《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ

タグ:学びと気づき ( 6 ) タグの人気記事


2015年 12月 31日

2015年を振り返る

ニューヨークは明日が大晦日です。

今年の年越しは、大昔のルームメイト(今年FBで再会!)がDJパーティーを自宅で開くらしいのですが、ちょっと遠いので迷っていて、
友人が今年オープンした近所の日本食レストランで、年越し蕎麦が出るらしいので
それに行くことになるかな〜。

ついこの前2015年という響きに驚いたばかりだったのに
もう1年が暮れようとし、また自分が年を重ねることに驚くばかりです。

今年はウェブサイトを自分で作ったり(ブログ記事)、とあるきっかけからフリーランスのお仕事の幅が広がったりし
また様々な経験を通して学びも多く、充実した1年になりました。


流れに乗ることの大切さ


ダンスなどの話などとも共通し(ブログ記事)、何度か「波に乗ることの大切さ」を実感しているところですが、
先日も、オランダ在住の方とスカイプで仕事の打ち合わせをしたときに感じることがありました。
お互いの自己紹介で、私が以前音楽編集者をしていたということから
「音楽に興味があられたんですね!」と言われました。

いや、実はそんなにいうほど興味があったわけではなかったんです…。
確かになんで自分があのとき音楽編集者になったのだろう?と思い出してみました。

なったというか、会社に担当者として指名されたんですよね。
自分が入社したときに音楽編集者が退職したばかりだったので、たまたまポストが開いていたんです。

専門的な音楽の知識とか全然知らなかったし、勉強の毎日でしたが
仕事をしていく上で、何かをクリエートする素晴らしさや音楽が人々に与える影響の偉大さに気付き
音楽のお仕事がいつのまにか大好きになったんですよね。


思い込みは人生の敵


よく考えると、昨年から関わるようになったテック系、スタートアップなどのトピックも
それまではほぼゼロというぐらいの興味・関心・知識だったのに
気づけばお仕事として関わらせてもらい、今はその面白さに浸っているんですよね。

テック業界との出会いは、ビザ問題で日本で困った状態になっているとき、
以前の同僚に今の会社を紹介され、とにかく何か仕事をしなければということで、ダメもとでレジュメを送ったことからでした。

送る時のことを今でも覚えていますが、「多分ダメだろう」という気持ちがありました。
それは自分に自信がないとかそういうことではなく、
その会社や業界と自分のキャリアにまったく接点を感じなかったのです。

でもそれは、自分の思い込みにすぎませんでした。

先方に会ってから分かったのですが、その会社は「ライティングをできる人」と「ニューヨークの事情をよく知る人」を探していたのですから。
そしてその数ヶ月後には、できたばかりのそのニューヨーククオフィスで働くとは想像だにしませんでした。

思い込みというのは可能性を阻害するものだと、本当にこのときに実感しました。

また別の話ですが、取材のオファーを出すときも
「ここは有名で大きな会社だからお返事が来ないかもな」と思ったところから
一番にお返事がくる、ということも今年は度々ありました。

こんなことを書いておきながら、思い込むクセはたまに出てきて…。
今年は1か月の間に、親友の2人から別々のシチュエーションで
「思い込みはよくないよ」と愛ある指摘を受けて、ハッとしました。

来年はより思考変換のトレーニングを強化します!


来るべくチャンスはタイミングが合えばやってくる

最後に、今年の学びでもう一つ面白いエピソードがありました。

ニューオリンズを旅したことは先日のブログでも書きました(ブログ記事)
現地では、自分が求めるスタイルのジャズ(スタイルについては長くなるので割愛します)をずっと求めて探していたのですが
どんなにがんばって足を伸ばしてみても、出合えませんでした。

タイミングが悪いんだなと思いました。

それが。。。
旅行中にお知り合いになったピアニストの方が、私がニューヨーク戻った週末に
彼の属するバンドと共に、ブルックリンでライブをするということで、招待していただきました。

会場に行くと、そのライブやバンドは、私が求めていたそのものでした!!
ニューオリンズであれだけ探して出合えなかったのに、
まさか戻って、近所のブルックリンで出合えるとは!

タイミングが合えばこんなに簡単に合えるんですね。
そういえば今年の出来事として、小野洋子さんにも出会えましたしね〜(ブログ記事)

Kermit Ruffins@ MP Taverna
f0063659_7185156.jpg

f0063659_7191940.jpg
f0063659_7193670.jpg
f0063659_7195180.jpg
ニューオリンズでは大味だったPo boyサンドも、ブルックリンだとだいぶオサレ。

今年の思い出写真をもう一つ!
f0063659_6555322.jpg
今年飲んだ中で一番大きかった生ビール♪


2016年はいったいどんな出来事や学びが待っているのでしょうか。
とても楽しみです!

皆様も素晴らしい新年をお迎えください。



[PR]

by abekasu_ny | 2015-12-31 04:41 | 日々のつぶやき | Comments(0)
2015年 10月 25日

ダンスのクラスで学ぶこと

ニューオリンズのシリーズの途中ですが、ちょっと休憩(本当の理由は写真がまだ整理しきれていない042.gif

サルサの発表会を来週に控え、今日はちょっとダンスと実生活を関連させたお話。

英語で「it takes two to tango」というフレーズがあります。
直訳は(タンゴは1人で踊れない)。
喧嘩両成敗、1人だけが悪いわけじゃないっていうときに使います。

これは、ダンスと実生活を結びつけたいい例ですけど、
ダンスのクラスで教わることの中には、ダンスのみならず実生活にも当てはまることが実は多いんですよね。

例えば、サルサのクラスでペアで踊るとき、先生がよく
「Don't fight. Don't resist. Just F・L・O・W ~. 」と言います。
直訳にすると(ダンスのリーダー=ペアの相手、と戦うな、抵抗するな、流れに乗りなさい)っていうこと。

ペアワークでは、難しいテクニックが必要になったり
これまで何度も失敗していると、自信がなくなり、つい緊張して体に力が入る。
変に力んじゃって、相手の動きに逆に抵抗してしまったりするんですよね、無意識で。
だから「FLOW」(流れに乗りなさい)っていうことなんです。

また、別の先生ですが、スタイリング・スピニング(女性の振り付け、ターンの仕方)のクラスで
ターンを成功させるためには2つのことが大切だと教えてくれました。

(1)息をすること
(2)信じること


もちろんダンスのテクニック的には、膝を曲げるとか、視線はこことか、腕をこの位置でこう振るとか、、、いろいろあるんだけど
究極この2つよ、という意味なのでしょう。

息をする(平常心でリラックス)
信じる(できる!と疑わない)

これはダンスのみならず、何を成功させるにも必要な2つの要素なのかもしれません。

PS>最後に、、、ダンスするときは常に「笑顔で!」と何度も何度も言われます。
特に、本番のステージ上では緊張したり状況が練習時と違うから
頭が真っ白になってしまうことも少なくありません。

でも、そんなときでも「笑顔でいよ」と。
笑うことで、ダンスのパフォのみならず、人生がスムーズに進む、と。

なぜなら、観客は誰も正しい振りを知らないし、
そもそも失敗してもこの世の終わりじゃないからだ、と。
確かに!

笑顔いっぱいで来週、踊ってきます♪



[PR]

by abekasu_ny | 2015-10-25 02:31 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(4)
2015年 09月 21日

「来たもの」をどう選別していくか

*当ブログはニューヨークの日々を発信する目的がメインなのですが
自分用の記録でもあるので、ちょっと長くなりますが覚え書きとして「つづき」を書きます。


(前回からのつづき)

「来るもの拒まず去るもの追わず」とは、昔からよく言ったものだなと思います。

「来るもの」というのは、お誘いやご提案、突然のひらめきなど。
それに乗るってことですよね。

よくサルサの先生が言います。「FLOWしろ」と。
リーダーの動きの流れに乗ったら、楽に踊れるということみたいです。

ただ実生活のオファー、すべてを拒まずフローするというのは
どうやったらできるんだろう?

そこで、先日ホームパーティーで出会ったある女性のお話を思い出しました。

二児の母であるそのアメリカ人女性は大のお酒好き。
旦那さんに冗談まじりで「彼女はね妊娠中もワインを飲んでいたんだよ」と笑われていました。

もちろん飲むというのは、ごくごく飲むという意味ではなく
味見程度という意味だと思います。

彼女は言いました。

「妊娠中に寿司や生魚も水銀の関係で食べちゃダメとか言われるけど、
私はそんなの自分自身に聞けって思っちゃうわけ。
一番大切なことは、Feel right(違和感がない)かどうか。
お魚もワインもfeel rightだったからとっただけのこと。
でも食べ過ぎると体はあれ?となるだろうから、そこでストップすればいいだけ」

これは何でも言えることだなぁと思いながら、彼女の話を興味深く聞きました。

特に石橋叩いて渡るタイプだと「来たもの」に対してあれやこれや危惧しがちですが
心配することのほとんどは取り越し苦労に終わることが多いですよね。
とりあえずやってみて、自分が違和感なく楽しめているかが大切だし
そう感じる限り、それは正しい選択だということなんでしょうね。

ではFeel rightじゃないものは、、、?
Feel right になるまでの間、食べるのを止める(やりとりをやめる、手を引く)潔さも必要でしょうね。




[PR]

by abekasu_ny | 2015-09-21 02:24 | 日々のつぶやき | Comments(4)
2015年 09月 20日

お役目終了?:離れていくもの

*当ブログはニューヨークの日々を発信する目的がメインなのですが
自分用の記録でもあるので、ちょっと長くなりますが覚え書きとして「つづき」を書きます。


(前回からのつづき)

チャンスは基本的に1度だから
身の回りに起こることや一つひとつの出会いを大切にしなければというようなことを書きましたが、
「takeしなかったもの」や「こと」は、それがそのときは最善の方法だったから、そうしたのかもしれません。

例えば、行くことで災難が待っていた、、、とかね。
大事なのは後悔してもしょうがないので、経験を次に生かしていくことでしょう。

で、最近もう一つ、「離れていくもの」についても考えます。

というのも、向こうから来るものと同じぐらい、離れていくものもあってね。

例えば、物もそうだし、自分が置かれている環境もそうだし、人もそうだしね。

先日、朝起きたら、右手の薬指にしていた指輪がないことに気づきました。
去年日本で親友とお揃いで買ったお気に入り。
こちらに戻れなくて辛かった経験からの学びや人からいただいた親切や愛などを忘れたくなくて
お風呂に入るときもつけっぱなしで、まさにお守りのように思っていました。

それが指から突然なくなり、それはそれはショック!

2日前の写真を見ると、指にあったので
紛失したのは前日なのでしょう。
一応気になるところはくまなく探してみたけど、なかった。
親友にも話したら、「しょうがないね」とのこと。

突然去ってしまった指輪。
でも、あの指輪はもうお役目を終えて、今の自分には必要ではなくなったから
どこかに消えてしまったのかな?と思えました。

考えてみれば、自分に今あるもの(and こと、状況、環境、立場、人 etc...)って必要だからあるのでしょうし
今の自分にない or 離れていったものやことは、今の自分には不要なのでしょう。

そう考えると、いろんなことがシンプルに考えられて気持ちが楽になります。



(つづく)





[PR]

by abekasu_ny | 2015-09-20 01:07 | 日々のつぶやき | Comments(0)
2015年 09月 17日

チャンスは1度だけ: 来るもの

今日から、同僚2人が南米はコロンビアに出張へ。
なんと今週月曜日に決まったそうで、もう現地に飛んでますからね。
潔く決断して即行動っていいなぁ。そういう行動習慣っていい結果が出そうですもん。見習いたいなぁ。

さて、コロンビアといえば南米好きの私も未開の地。
行く機会は、、、
実は、過去に1度ありました。

留学生のときに、クラスメートにコロンビア人生徒が何人かいて
その中でコロンビアはカリ出身のルペという女の子がなぜか私のことを気に入ってくれてね。
(南米の人はもともと日本人にとても友好的なんです)
まだお互い英語もままならないのに、カフェテリアなどでよくつるんでいました。

1セメスターが終わる時かなぁ、最後あたりでルペが
「コロンビアに戻るんだけど、一緒にあなたも来る?」と、ふと誘ってくれたのです。
家に泊まっていいから、ホテルをとる必要はないと提案してくれました。

