人気ブログランキング |

カテゴリ:お知らせ( 45 )

私のコメント、放送されたようです! テレビ朝日「スーパーJチャンネル(土曜)」

テレビ朝日「スーパーJチャンネル(土曜)」さま
この度はお声がけいただき、ありがとうございました!




by abekasu_ny | 2019-08-17 10:39 | お知らせ | Comments(0)

テレビ朝日「スーパーJチャンネル(土曜)」にコメント出演

【テレビのコメント寄せ】テレビ朝日「スーパーJチャンネル(土曜)」1週間を振り返るコーナーで、乱射事件後のアメリカ現地の様子、タイムズスクエアの騒動について取材されました。本日8月10日土曜のオンエア予定、どうぞご覧ください!




お知らせ

古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊
「大切な友人に自信をもっと紹介できる」ブルックリンのスポット満載。ニューヨーク旅行に必読の1冊。

当ブログ「ニューヨーク直行便」は2019年1月よりnor.(ノアドット)社と提携しています。
http://This.kiji.is で、全国に広がるさまざなメディアでピックされ発信されます。

  ブルックリン ニューヨーク ガイドブック

by abekasu_ny | 2019-08-09 22:54 | お知らせ | Comments(0)

NY在住者1,027人のトラベロコの中で、No.1にランイクインされています!(視察や通訳)

【お知らせ】


これまで、さまざまな有名人の通訳やインタビューをしてきました。


映画『プラダを着た悪魔のモデル』で有名な『ヴォーグ』編集長のアナ・ウィンターさん、世界的な作曲家レナール・バーンスタイン家などなど... 驚くような有名人の通訳は、この「トラベロコ」を通したご縁でご依頼されました。


そして、ニューヨーク在住のトラベロコ1,027人(2019.2現在)の中で、私は1にランクインしています!(ここ3年ほど1〜2を行ったり来たり)


登録ロコ(私のような現地からのサービス提供者)は世界で4万人を超え、国は171カ国都市の数は2,310エリアに広がっています。


1,000人以上のロコ(サービス提供者)がいる都市は、ニューヨーク、ロンドン、ソウル、バンコクの4都市のみ。


ニューヨークには現在約5万人強の在住日本人が住んでいて、50人に1がロコ(サービス提供者)として登録しています。その中で1位はとても名誉なことです。


企業視察はコンプライアンスの点から詳しくは書けませんが、相当な数の実績を残しています。利用者からのレビューは100件近く!

私の視察の強みは、記者として知り得た知識や最新情報をオリジナルプランとして活かせることです。


ビジネス視察や通訳に大変便利なサービス、ぜひご利用ください!


トラベロコ





お知らせ

古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊
「大切な友人に自信をもっと紹介できる」ブルックリンのスポット満載。ニューヨーク旅行に必読の1冊。

当ブログ「ニューヨーク直行便」は2019年1月よりnor.(ノアドット)社と提携しています。
http://This.kiji.is で、全国に広がるさまざなメディアでピックされ発信されます。

  ブルックリン ニューヨーク ガイドブック

by abekasu_ny | 2019-06-26 00:44 | お知らせ | Comments(0)

Yahoo!「書籍連携」企画で、『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ』が特設コーナーに設置!


f0063659_07302231.jpg

オーサーとして記事を書いているYahoo!「書籍連携」企画で、私の本『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ』(イカロス出版)が以下の「専用コーナー」で、ほかのオーサーさんの本と一緒に3月の1ヶ月置かれることになりました!


【特設コーナーが設けられる書店】
東京・関西の丸善とジュンク堂書店(一部の店舗)


本屋さんに行かれた際はぜひチェックしてみてください〜。







お知らせ

古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊
イカロス出版から2018年3月に出版した、注目エリア(ブルックリン)の著書です。ニューヨーク旅行に必読の1冊。

当ブログ「ニューヨーク直行便」は2019年1月よりnor.(ノアドット)社と提携しています。
http://This.kiji.is で、全国に広がるさまざなメディアでピックされ発信されます。

  ブルックリン ニューヨーク ガイドブック

by abekasu_ny | 2019-03-01 04:24 | お知らせ | Comments(0)

当ブログ「ニューヨーク直行便」は、ノアドット社と提携しました。


【お知らせ】

こちらの「ニューヨーク直行便」を始めて今年で14年になりますが、この度nor.(ノアドット)社と提携致しました。

http://This.kiji.is で、全国に広がるさまざなメディアでピック、発信されるようになります。私には書きたい、伝えたいことがたくさんあり、このブログの内容がより多くの方の目に届くのはとてもうれしいです!

