NYで出会った古くからの友人と久しぶりの再会

ブルックリンの近所歩いていたら、こんな綺麗なストゥープがありました。
花びらが一面に散っていて、まるでウェディング会場のよう。
踏まれた形跡がないので、このブラウンストーンはおそらく空き家なのでしょう。

f0063659_00155406.png

さて、先日NYで出会い、10年?15年前?から知っている友人と再会しました。
彼女は、5年ほど前に、仕事の関係で、半年の予定で東京に行くことになったのだけれど、
東京での人生が思わぬ方向にいろいろと動いていって、結局こちらに帰ってきませんでした。
(日本は日本人にとって住みやすい国なので、「また帰ってくるね」と言って帰ってこないことはよくある話です)

友人は東京でしばらく働いた後、アジアにある某国の島にある支社に赴任を命じられました。
NY-東京-アジアの島、と数年の間にすごい展開です!
私は、人生でそのような島に住む機会はそう多くないだろうから、応援していました。
彼女が投稿するインスタグラムから、パラダイスのような青い海や空の景色に癒されていました。

そうしたら今度はそこのオフィスを閉めて、支社があるフランスでしばらく働くことになって
島から今度は一転、彼女のインスタグラムはおしゃれな景色が広がるように!

フランスでの赴任も終わり、
東京に戻るついでに今回ニューヨークに寄ってくれたのです。

久方ぶりの友人との再会。ブルックリンのドイツ系レストラン、Black Forestで
1Lジョッキで乾杯♫
f0063659_00134390.png
なかなか大きさが写真ではわかりづらいですが、メトロカードとの比較で少しは伝わるでしょうか?


この飲んでも飲んでもなかなか減らないビールを飲みながら、
お互い会わなかった日々を埋め合わせするように、話が止まらない!

あまり詳細は書けないのですが、彼女は翻訳で本も出版したり
これから戻る東京で「さらにすごいこと」をすることが決まっています。

いつでも一生懸命やってる人は、NYとか島とか関係なく、新天地でどんどん花開いていきますね。
今置かれている場所で、全力を出し切ることが大切なのだと改めて思いました。

友人からとても刺激を受けた夜でした。



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
by abekasu_ny | 2018-05-01 12:35 | 日々のつぶやき | Comments(0)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe