年は珍しく雪がほとんどない秋田でした。

初めての場所ということで、「帰国した」というより「旅の途中」という感は否めませんが
現地で初めてお会いする方々に温かく迎え入れられ、
なんだか昔からこの土地にいたかのように、すんなりと入り込むことができました。

温泉、きりたんぽ、酒三昧
そして温かい人々との出会い。

このように毎日があっという間に時間が過ぎていきましたが
そこで出会った一人で、人材育成業を営むパワー溢れるNさんの
「チャンスは1度だけ」「次回などあると思うな」という言葉に一押しされ
おしおしのスケジュールの中
切り絵アーティストやステンドグラスの工房にお邪魔する機会にも恵まれました。

f0063659_105492.jpgf0063659_114625.jpgf0063659_173965.jpg
f0063659_113042.jpgf0063659_11636.jpgf0063659_1143497.jpg
f0063659_1111015.jpgf0063659_1185516.jpg
f0063659_1112757.jpgf0063659_1114494.jpg

初体験のきりたんぽは、ご飯部分にじゅわっと味わい深いお出汁がしみこみ、おいしかったー。
それと写真はありませんが、雄大な日本海が目の前に広がる青森県白神山地に程近い「みちのく温泉」もサイコーでした。
海岸線すれすれの露天風呂で、身も心も充分にリラックス!ニューヨークでついた垢が一気に落とせた気分です。
地元の人はいつでもこんなお湯が近くにあるなんてうらやましい。だからお肌のきれいな人が多いのかも。

(つづく)

[北米 人気ブログランキング]

by abekasu_ny | 2007-01-08 11:04 | 旅の想ひ出 | Comments(5)

明けましておめでとうございます!

青森から臨む日本海、Japan (2005)
f0063659_9342047.png
おくればせながら、明けましておめでとうございます。

12月15日から約3週間にわたる日本里帰りから先日NYに戻ってまいりました。
今回の旅は、北は秋田&青森から南は福岡までの、日本縦断の旅。
2年半ぶりの日本を大満喫し、
気持ちも新たに、新年を迎えております。

今年はこの写真のように、
分厚い雲の隙間から差し込む光を頼りに
うまくいくと強く“信じて”、信念を持って何事にも臨んでいきたいです。
だって、その上にはまぶしいほどの青空が広がっているのですからね。

旅の期間中は、秒単位で進む超強行スケジュールで
PCに向かう時間もままならず、ブログの更新ができませんでした。
またちょこちょこと、旅のレポートも交え、NY情報を更新していきます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
by abekasu_ny | 2007-01-07 02:49 | お知らせ | Comments(6)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る