朝青龍を見て思うこと

たまたま日本のヤフーニュース見たら
「朝青龍ガッツポーズ問題」が1面に出てた。
こういう話題が1面飾るっていうのは、日本が平和ってことの象徴ですね!

ま、それは置いておいて、私が気になったのは
優勝してガッツポーズをしたのが品格がないとかって話らしいけど、
何が悪いのでしょうかね。
もっとも素直な、人間らしい喜びをストレートに出したまでのことで、
私は微笑ましく思うんですが。
伝統の世界で頂点立ってる人は、ガッツポーズも規制されるなんて、
そんなバカなー!!! 時代は21世紀でっせ。
伝統を守ることはもちろん大切だし、朝青龍の普段の言動にも問題がはあるんだろうけど
念願の復活優勝時ぐらいいいじゃない、土俵場でバカ騒ぎしたわけじゃないんだからさ、相撲協会さん?!

つーか、朝青龍にしても、麻生首相にしても、
彼らに対するバッシングって
はっきり言って、陰険なイジメの域に入っていると思います。

麻生さんにしても、フォーカスすべきは彼の政治ポリシーであって、
日本語を読み間違えたなんて、どーでもいい話。

それを、「教養が足りない」とか、「ガッツポーズなんてはしたない」うんぬん…と、
逐一揚げ足取るっていうのは、どーなんでしょうね?

表舞台に立っている人が一挙手一投足、揚げ足取られ、公の場で叩かれる。
これをなくさない限り、日本で蔓延している子供同士の陰険なイジメもなくならないのでは?と感じさせられました。


※スパムメール対策として、
コメントをいただく際のお名前は、「日本語」もしくは「全角英数字」のみの表記で
お願い致します。(exciteブログをお持ちの方は、半角英数字でも大丈夫です)



[北米 人気ブログランキング]

[PR]
Commented by carry at 2009-02-01 11:37 x
相撲でガッツポーズをしなかったり、勝ってもその場で喜びを顔に出さないのは、それが美徳とされているかららしいです。相撲は古いスポーツだから、昔の日本というものが反映されているんだと思います。とても日本らしいです。
だから、喜ぶことそのものに問題があるのではなく、”相撲”という世界ではするべきことではないんでしょうね。
子どものころに、喜んでいないお相撲さんを見て不思議に思い母に聞いたら、そう教わりました。
まぁ、どうでもいいですが。。。麻生さんのことも含めて、日本人はなぜ、一つの大切な問題にきちんとフォーカスできないのでしょう??
オバマ大統領が世間を賑わせている今、どうしても政治の仕組みなどを比べてしまいます。*sigh*
Commented by abekasu_ny at 2009-02-02 02:02
carryさん

お返事ありがとうございます!
私も大学時代は必ず九州場所や地方巡業に行くほど、相撲が大好きで
その美徳も知っていたはずなんですが、
昨日の「ガッツポーズ問題」の見出しがどうしても気になり、ほとんど勢いで記事をポストしてしまいました。
carryさんのコメントでほとんど忘れていた相撲界の美徳を思い出しましたが、同時に、
「私って、ちょっとアメリカ脳になってるー?!」と自分自身が、プチショックです!!! 昭和生まれの大和撫子なはずなんですが(苦笑)
Commented by banban0501 at 2009-02-02 11:17
昔 強いのだけど 勝ったあとに 
なんか ふてぶてしい顔つきをする北の湖って横綱がいました
もちろん日本人ですが この態度が 随分嫌われたものです
朝青龍も 勝ったあとに 「ざまあみろ」みたいな 顔をするのです
それが やはり 横綱らしくないとみんな思っていると思います
横綱は 相手の胸をかして 勝負させてやる ひとつ
高見にいる存在だと 思われていますから
きっと ガッツポーズは 相撲協会としては 受け入れられないものなのでしょうね
私も いまいち なじめません

でも 麻生さんへの気持ちは abekasuさんの同じです

定額給付金 はやく もらいたいわ~
Commented by abekasu_ny at 2009-02-03 13:57
banbanさん

なるほどですね~。相撲界のしきたりやタブーは、朝青龍ぐらいになると十分に教育されているんでしょうから、それならなぜタブーをやってしまったのでしょうね。
ふてぶてしいからあえて無視したのか、それとも、それを忘れるくらいエキサイトして思わずガッツポーズが出たのか。
前者なら私も馴染めませんが、後者ならちょっとほほえましく思うのは、
私はすでにアメリカ脳ってことでしょうかね?!(笑)
by abekasu_ny | 2009-02-01 02:21 | 日々のつぶやき | Comments(4)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe