2018春 ブルックリンの素敵すぎるホテル :Wythe Hotel(ワイスホテル)

f0063659_10313190.png

前回のつづき)東京のホテル会社のご依頼で、ブルックリンとマンハッタンのホテル視察を行いました。


Wythe Hotel



ウィリアムズバーグという街の顔、ワイスホテルの視察もしました。

1901年に建てられ、製糖所に納める木樽を製造していた元工場ビル。
リノベートしホテルとして生まれ変わったのが2012年のこと。

とにかくクリエイティブなホテルで
天井は、工場時代の床の板がそのまま使われています!(なんと)

このホテルが誕生したことで、ウィリアムズバーグの人々の流れがより北へ北へと向かったのです。
(北部エリア、グリーンポイント地区の発展につながっている)

ここでも、ぜひ屋上バーに行ってみてください。
(冬場は外スペースはクローズなので夏がおすすめ)

ただ視察的には、オフシーズンの冬が良いと思いました。
見せてもらえる部屋数も、ハイシーズンに比べて多かったです。

ワイスホテルについては、これまで何度かお部屋を見る機会がありした。

今回見せてもらったのは、スタンダードキング、コーナースィート、スィート、ロフトルームの4種類。

f0063659_10404287.png
マンハッタンビューが見えるお部屋。

f0063659_10403077.png
隣の壁画が見えるお部屋。


中でも印象的だったのは、このロフトルームです。
f0063659_10404875.png
f0063659_10403749.png

このお部屋は、中に階段がついて上階と連結しているんです。

角部屋で、マンハッタンビューも目の前に広がっていて、
今まで見たワイスホテルのお部屋で一番好きかも。
(お部屋に入った瞬間の感動は、写真や映像ではなかなか再現が難しい〜)

上階は(写真を撮り忘れましたが)、かなり広いベランダスペースになっていました。
パーティーができそうですが、規定で2名しか入れないそうです。

1階のレストラン、Reynardでお昼を食べました。
f0063659_10402328.png
f0063659_10405468.png

この日食べたハンバーガーは、かぶりつくたびに、肉汁がタラタラと指を伝って滴り落ち、激ウマ。
(ホースラディッシュ=西洋ワサビが塗られていて、今まで食べたことのないようなお味でした)

通常山盛りのフレンチフライがつくんだけど
ここのは、健康的な山盛りのサラダ。

かなり大きなバーガーだったんだけど、
おいしくて完食。
視察企業さんもびっくり(笑)


[PR]
Commented by banban0501 at 2018-03-06 12:31
本の出版という大仕事もおわり
ブログ ニューヨーク直行便のスタイルが
もどりましたね

これからも どんどん 発信してくださいね!!
Commented at 2018-03-06 12:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abekasu_ny at 2018-03-07 08:20
banbanさん、いつもありがとうございます〜。
できる範囲内で、レポート続けていきたいです。
Commented by abekasu_ny at 2018-03-07 08:21
非公開コメントさま

そうなんですね!日本人(クリエイティブ系の方)にもだいぶん人気のようです〜
by abekasu_ny | 2018-03-06 08:00 | 視察&研修のお手伝い | Comments(4)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe