ギャラリー訪問の旅~アポ取り作戦開始

ちょっとしたご縁で、日本在住の、ある写真家のお手伝いをすることになった。
来年還暦を迎えるにあたり、ぜひニューヨークで初個展をなさりたいらしい。
でも英語が話せず、ニューヨークのギャラリー事情もよくわからないということで
プラン実現に向けてのコーディネイトというのが、私に課せられた役割です。

といっても実は私、ギャラリー巡りはたまーにする程度で
アート事情に特別詳しいっていうわけでもない。
いや、ぜんぜん知らないといった方が正直だろう。

ただ、新作のコンセプトや、還暦イベントへの意気込みに強く共感したので
二つ返事で(ほぼ勢いで)「協力しますよ!」と引き受けたのでした。

ということで、まずはギャラリーへのコンタクトを開始!!

アートの盛んなニューヨークでは、ギャラリーも山のようにある。
どこがどんなギャラリーで、大きさはどうなのかとか全然わからない。
そこで、まずはガイドブックに載っているような超メジャー級のギャラリーに
電話をかけてみることからはじめのです。

しかし、


見事に


撃沈でした。。。。

「再来年まで既にスケジュールが決まっている」
「新規アーティストは開拓していない」
「個展は一切受け付けてない」


などと、門前払い。
アポが取れないばかりか、
会う以前に、作品を見てもくれないではないか!!

メジャー級のギャラリーっていうのは、どこも敷居がお高いっスね!!!(当たり前?!)

電話をかけたら気軽に会ってくれるものと(根拠もなく)思い込んでいた私は、
いきなり出はなをくじかれたようです。

でもでも、とにかくアプローチし続けるしかないんです。
だって、来週にはその写真家が、下見がてらニューヨークにいらっしゃる。
「すいませんどこも敷居が高くて、一つもアポ取れてません」なんて、
請け負った以上、そんな恥ずかしい言い訳できませんから!!

(つづく)


[北米 人気ブログランキング]
Commented at 2006-09-16 08:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-09-17 04:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abekasu_ny at 2006-09-18 05:23

はい!
わざわざ、ありがとうございます。
お時間があるときにでも、どうぞよろしくお願いします。
by abekasu_ny | 2006-09-16 06:13 | 視察&研修のお手伝い | Comments(3)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る