f0063659_01463554.png

少し前の話題ですが、今日はこのストーリー。
ニューヨークでは、何かしらのパーティーが毎夜開催されています。

マンハッタンのアッパーイーストサイドにある
プライベートのアパート兼プライベートギャラリーで
とてもイマジネーションが刺激されるパーティーが行われました。


「これなんだ?」と思うアートに、余計な説明はいらないんですよね。

これは昼間の様子。
「アップタウン生活ってこんな感じなんだろうな〜」っていうイマジネーションがここでも広がります(笑)。

f0063659_06004892.jpg
f0063659_06003978.jpg
f0063659_06002945.jpg
f0063659_06003467.jpg
f0063659_06004481.jpg
とても素敵なアパートメントです。

f0063659_01464509.png
トルコのEfesビール(ピルスナー)
初めて飲んだけど、ライトでおいしかった。

友人と、パーティー帰りに近くの地中海レストランに寄って
さくっとお腹を満たしました。楽しい夜でした。



2018年3月2日全国発売
古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊


ブルックリン ガイドブック


[PR]
# by abekasu_ny | 2018-05-21 06:05 | イベント | Comments(0)

f0063659_05304947.png
                            
f0063659_09584594.jpg
@ The Beekman, a Thomspon Hotel


(少し時間が経っててしまいましたが前回のつづき)東京のホテル会社のご依頼で、ブルックリンとマンハッタンのホテル視察を行いました。


The High Line Hotel


外観は、イギリスにあるような古い建物風ですが、中に入るとチェックインカウンターもロビーらしきものもなく、いきなりカフェがあって、あれ、ここは?と一瞬なります。

f0063659_05320349.png
f0063659_05315689.png
カフェがある
f0063659_06175260.png
チェックインはこのPCコーナで行う。

見せていただいたお部屋の撮影は不可だったのですが、とても清潔で居心地良さそうでした。
ホテル自体のロケーションもよいし、お値段もマンハッタンの通常価格なので、滞在先としておすすめです。


The So Hotel


ここは視察予定先に入っていなかったのですが、移動途中にたまたま見つけて良さそうなので入ってみました。

ホテルの方曰く、「1805年にできたNYで一番古いホテル」だそうです。

f0063659_05440130.png
「King room」の部屋は1泊$200弱でお安め。「two queen」のお部屋は1泊$300〜

f0063659_05592659.png

2階にあるロビー。黄色の壁とレンガ壁が素敵。



The Bowery Hotel


2007年にオープンとニューヨークでは歴史は新しい方です。でもインテリアも家具もアンティーク風で、ホテルの方曰く「わざと歴史が長いような古さを出すように作っている」と言っていました。

見せていただいたお部屋は、3階の「Sweet」、この時期は1泊$695

f0063659_05442048.png

f0063659_05492756.png
f0063659_05493329.png
f0063659_05493976.png

11 Howard Hotel


2016にオープンしたチャイナタウン近くのホテル。写真はないですが、1階には自動チェックインのタブレットがあり

2階がラウンジ(コワーキングスペースっぽい感じ)でした。「Standard king」「Deluxe room」「Corner studio」などのお部屋を見せていただきましたが、どれも1泊$300ドルいないで、素敵でした。写真はないですが、Siriのスピーカー版のようなSmart speekerがありました。




2018年3月2日全国発売



ブルックリン ガイドブック

[PR]
# by abekasu_ny | 2018-05-15 12:09 | 視察&研修のお手伝い | Comments(0)

f0063659_09545203.png
© Albert Cheung


日本のクックビズが発信している、Foodion(フージョン)
フランス、アメリカ、日本と世界中のスターシェフをはじめとする実力派シェフの生きざまを紹介しています。

ニューヨークページを担当させていただいていて、先日はブルックリンのミシュラン二つ星シェフ、aska(アスカ)のフレドリック・バーセリウスさんのインタビューをさせていただきました。さすがみなさん若いときから、並ならぬ努力をされてきた方々ばかり。お話をお聞きし、刺激を受けております。

英語オリジナル版日本語翻訳版、両方アップされています。よろしければごらんください。
ちなみにこの記事は翻訳されていないけれど、中国語版もあります。

最初の写真は、インタビュー中にフォトグラファーが私も入れて撮影してくれていました!
普段写真を撮ることは多いけど、撮られる機会はあまりないので、これはいい思い出になりました。さんくす、アルバート!



2018年3月全国発売



ブルックリン ガイドブック

[PR]
# by abekasu_ny | 2018-05-15 07:29 | お知らせ | Comments(0)

在NY16年目。日米でのエディター&ライター歴20年。 大きなアメリカ人の中に埋もれないよう、小粒ながら日々がんばっています!


by Kasumi Abe