Sumi アーティストとの出会い(2)

(前回からのつづき)

そして中村小慶さんは、7月に東京で開催した「人展」の作品を見せてくれた。
いずれニューヨークでも同じようなプロジェクトをやりたいのだと言う。

これはその一部。(説明文は慶さんの資料から抜粋)

「生きる」~人の生きるパワーは、天をも突き抜ける。
そのパワーは誰もが持っている。
f0063659_6483338.jpg 「育む~hug」
母が子を抱く腕、あなたに逢えてうれしい。
f0063659_6484778.jpg
「こころ」
片方があなた、もう片方が私。向き合ったからこそ生まれた心。
逢えてうれしい、あなたに逢いたい。
f0063659_6493136.jpg「人」
私たちは言葉を越えて、ハグしあえる可能性を持つ。
f0063659_6505572.jpg
「バランス」
善悪、白黒、勝負など、世の中2面だけではなく、
そんなことでは割り切れないことがある。
f0063659_6511498.jpg 「愛」
愛情は波動を生み伝わる。
f0063659_6513048.jpg
「Faith is to see flowers in every seed」
その波動は強く、あたたかく人に生きる力を与える。
花びらが咲くと信じる。信じることはミラクルをも生む。
f0063659_6514482.jpg
作品を見ながら、自分の今の悩みと照らし合わせてみる。
「今の悩みなんて、自分の考え方次第!」。
慶さんに渦巻くポジティブパワーは、私にそんなことを気づかせてくれた。

「次にニューヨークに来るときは必ず連絡するから」。
再会を約束しながら、慶さんはまたぎゅ~っと私は抱きしめてくれた。

※下の写真、モルガンスタンレー子ども病院の子どもが書いた墨アートは、
「人」という文字でした!



[北米 人気ブログランキング]

Commented by rarara-121 at 2006-12-03 07:57
すごい!習字や墨絵でもなくSumiなんだね。Cool!!
全部の作品に慶さんの思いが伝わってくる。「こころ」はまさにドンピシャ。
ハグの話も分かるような気がします。どの国でも子供頃はみんな親にハグされて育ってきたけど、日本人の場合は大人になってしまうと不思議としなくなりますね。
ハグを躊躇わない、愛を全面に打ち出した作品に私もパワーをもらえました。ありがとう。

そうそう、チャイニーズの靴修理屋さんはブログに載せておきました〜。
Commented by abekasu_ny at 2006-12-03 14:19
rararaちゃん
慶さんの作品て絶対ニューヨークでイケると思うんだよね。ずいぶん前から日本文化ブームだし。彼女の個展が早く決まればいいなぁ。
靴修理は、今度ある媒体で特集するのでありがたいです。参考にさせていただきます!
Commented by poo at 2006-12-04 02:07 x
墨アートなんてあるんですね!
私は小学校の時から今まで、ずっと書道を習っています。
今月から書道を教えられる免許を取得するため、準備中ですが、
NYでも書道教室ってあるんですか?
書道のをアートにできることに、びっくりです!
私もアーティストになれますかね・・・?(笑)
Commented by abekasu_ny at 2006-12-05 12:50
私も小学校のときは書道を習っていましたが、なかなか何十年も続けるっていうのは難しいもの。書道の免許をとられるんですね。NYでは、そういう日本の文化を知っておくと強みになると思いますよ。NYに書道教室があるのかどうかはわかりませんが、作ってしまうのも一つの案ですよね。
Commented by 中村 慶 at 2006-12-15 23:58 x
みなさんに会いにNYに春が来た頃参ります。
ハグでご挨拶いたします。
お楽しみに !!
Commented by abekasu at 2006-12-21 11:01 x
まずは、東京でお会いできそうですね!see u soon!!
by abekasu_ny | 2006-12-02 13:14 | 出会いと別れ | Comments(6)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る