まだあの頃は南米に行ったことがなく、コロンビアの話もよく聞いていたので興味はあったものの、
当時は貯金を切り崩しての学生生活だったので
いろいろ考えた結果、断念せざるをえなかったのです。

今のようにFacebookなどがない時代です。
国に戻ったルペとは何回かメールでやりとりをしていたけど
10年以上経った今、もはや連絡先が分からない状態です。

で、今になって思うのは
あのとき、無理をしてでも行っておけばよかったということです。
飛行機だけだったら何百ドルで行けたはず。
当時は厳しかったかもだけど、何百ドルなんて後でいくらでもカバーできる金額です。

なんでこんな10年以上も前のことを書いているのかというと
ちょっと後悔しているからです。
同じチャンスは来ないと分かったから。

その証拠に、そのあと何人かコロンビア人の知り合いができたけど
同様のオファーはそれ以来誰からもないです(苦笑)

何にしてもチャンスは、基本的に1回だけですね(たまに例外はありますが)。
シャッターチャンスも、これ!というもの、同じものは2度と来ない(何度も経験済)。
人との出会いやご縁も一期一会の気持ちで。

だからこそいただいたオファー、身の回りに起こること、向こうから来るもの、人との出会いetc...は
大切にしなければならないと改めて思います。

(つづく)

*当ブログはニューヨークの日々を発信する目的がメインなのですが
自分用の記録でもあるので、ちょっと長くなりますが覚え書きとして「つづき」を明日書きたいと思いますー。





[PR]

by abekasu_ny | 2015-09-17 09:32 | 日々のつぶやき | Comments(2)
2015年 02月 23日

春節〜"もっと"変わる時期

f0063659_363787.jpg
今年は雪が例年に比べて多いかも。

f0063659_372669.jpg
週末は自然史博物館に行ってみたり。
大きなクジラの下は、絶好の昼寝スポットです。

去年から今年にかけて、自分の生活が激変し
いろんなことが、うまく転がっていくようになりました。
(もちろん小さいことではいろいろありますが、気にしない気にしない)
その一つは、出会う人。
日本滞在中から今現在に至るまで、出会う人出会う人、すごくいいオーラを持っている方ばかりで
そのミラクルに自分でも驚いています。

旧正月初日の先週も、大切なお友達からの紹介で
とある方に初めてお会いしました。
私はその方のことは5年ぐらい?前からずっと知っていたのだけど
まだお会いするタイミングじゃなかったのでしょう。
それがここに来て、お会いする機会に恵まれ
トントン拍子に、初対面に至ったのです。
彼女が指定してきた日は、春節。

その方は、「こういう時期にずっと会いたかった人に会うというのは
自分が変わる時期を意味している」と言われました。
うん、確かにそうかも!
その方に会ってお話していると、これまで自分で解決できなかったことの理由が分かり
いろんなことがクリアになっていきました。
本当にお会いできて良かった!

ちなみに、去年起こったミラクル話にもなったのですが、
「ニューヨークに戻るべくして戻って来ましたね」と。
20年の在住歴があるその方はいろんな人を見て来たけど
ビザにしろグリーンカードにしろ
本当に必要ない人やこちらにご縁がない人はあっさり取れないらしい。
「この地を愛して、もう一度ここでがんばりなさいってことですね」と言われました。

f0063659_4221978.jpg
変わろうとしているのは、これもそう?
自宅でできるジェルネイルセット。
「サリーハンセン(Sally Hansen)」
気にはなっていたけど、自分でやるの面倒だし
今まで買いたいと思ったことはなかった。
でも最近、自分でやってみたいと急に思いたち
オンラインで、なんと店の半額でゲット!
小さなラッキーは、ここでも続いています♡

今でも覚えているけど20代のころは仕事が激務で
自分の色気のない爪見ながら「ネイルする時間もないなんて。。。」と嘆きながら
がむしゃらにパソコンに向かってたな。
女40代、がんばってもっともっと女子力上げます!


[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2015-02-23 03:51 | 日々のつぶやき | Comments(2)