今後ともよろしくおつきあいをお願いいたします。

安部かすみ



2018年3月発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊

ブルックリン ニューヨーク ガイドブック


by abekasu_ny | 2019-01-26 09:10 | お知らせ | Comments(0)

note(ノート)はじめてみました。

友人に勧められて、3年前ぐらいからやりたいなと思っていたnote(ノート)、ついに重い腰を上げてマイページを作ってみました。

出遅れた感はあるけれど、今日という日がこれからの人生で一番若い日だから、ね。

noteは、クリエイターの人が多く使っているようなので、コミュニティやトラフィックがそれなりにあるかな、と。

記事ができるだけ多くの人に触れる機会を持ちたいので、しばらくこのエキサイトブログと重複する記事などを載せて、反応を見ていこうと思っています。







2018年3月発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊

ブルックリン ニューヨーク ガイドブック


by abekasu_ny | 2019-01-22 03:56 | お知らせ | Comments(0)

【記事書きました】セレブにも愛された名店がなぜ? 老舗が次々に閉店に追い込まれ「ニューヨークらしさ」がなくなっていく

ニューヨーカーに昔から愛され続けてきた名店がまた一つ、クローズしました。

いつも行く店ではないけど、どこかに行ったついでに必ず寄るお店(私の場合は、スノボ帰りに)。
ミシュランに掲載されるほどではないけど、ここのご飯を食べるとホッとする店。

それがユニオンスクエアにある「Coffee Shop」でした。






2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


by abekasu_ny | 2018-10-18 01:38 | お知らせ | Comments(0)

NY&ブルックリンツアー 日々さまざまな方が訪れてくださいます


早くも10月ですね。

10月はハロウィン、11月は感謝祭、12月はクリスマスと立て続けにイベントが控え
毎年この時期になると、「あぁ今年ももうすぐ終わるなぁ」という気持ちになってしまいます。。。

さて、今年は7月に4年ぶりに日本に帰国し
東京の紀伊国屋新宿本店さんと、福岡の蔦屋書店六本松さんでトークショーをさせていただき、
また関連イベントとして、KNOCK六本木さんという素敵なイタリアンレストランでゲスト参加
さらに福岡のコードスタイルさんというリノベ会社でも、クリエイティブなテーマでイベントをさせていただきました。

あれから早くも数ヶ月が経ちましたが、カタチになってます。

早速イベントで出会った方が
実際にニューヨークやブルックリンに遊びに来てくださっています。

私が最近行なったブルックリンツアーの事例を、いくつかご紹介したいと思います。

◉福岡の蔦屋書店に来てくださったご夫婦のBKツアー

長崎でお医者さんをされているご夫婦の今回のニューヨーク旅行の目的は、奥様が大ファンの平井堅さんのライブ。

ニューヨーク行きが決まっている中、たまたま私のトークショーのことを知って
わざわざ長崎から福岡までお二人でトークショーに来てくださったようです。

...というのは、私はそのトークショーでは、お二人とお話する機会がなく、
ニューヨークでお会いして、初めて「トークショーであの辺に座っていた方」とあとで知りました。

お二人はニューヨークが初めてなので、
ブルックリンの自然派のコスメショップや、NY1サンドイッチが美味しいお店、私が大好きなカフェなどにご案内しました。

f0063659_08540454.jpg
f0063659_08533505.jpg

◉東京の紀伊國屋書店に来てくださった方のBK食い倒れツアー


東京のトークイベントで、1番前に座って、終始ずっと笑顔で聞いてくださった方(男性)がいました。
(話し手として、あの笑顔はすごく安心します)

トークが終わって、サイン会を行なったのですが、その最前列の笑顔の方が
フード関連の事業をされていて、近々ニューヨークに視察に行きたいと、いうことで名刺交換をしました。

その方が、フードの研究を大阪でされている先生と一緒に、9月に本当にニューヨークに来てくださいました!

ニューヨークは初めてということで、ブルックリンを私と重点的に見られたいということでした。
特に食とドリンクの博物館「MOFAD」や、ニューヨークでここ数年増殖しているフードホール、そして今年オープンしたwhole foods365(アニマルウェルフェアコーナーやベジバーガーのNext Level Burgerなど)が特に気に入られたようでした。

そして、あまり観光の時間がなく
「自由の女神と屋上の景色が一緒に見られるスポットはないですか?」と聞かれ、

考える、、、考える、、、

あーーーーあった!!!

私の本でも紹介している、ホテルの屋上バーです。

友人のジャズライブに行く前に、
素晴らしい夕日を眺めながらそちらで甘いカクテルいただきました。

f0063659_09170959.jpg

◉千葉の建築&リノベ会社のインテリア視察ツアー


社長さんとスタッフさん3人でいらっしゃいました。
この方々は、ニューヨークに来られるということで、もともと私の本を本屋さんでご購入されていたそうです。
それで別口から私へ視察ツアーの依頼をされ、「もしかして私が購入した本の著者?!」となったそうです。

スバラシイ出会いですねーーー

みなさんのご希望で、ブルックリン中のインテリアショップを視察しました。

私が本で紹介したReduというアップサイクルを実践している会社にも興味を持ってくださり、
オーナーにアポ入れると快くOKをくださって、視察が実現しました。

(この日は猛暑で、工房を訪れると、イケメン職人がみんな上半身裸という笑)

f0063659_09293962.jpg
f0063659_09295403.jpg

リノベに必要な部品も調達。
(アメリカでは日本では見ないものが売られているんだとか)
「あなたたち、これビジネスよね?」とレジの人にも呆れられる数...
ハイ、いわゆる爆買いです笑

最近は、パーティーなどで出会う方で、ブルックリンの本を購入されたとおっしゃる方に、「どの本を購入されたのですか?」とお聞きすると、私の本だったりしてうれしいことも多いです。また、取材先から「本見た読者来たよ〜」とうれしい報告を直接、もしくはSNSでいただいたりもしますー。
f0063659_09371978.png
f0063659_09462476.jpg

ブルックリン&ニューヨークツアー。みなさんの目的やご希望に応じて、100人いれば100通りのアレンジしています。
ご興味あれば、気軽にお知らせください♪



2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


by abekasu_ny | 2018-10-09 10:23 | お知らせ | Comments(0)

メディア掲載実績(記録用):ガイド本『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ』

ガイドブック『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ』はありがたいことにさまざまなメディアに注目され、掲載していただいています。忘れないように掲載されてきたものを、記録としてここで残しておきます。


【テレビで私が撮影した写真が使用されました】

f0063659_01145326.jpg

日本テレビ「有吉ゼミ」2018.06 & 08



【書評】
f0063659_02252439.png


クリエイティブ×ビジネスがテーマのウェブマガジン

「世界最先端のクリエイティブ地区・ブルックリンを引き寄せる」by 映画監督の神保慶政さん



(三栄書房)2018年6月号


「今すぐ行けなくても眺めているだけでワクワクするスポットが満載」by Men's Fudge


【コラボ記事】
f0063659_02253074.png


ラグジュアリーマガジン『Precious.jp(プレシャス)』
(小学館)2018年4月


NY生活のバイブル的マガジン『NY便利帳
2018年4月


【読者プレゼント】

CCC Media House Co.,Ltd.)2018年3月


そのほかの情報はこちら ↓



2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


by abekasu_ny | 2018-09-05 01:17 | お知らせ | Comments(0)

出版記念イベント@福岡、終了しました!「NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ」(2)


f0063659_09565501.jpg

つづきまして(忘れないうちに)地元福岡で行ったトークイベントのご報告です。

福岡の会場は、近年再開発されて人々の注目が集まる六本松の蔦屋書店。
「福岡はどこでしたいかな〜?」と考えたときに、ずっと数年間記事を書き続けた蔦屋書店さんがまず頭に浮かんだので、
ここでできたのは本当にうれしかったです。

蔦屋書店さんに「NYのクリエイティブ地区ブルックリンを、安部かすみと旅する1時間」という素敵なタイトルをつけていただいて、同書店の旅のコンシェルジュであり、いろんな国をこれまで旅している森卓也さんと、ブルックリンの魅力や取材こぼれ話などをさせていただきました。

f0063659_09571501.jpg
f0063659_09565461.jpg
会場に到着すると、私の本が陳列されていました!

f0063659_09394074.jpg

この日もたくさんの方に来ていただけたらいいなと思っていましたが、定員30名に対して35名弱(+立ち見)の方に来ていただきました。
終始、笑顔で聞いてくださった方もいたり、壁画プロジェクトなどについてのご質問をいただいたり、うれしかったです。

f0063659_09561876.jpg
元同僚でライター仲間の友人のお子さんと初対面!
明日からヨーロッパ旅行に行くため、イベント前に楽屋に立ち寄ってくれました。
f0063659_05411087.jpg
本もたくさんの方に買っていただきました。

f0063659_09395135.jpg

その1週間後には、ブルックリンをはじめとする外国風の素敵なリノベートを多く手がける、Code Styleでもイベントをさせていただきました。
同社の専務取締役、徳永昌弘さんと、クリエーティブな視点で、ブルックリンをご紹介しました。
聞き手は、以前一緒に働いていた会社の先輩で、現在MADE IN...の編集長をしている伊藤尚子さん。

Code Styleでは月1で、お店をバー形態にしていて、
この日はちょうどそのバー形態の日でした。
みんなとお酒を飲みながら、カジュアルな感じでできたのがよかったです。

福岡は今の私のベースを作ってくれた街です。
情報誌の出版社で7年働き、編集者として社会人として軸を教えてもらった出版社の元OBが
イベントにたくさん来てくれて、
その後の打ち上げも、元OBの会になって、、、
私の青春そのものの会社だったので、ほんとうれしかったです。

みんなと飲むと、若いころの気持ちに戻ってリセットできるんだけど、
昨日までみんなと一緒に働いてきたような気持ちになります。
今は古巣を旅立ってそれぞれ活躍しているんだけど
がんばっている戦友に会えて、刺激をたくさんもらいました。

地元LOVE♡


2018年3月全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


by abekasu_ny | 2018-08-26 05:53 | お知らせ | Comments(0)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る