《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ブルックリン ( 4 ) タグの人気記事


2016年 04月 25日

春のブルックリン:プロスペクトパーク

f0063659_082585.jpg
f0063659_083956.jpg
f0063659_085686.jpg
f0063659_0910100.jpg
f0063659_092582.jpg
f0063659_094181.jpg
うちの近所に、セントラルパークと同じ設計者が作った
プロスペクトパークというこれまた広大な公園がありまして
市民の憩いの場です。

(写真は1週間前のもの)

桜やそのほかの花は、
咲いているもの、つぼみでもうすぐ開花のもの
すでに散ったもの、様々です。

裸同然の人も。。。
(以前にも書きましたが、日焼けした健康的な肌は白人にとってのステータスなので)




[PR]

by abekasu_ny | 2016-04-25 00:44 | 街の風景 | Comments(0)
2016年 03月 27日

ブルックリンのグラフィティーアート「Bushwich Collective」

f0063659_1216289.png
f0063659_12161759.png
f0063659_12163526.png
とあるミュージシャンのインタビューで
久しぶりにブルックリンの以前住んでいたブッシュウィック(Jefferson駅)を降りると、、、
駅を出て驚きました。

かわいいカフェや高級そうなスーパーがいくつかオープンしていてい
壁画もたくさんあって、街がオサレになってる!!!

この壁画グラフィティーのプロジェクトは
「Bushwich Collective」と呼ばれるもの。

これを作ったのは、ブッシュウィック出身のジョセフ・フィカロラさんです。
犯罪の多いこのエリアで育ったジョセフさん。
12歳だった1991年、父親が路上で殺されてしまったそうです。
たった数ドルの現金と金のネックレスのために。。。

f0063659_12164890.png
f0063659_1217543.png
f0063659_12173522.png
この話を聞いて私のホストマザーのEの話を思い出しました。
Eは、もともとJefferson出身。
その昔、このエリアは銃の撃ち合いなどが頻繁に起こるような劣悪な環境だったとか。
これは安全に住めたもんじゃないと、家族でロングアイランドへ引っ越しをし、今に至る。

私が2004年(ぐらいかな)、この近所に引っ越しをした際に
昔話をしてくれました。

私がここに住み始めた当時は、マンハッタン方面から少しでも安いレントを求めて
少しずつ白人のアーティスト系が流入し始めた時代で
それでもまだ、この辺は倉庫以外に何もなかったです。

さすがに銃の撃ち合いはなかったけど、それでも
1度、夜に家の前で露出系の痴漢に薄暗い中遭遇したのと
(何もされなかったけど怖かった。。警察に届け出ても何も解決できなかった。。)

最後には家に空き巣まで入られ、いろいろ盗まれたので
(近所の友人も一度は経験あり)
やっぱり今思えば、治安はかなり悪かったですね。

f0063659_12175526.png
f0063659_12181796.png
f0063659_12183425.png
話は戻って、ジョセフさん。
彼が自分の生まれ故郷を
ゴミが散乱している犯罪の多いゲトーから
安全で歩くのが楽しい、ヒップな街に変えようと計画し
全米はもとより世界中のアーティストに声をかけたというわけです。

ビデオを見られます

クリック

いや〜、久しぶりにここに来て
治安が良くなってよかったねと安心していたら、、、

これ(汗)



f0063659_12201257.png
見えにくいけど、電線にかかってるシューズ。

しかも数が多い(苦笑)

ちなみに、こっちではShoe Tossing(シュー・トッシング)って呼ばれていて
「ドラッグディーラーがいる場所」とかっていう噂があったんだけど
今はどうなのだろう???

ただの都市伝説だといいです〜。




[PR]

by abekasu_ny | 2016-03-27 23:49 | 街の風景 | Comments(0)
2015年 09月 25日

ブルックリン在住・Tさん宅

f0063659_6595466.png
少し時間が経ってしまいましたが、ニューヨーカーのお宅拝見シリーズ、
前回からのつづきです。

ここは、アーティスト系の若者が多く住むブルックリンのアパート。
duplex(デュプレックス)タイプ、つまり螺旋階段で繋がった2フロアに、3ベッドルームと大きいテラスがある広いお家で
ファッション業界や建築業界で働く3人の30代女子と2匹の猫が仲良くシェアしています。

f0063659_701533.png
f0063659_705047.png
f0063659_71455.png
もともとずっと一緒に住んでいる2人(写真上の真ん中と右)がホームパーティー好きで
中国にゆかりもないのに旧正月パーティーを開催したり(笑)
何かにかこつけて年に何度もパーティーを開いては、大勢の友人を招くそう。

その証拠にリビングルームには
たくさんのリカーボトルがありました(笑)。

f0063659_712569.png
かくいう私も彼女たちとは、別の友人に去年の夏ごろここのパーティーに誘われて出会い
それ以来のご縁です。

f0063659_74878.png
別にそれ以上でもそれ以下の仲でもないけど、
お願いしたらこうやって撮影もさせてくれるし、ファッション系のお仕事も個人的にオファーしてくれたり。。。

パーティーで出会って関係性がつながっていく、、、というのは
何ともニューヨークらしいと思います。



[PR]

by abekasu_ny | 2015-09-25 10:18 | NYでの暮らし | Comments(2)
2015年 04月 20日

春がきた

ニューヨークにも春がきた!
ぽかぽか気持ちいいので
週末は近所の公園(プロスペクトパーク)でゆっくり。

Prospect Park@Brooklyn
f0063659_10304821.png
f0063659_1011019.png
桜の花。1週間前はつぼみだったけど、今週末見事に咲きました。

f0063659_1010241.png
これを見た人は必ず聞きます。「これ何て花?」
以前の記事でも書きました。

f0063659_10362738.png
この週末は最高気温25度。公園にはビキニ姿の人もチラホラ。
白人の人たちはこれからの季節、肌をジリジリ焼きに入ります。
ダークスキンの方が健康的で見た目もいいし
なんでも、真っ白いままだと
バカンスの余裕がない=お金がない、と思われるみたい。

20代のころは日焼けサロンに行ってたこの私も、
アラフォーの今じゃ、すっかり美白派。
いいのいいの、貧乏と思われたって。

f0063659_10112895.png
ジャズエイジローンパーティーみたいな
素敵なカップルがいました♡



[PR]

by abekasu_ny | 2015-04-20 10:49 | 街の風景 | Comments(2)