人気ブログランキング |

<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

季節の移り変わり~セントラルパーク全景を眺める

f0063659_941129.jpg


それはそれは素晴らしい眺めだった。
仕事である方のお宅におじゃましたのですが、
リビングの向こう側一面に、セントラルパークの全景が広がっていた。

f0063659_859175.jpg


これは前回、たしか3月ごろの写真。
その頃と比べると、緑の濃さが一目瞭然ですね。

場所は、セントラルパークの南端。地上30階にあるアパートです。

四季折々に色んな表情を覗かせる市民の憩いの場所・セントラルパーク。
摩天楼の景色もそれはそれで素晴らしいけど、
季節ごとに移り変わる、こういったニューヨークの別の景色も、ため息ものですね。
by abekasu_ny | 2006-05-13 09:02 | 街の風景 | Comments(4)

水中男

f0063659_0471051.jpg
アッパーウエストサイドにあるリンカーンセンター前の広場で人がやけに集まっている…と思ったら

f0063659_0492796.jpg


近づいてみると、デッカイ水槽の中に人間が!
これ、ブルックリン出身のマジシャンDavid Blaineのパフォーマンスだった。何がすごいかって、飲まず食わずで1週間、この水槽の中に“ただ”いるだけらしい。
ほら、何かしらパフォーマンスで忙しいのなら時間の経過も早いだろうに、ただ小さい水槽の中でプカプカと浮いているだけ(夜もやっぱりプカプカと浮いて寝ている…らしい)。
見物客が多いので、昼間は彼らに手を振ったりと愛嬌を振りまくのに忙しそうだけど。。。私もいっときの間観察していましたが、ずーとずーと朝から晩まで寝てもさめてもこんな水槽の中でなんて、私なんて考えただけでも気が狂いそう!!!食べなくてどう命を繋ぐかもギモンだけど(栄養剤ぐらいとっている模様)、それより何よりだいたい汚物をどう処理しているのかというのも、観客の共通の大きなギモン(食事中の方は申し訳ありません)。てか、食べないんだから、出るものも出ないのかね?!(今のところ水槽内にはそれらしきものはなし)。「マジシャンだから、それなりのトリックがあるはず」と言ってる人もいますが、真相やいかに? 
彼が外界にでてくるのは来週の月曜日とか。(なんでも最終日は、体にチェーンを巻きつけ、8分以内にそれを解くというマジックもやってのけるらしい)

http://www.davidblaine.com/
プロフィールをちょこっと見たけど、これまでマドンナやフィオナ・アップルともつきあった、なかなかのやり手、、、らしい。

[北米 人気ブログランキング]
by abekasu_ny | 2006-05-06 00:45 | 街の風景 | Comments(0)

Baby Shower~ベイビーシャワー~

f0063659_942098.png
日本は冠婚葬祭にお金がかかる国ですが、アメリカに来てラクなことの1つは、ぶっちゃけお金がかからないこと(笑)。“額”より“気持ち”的な部分が大切にされ、お金を包むより、プレゼントを買ったり、カードに自分の気持ちを書いて差し上げたりします。

日本人的考えをするならば「プレゼントもちゃんとしたものを選ばなければ失礼にあたる」というところでしょうが、こちらもノープロブレム! 高価なものである必要はありません。安くてもその人のことを思って一生懸命に選んだプレゼントは、とても喜ばれます。

アメリカの冠婚葬祭の1つに、Baby Showerというのがありますが、知っていますか? これは妊婦さんのお家に、友人や知り合い、親戚などが集まり、これから生まれてくる子供たちのために女性だけでするお祝いです。私も友人のお姉さんが妊娠7ヵ月だか8ヵ月だかのときに、招待されて初めて参加してきました。思った以上にとても楽しく、アメリカらしい素敵なパーティーでした。


お宅に到着すると、招待客が持ち寄ったプレゼントで部屋中が埋め尽くされていました…!
まるでクリスマス前夜を思わせるプレゼントの数!!

主役の妊婦さんの登場です。
f0063659_6404477.jpg

←彼女は双子を妊娠中!…ってことで、お腹の大きさも通常の2倍!


妊婦さんは、手当たり次第、目の前にあるプレゼントから開封開始! 中身を招待客全員に見せて「まぁ、なんてちっちゃくてカワイイのかしらぁぁ。○○さん、ありがとう!」と、お礼を言います。数が数なので、だんだんと流れ作業で進んでいく感じ。妊婦さんはその度に「まぁ、こんなの欲しかったの。ありがとう!!」とか「とてもきれいな色ね。ステキ!!」と、いただいたものを褒めちぎります。
中身は、生まれてくるベイビーのための衣類や小物などの必需品が多かったです。

f0063659_642430.jpg


中には、はたからみてもセンスを疑ってしまうような、悪趣味のものや見当違いのものがあったりしますが、そこはアメリカ人。「何もらっても嬉しい」「場の雰囲気を楽しむ」人たちですから「アラまぁ~、こんなのもたまにはいいわよネ」なんて笑い飛ばします。

f0063659_643104.jpg
プレゼント開封が終わったら、ブッフェランチ開始。そしてデザートのザッツ・アメリカンな甘さ最強のケーキには、生まれてくる子供たちの名前と「私たちの世界にようこそ!」というメッセージがちゃんと書かれてありました!


余談ですが、自分の趣味とは合わないプレゼントをもらった場合どうするか。

レシートが入っていれば、返品も交換も可能です。私も最初は驚きましたが、アメリカでは普通なんです。だからクリスマス以降のショップはどこもカスタマーサービスが混雑しているわけだ(笑)。
もしくは、、、これも大雑把な彼ららしい話なんですが、自分の趣味に合わないプレゼントはとりあえず取っておいて、また誰か次のbaby showerで再利用する人も多いんだって(笑)。そのプレゼントも、またまた次回のbaby showerにまわされちゃったりしちゃってね(笑)。いやはや、アメリカらしくていいですな~。

[北米 人気ブログランキング]
by abekasu_ny | 2006-05-02 06:37 | イベント | Comments(0)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る