人気ブログランキング |

NYってぇのは、修行の場なんだな~。

f0063659_12222261.jpg
ニューヨークってぇのは、無限に楽しさが広がる街だけど、
同時に孤独な街でもあると思う。
出会いが多い分、別れも多い。
ニューヨークに4年も住んでいると、国籍問わずたくさんの知り合いが増える。
コロンビア人、韓国人、トルコ人、タイ人…そして日本人。
しかし、そのほとんどはもうここにはいない。半分以上は2~3年で帰国する。

昨夜はある日本人一家に食事に誘っていただいた。彼女たちともこれで暫くのお別れだ。




そのご一家との出会いは、私がまだ学生だった3年前。
某TV局からNY支局長として駐在が決まったMさんは、当時8歳だったお嬢さんを連れてニューヨークにやってきた。私は知り合いを通して、その8歳の子の面倒をみる(いわゆるシッター)として、週に1~2度お邪魔するようになった。

そのうち、そちらのお婆ちゃんも日本からヘルプにやってきて、私もフリーランスとしてスタートすることになったので、シッターは1年ぐらいで終わったけど、Mさんとはなぜか気が合い、私のビザが取れたときにお祝いと称して飲みに連れて行ってくれたり、いろんな素敵な方々を紹介してくださったりと、お付き合いは続いていた。

お互い飲むことが好きっていうのもあるんだろうけど、よくよく考えるとこの出会いも不思議だ。だって女性で、海外支局長ですよ。年代も出身もキャリアも全然私とは違うし、すごい役職の超エリート&キャリアウーマン、本来なら私なんて足元にも及ばない方なんですよ。でもジョークを飛ばしながらお酒を飲むMさんは、お茶目な一面も覗かせるかわいらしい女性でもあった。そしてずいぶんと博識で、私の知らないことたくさん知ってて、いつも彼女のお話を聞くたびに自分の勉強不足を反省するのでした。

私は社会人をやった福岡でもたくさんの素敵な上司や後輩に恵まれたけれど、ニューヨークに来てよかったと思えることの1つは、あのまま福岡にいたら出会わなかっただろう人々との出会い。Mさんに関してもまさにそうなんです。

以前彼女が言ったことで忘れられないのは、
「私たち、戦友だよね」って言葉。
それを聞いて妙に納得した。

あんまり共通点がなくてもなぜか惹かれあうのは、やっぱりお互いが遠い異国で日々戦っている者同士だからなんだよなぁ。

「ここでの生活は修行ぢゃ~、がんばれ!!」
Mさんはそう言ってくれた。

海外、とくにこんな大都会での生活は楽しいこともある分、たいへんなことも多いけど、修行なんだと思えば、少しは気が楽になる。永遠に続く苦しみはないし、苦あれば楽ありで、ひたすらがんばってやり続ければ、いずれ道は開けてくるのだろう。

これからどこに行きどんな活動をしようとも、数年後再会したときに、同じ戦地で戦ってきた者同士、またおいしく杯をかわせるだろうと確信している。
それが勝利の杯になるようにがんばらなきゃ。

【冒頭の写真】
セレブもお忍びでくるというチェルシーにある「Matsuri」という日本のネオ居酒屋風レストラン。

11歳に成長したお嬢さんや彼女の英語のチューターとも、2年ぶりの再会を果たした!
その子の英語力がネイティブ並みに上達しているのには驚きでした。子供の適応力っていうのはすげえや。

[北米 人気ブログランキング]
by abekasu_ny | 2006-07-11 01:05 | 出会いと別れ | Comments(0)

日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話まで。在NY17年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る