アメリカ領のプエルトリコ旅

f0063659_11534333.jpg
f0063659_11534831.jpg
f0063659_11533543.jpg

アメリカの領土プエルトリコ。
米本土からパスポート不要で行けるとあり、大人気のリゾート地です。

とても美しく、すばらしい島でした。

ずっと行きたかったところで、ブルックリンの友人から誘われ、昨年突然チャンスが訪れました(2017年夏のことです 汗)。

旅の目的は、友人がプエルトリコに不動産を購入するための下見。私は運転手要因として。

そのかわりに、友人と一緒にお兄さんの家に泊めていただき、いろんな観光地にも連れて行ってもらいました(運転は私ですが)。

プエルトリコはスペイン語圏とはいえアメリカ領なので、WIFIなどは普通に拾えるものだと安易に考え、ろくな下調べもせずに行きました。ガイドブックもなし。(友人は一足早く到着していたので、お兄さんの家で合流する予定で)

到着してから、いろんなことがアメリカ本土と違うということがわかり 汗
友人とうまく会えなかったり、道に迷ってちょっと貧困街に入ってしまったり。。。ちょっとしたトラブルが...。

予定をかなりオーバーして、なんとか無事に友人のお兄さんのご自宅(島の南東部Humacao)に到着し、友人とも会えた。

翌日は念願の海へ。

私は、故郷が福岡の海沿いで、子供のころは海水浴によく連れて行ってもらっていたのですが、20代になってあまりビーチに興味がなくなり、これまで遠ざかっていたのです。それがなぜか40代に突入して、突然ビーチパーソンに戻ってしまいました。

色白が必ずしも美人とはされないアメリカ生活が長いので、多少の日焼けもそんなに怖くないのです。(20代のころは日焼けサロンにも行ったっけ 汗)

そんなだから、ニューヨークの庶民派ビーチ、コニーアイランドではなく、綺麗なビーチでいつか泳いでみたいと思っていたので、この日ついに夢が叶いました!


f0063659_11575494.jpg
f0063659_11543416.jpg
Luquillo Beach
f0063659_11563287.jpg
f0063659_11543445.jpg
f0063659_11543485.jpg
f0063659_12555476.jpg
「そこで魚取れたよ」と、地元の方。
こういう「手づかみ」、サイコーです!


すごく綺麗なのに全然混んでいなくて、秘境のビーチ知っているとはさすが、友人!

海水は塩度が高いのでしょう。体がふわ〜って浮きやすく

しばらく仰向けでじーっと浮いていたら.....

懐かしい感じ〜。

外界の音がほんど聞こえない。とってもとっても平和。

これなんだろう?

「あー、海ってお母さんのお腹の中なんだ〜」って思いました。

f0063659_12555428.jpg
浮かんでほぼ瞑想状態の私。知らない間に撮られていた。


f0063659_11542088.jpg
f0063659_11543581.jpg
f0063659_11543588.jpg
f0063659_11543424.jpg
南国の植物がたくさん。

f0063659_11563856.jpg
お兄さん家の近所にある、プエルトリコ版スポーツバー。
こう見えても、この街一番の人気店なんですよ。
アジア人特権でサービスもよく、ここは滞在中2度ほど通いました。


f0063659_11570971.jpg
f0063659_11570979.jpg
フレンドリーな、バーテンダーと地元のお客さん。

このエリアでアジア人は珍しいようで、しばらくバーにいたら30代くらいの女性客が寄ってきて、「アジア人を初めて見た。一緒に撮影してほしい」と言われました笑。友人に「You are admired!」(賞賛されてる 笑)っていじられました。

アメリカ領と言えども、田舎の方に行くとまだこんな感じなんですね。

f0063659_11542115.jpg
El Yunque National Forest(国有林、エルユンケ)。ここにすごーくよい滝があるので、連れて行ってもらったんです(私、滝好きでもあるのです)。でも人気すぎて、すごい人込みでしたー。
f0063659_11542113.jpg
f0063659_11570907.jpg
f0063659_11570951.jpg
滝に行く途中、何度か見かけた野生の犬。集団行動していました。

f0063659_11542131.jpg

最終日はお兄さんにお別れをして、2人でSan Juan(サンホワン)に移動し、街中でショッピング→ 空港近くのホテル滞在。

f0063659_11542135.jpg
f0063659_11542170.jpg
f0063659_12555505.jpg
f0063659_12555545.jpg
ホテルのプール。
海をさんざん満喫したので、人工的なプールは味気なく感じた、のはしょうがないですね。





1年以上前の旅行なので、忘れたこともありますが、ほんとよい旅でした。

夜になると住宅街では、南国特有の虫?コキ(小さいカエル)?の、自然の音が一晩中するんです。
かなり癒されますー。

人もおっとりした人が多くて、素朴。

街中は、みんな普通に英語が流暢に話せて、かなりアメリカナイズしていました。

プエルトリコとドミニカのハーフである友人曰く、
「プエルトリコ人は、物事を気にしない。嫌なことあってもすぐ忘れる。
ドミニカはちゃんとしているけど、物事を気にする」みたいなこと言ってました。

見た目が少し違うのは、ニューヨーク生活長いからなんとなく判別つくけど
気質も違うというのは知らなかった(日本人と中国人と韓国人が違うようなものですかね)


プエルトリコは、また行きたいです。
というかこの旅ではっきりわかったこと。

私はやっぱり島とかビーチが好き。
老後は島だなー。
どの島がいいかなー??


P.S. 帰りの飛行機も1人でしたが、
本土行きということで、乗る前に皆入念にチェックされていたのですが
私はチケット見せると「あなたはラッキーね」と言って、その入念チェックの列をスキップできました。
あとで別のスタッフに、なぜ私がスキップできたのか聞いたら
「例えば、頻繁に飛行機に乗る人などは、スキップできることがある」っていう説明だったけど、
私4年も日本に帰れていないし、今回久しぶりに飛行機乗ったのよね。

結構いい加減なんですね?!(苦笑)




2018年3月全国発売





by abekasu_ny | 2018-12-10 08:55 | 旅の想ひ出 | Comments(0)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る