ただいま、2007年度版NYガイドブック制作中につき…

f0063659_827964.jpg


夏場はガイドブックの制作が入り、1年の中でも一番忙しい時期。
しかも今年は猛暑なので、取材はなかなかたいへんなものがあります(汗)。

とは言っても、日本から請け負う仕事っていうのは、正直ラクな面も多いんですけどね。

なぜか…。

取材費の予算に、余裕があるからです!

つまり、私たちライターは、
プロのカメラマンと取材に行ける♪ということ。
f0063659_8272111.jpgf0063659_8273353.jpg


実はこれ、日本ではほぼ普通のことだと思っていました(過去形)。
つまり取材というのは、プロのカメラマンが撮影し、
話はプロのライターが聞くという、効率のよい分業制。

しかし何かと予算の限られている、在NY日系の出版業界、IT業界。
編集側からのスタンスは「ついでに撮ってきてください」っていう感じです。

ということで、NYベースの仕事は、私がカメラマンとライターの
一人二役をすることがヒジョ~に多いの、です。

私はプロとして写真をきちんと勉強してきたわけではないので、
日本でのカメラマンとの仕事を思い出しながら、
撮影に望むことになります。
言うまでも泣く、かなりのプレッシャーです。
(といっても、オドオドしていると、プロでないということが店側にバレるので
あくまでもプロ気取りで撮っているが(笑))

これがフィルム時代であれば、管財費がかさんでたいへんなことになっているのでしょうが
今は便利なデジタルの時代。
撮った写真もその場で確認できるし、
照明が足りずに暗く写った場合でも、PC上で加工をすることもできる!

↓これまでに私が撮った、お店の一部。
f0063659_13302775.jpgf0063659_1405127.jpg


そして、プロの方と取材に行く際には、ここぞとばかりにいろいろと学ばせてもらっております。
アベカス、日々勉強です。

[北米 人気ブログランキング]
Commented by lisa at 2006-07-31 12:35 x
ええ???写真もライターさんが撮っちゃうんだぁ~~~Σ(゚ロ゚;)

ドレス綺麗だわぁ~~~♥
Commented by アベカス at 2006-08-01 23:33 x
そうなのです!!ちなみに私が以前作っていた情報誌も、10年前のモノクロ時代は、編集者が写真も普通に撮っていたので、ありがたいことにその経験が今活かされています。

NYではその逆(カメラマンが文章書いたり、エディティングしたり)も多いようです。NYでは、何でもできないと仕事がこないので、だんだんと専門ジャンルの垣根がなくなっていくんだなぁ…。
それがヤなら一握りの一流にならんといけんのだなぁ…。。(遠い目)
Commented by ななえ at 2006-08-03 22:44 x
かすみちゃん、お仕事大変そうですね。でもガイドブックの制作って面白そう!
そのガイドブック日本でも売られたりするのかな?
Commented by アベカス at 2006-08-04 00:14 x
ななえちゃん!ようこそ。

ガイドブックの制作、お店やレストランの人に会っていろいろと話を聞いたり、舞台の裏側を見られたりするのはとても楽しいです。
ガイドブック、日本で今秋に発売予定ですよ。
Commented by EMKB at 2006-08-04 05:06
はじめまして。vinoといいます。これが始めての投稿ですが、いつもブログ楽しく読ませていただいています。ライターの人がカメラマンまでかけもちとは知りませんでした。このお店はノリータあたりでしょうか?またお邪魔します。
Commented by アベカス at 2006-08-08 04:31 x
こんにちはvinoさん。メッセージ、ありがとうございます。
日本ベースの雑誌のお仕事になると、ライターとカメラマン、そのほかにコーディネイターなど分業なのですが、そこらへんの分野でバリバリやられている方はニューヨーク歴が10年以上と、滞在期間が長くて、コネクションの広い方ばかりですね。私にはもう少しニューヨークでの経験やコネクションが必要です。がんばります!!

ここで載せたお店ですが、カメラマンがモデルさんを撮っているのはミートパッキングディストリクトにあるショップですが、私が撮影した店内写真2つは、ロウワーイーストサイドのお店です。ノリータにも、こんなかわいらしいお店が、どんどん増え続けていますよね。
by abekasu_ny | 2006-07-31 01:44 | その他の仕事バナシ | Comments(6)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る