私の愛したニューヨーク(6)~Back to 1990~

あれは確か、五番街沿いのマクドナルド。
(たしか20~35丁目あたり。今でもあるのかは不明)

当時の私が、一人でレストランなんて絶対行けるはずもなく、
マクドナルドに一人で行くのが、関の山。

ちょうど昼時のマックだった。
私が頼んだのは、セットメニュー。
しかし、出てきたのは、セットメニュー+コーラもういっちょ!
オーダーしたつもりはまったくなかったが、なぜか手元には、コーラの大と小が2つもあった。
かといって、クレームをつける会話術も知らないので、
しょうがなく、2つのコーラの乗ったトレーを2階まで運んだ。

その店は、吹き抜けで2階席から1階が見えるつくり。
そのときの私は、歩き疲れでくたくただった。

「あ~疲れた」と、トレーをテーブルに置く。


…と。
?!?!???????!!!?????!?
ギャ~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!




その中の一つのコーラがバランスを崩して倒れ、
コーラがどぼどぼと、吹き抜けから1階へ!


ヤバイ!!!!!!!!!!!!!!


その一連の出来事は、19年たった今でも、鮮明に覚えている。
しかも、その瞬間は、なぜかスローモーション(笑)。



焦って1階を見下ろすと、いかつそ~な黒人カップルが座っていて、
彼らの頭に私のコーラがかかったみたい!!!

あわわ!!!!


当然そのカップルは、「何事だ?」と言わんばかりに
頭にかかったコーラを拭きながら、眉間にシワを寄せ私の方を睨み付けてきた。

「殺される!」
と、直感で感じた。


当時の私は、黒人と言えば、すべての人がギャングに見えて怖かった。

しかし、
彼らと目が合った瞬間、私の頭にある教えがよぎった。

それは、渡米前に読んだアメリカ文化の本。

「アメリカでは、事故などの時に謝ってはならない。
なぜなら、謝ると責任を認めたことになるから」

数少ない使える英語、「アイムソーリー」とも言えず
かと言って、気の効いたとっさの一言が英語ででるはずもなく。

私は、ジッと2階から下を見つめたままだった。

そしたら、
そのカップルはどうしたと思います?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ?

私のこと、「頭がイカれたヤツ」だと思ったみたいで、
何も言わず、またモクモクと2人で、バーガーを食らいつきはじめたのだ(爆)!!!

やれやれ、とホッと腕をなで下ろす私。
席について、私もバーガーを食らいつく。

マックのスタッフは1階から、モップを持って私のところまで来て
びちゃびちゃになった私のテーブルの床を吹きながら
「やれやれ」と言った表情で、肩をすくめた。
(つづく)

【~back to 1990~<余談>】



Black、1990年といえば、ちょうどこの頃でっせ~。
なつかし~な。

※いただいたコメントは反映まで、しばらく時間がかかることがあります。
スパム対策です。予めご了承ください。



[北米 人気ブログランキング]

[PR]
by abekasu_ny | 2009-08-17 01:48 | NYとアメリカ人 | Comments(0)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe