2016年 03月 30日

無料日を利用しよう! ニューヨークの美術館&博物館

ご存知したか? ニューヨークにある美術館や博物館は、入場料が無料になる日があるんです。

世界の一流アートをタダで見られるなんて、なんとも太っ腹な企画だと思いませんか。
その多くは週に1度や月に1度など定期的に無料デーを設けており
そのほとんどが金、土、日曜日に集中しています。


近代以降の美術ならまずは「MoMA」へ


f0063659_4263415.png


ニューヨークの美術館の代表格、「MoMA (ニューヨーク近代美術館)」
ミッドタウンのど真ん中(53丁目と54丁目、五番街と六番街の間)に位置し
19世紀から現代までの絵画や彫刻、写真など約20万点が貯蔵されています。

MoMAの無料デーは、毎週金曜日の午後4時以降。
「UNIQLO フリー・フライデー・ナイツ」という名がついているように
2013年以降のスポンサーは何と日本発のユニクロ!

ユニクロのおかげで
通常一般25ドルする入場料が、この時間帯だけは無料で楽しめるというわけです。

通常、無料チケットは54丁目側の入り口から受け取れるのですが
皆さん観光客は同じごとを考えるので、これがなかなかの混雑ぶりになります。

まず4時以降、だいたい6時前ぐらいまで、"か・な・り"長い行列ができるので
それが少し落ちつく6時ごろに訪れるのがいいかもしれません。

*この列は54丁目の入り口からぐるっと、五番街を経て53丁目の入り口までできておりました
(3.25.2016の時点)
「 {sigh} The world's longest line」(世界で一番長いラインだわ。。」と嘆いたいた人もw

f0063659_4272718.png

建築家・谷口吉生さん設計によるニューヨーク近代美術館


ブルックリン美術館は無料イベントも充実


f0063659_4274282.png


滞在期間に余裕がある場合は、マンハッタンのお隣、ブルックリンにも足を運んでみましょう。

「ブルックリン美術館」は市内で3番目に大きな美術館で
世界中の美術品約150万点を貯蔵しています。

中でもミイラやツタンカーメンなどのエジプト美術と
浮世絵などをはじめとする日本美術が充実していることで知られています。

f0063659_4282976.png


入場料は通常16ドルですが、毎週木曜日の午後6時から10時までは無料に。
イベントスペースではサルサなどのダンスイベントも行われ、こちらも無料で楽しめます。

また、毎月第一土曜日は「ターゲット・ファーストサタデー」と称し、これもタダ!(注:9月はなし)。
月ごとのテーマに沿って午後5時から午後11時まで、さまざまなイベントが行われます。

例えば2月のテーマは「黒人の歴史を振り返る」。
テーマに沿った音楽、ダンス、ワークショップ、アート、映画など各種イベントが行われました。

特にダンス会場は、アルコール類も販売され、照明が落とされた中でDJが大音響で音楽をガンガンプレー。

あたかもどこかのクラブに迷い込んだ気持ちになるでしょう。これらの無料デーは
館内のすべての展示ももちろん無料で見ることができるので大変お得です。

ブルックリン美術館は、地下鉄2番線、3番線で「Eastern Pkwy/Brooklyn Museum」駅降りてすぐ



ほかにもたくさんある無料ミュージアム

ほかにも、、、

2001年の同時多発テロがテーマの
「911メモリアル美術館」(毎週火曜日の午後5時以降は無料)

外観がユニークなコンテンポラリーアートの
「ニューミュージアム」(毎週木曜日の午後7時以降、自分で料金を決められる任意料金)

19世紀初頭のオーストリアやドイツ美術の
「ノイエギャラリー」(毎月第一金曜日の午後6時以降は無料)

アメリカの近代・現代美術作品の充実した展示で知られる
「ホイットニー美術館」(毎週金曜午後7時~10時は任意料金)

近・現代アートで、ピカソ、セザンヌなどの常設展が見所の
「グッゲンハイム美術館」(毎週土曜午後5時45分~7時45分は任意料金)

など、さまざまな美術館や博物館、水族館が無料デー(もしくは任意料金)を設けています。


曜日や時間帯は、それぞれのウェブサイトや、ニューヨーク市の
公式ウェブサイトでも確認できます。

ニューヨークを訪れる際はぜひ活用してみてください。


関連記事書きました → ことりっぷ


【アップデート情報】
雨の日なら混んでいないだろうと、先日「911メモリアル美術館」の無料日に行ったところ、
確かに無料で入りたい人の列はできていたのですが
有料チケットを購入する人たちも多く、途中で「無料で入場不可」とアナウンスがありました。
その日ごとに状況が変わるようです。






[PR]

# by abekasu_ny | 2016-03-30 09:55 | NYやアメリカ人についてあれこれ | Comments(0)
2016年 03月 27日

ブルックリンのグラフィティーアート「Bushwich Collective」

f0063659_1216289.png
f0063659_12161759.png
f0063659_12163526.png
とあるミュージシャンのインタビューで
久しぶりにブルックリンの以前住んでいたブッシュウィック(Jefferson駅)を降りると、、、
駅を出て驚きました。

かわいいカフェや高級そうなスーパーがいくつかオープンしていてい
壁画もたくさんあって、街がオサレになってる!!!

この壁画グラフィティーのプロジェクトは
「Bushwich Collective」と呼ばれるもの。

これを作ったのは、ブッシュウィック出身のジョセフ・フィカロラさんです。
犯罪の多いこのエリアで育ったジョセフさん。
12歳だった1991年、父親が路上で殺されてしまったそうです。
たった数ドルの現金と金のネックレスのために。。。

f0063659_12164890.png
f0063659_1217543.png
f0063659_12173522.png
この話を聞いて私のホストマザーのEの話を思い出しました。
Eは、もともとJefferson出身。
その昔、このエリアは銃の撃ち合いなどが頻繁に起こるような劣悪な環境だったとか。
これは安全に住めたもんじゃないと、家族でロングアイランドへ引っ越しをし、今に至る。

私が2004年(ぐらいかな)、この近所に引っ越しをした際に
昔話をしてくれました。

私がここに住み始めた当時は、マンハッタン方面から少しでも安いレントを求めて
少しずつ白人のアーティスト系が流入し始めた時代で
それでもまだ、この辺は倉庫以外に何もなかったです。

さすがに銃の撃ち合いはなかったけど、それでも
1度、夜に家の前で露出系の痴漢に薄暗い中遭遇したのと
(何もされなかったけど怖かった。。警察に届け出ても何も解決できなかった。。)

最後には家に空き巣まで入られ、いろいろ盗まれたので
(近所の友人も一度は経験あり)
やっぱり今思えば、治安はかなり悪かったですね。

f0063659_12175526.png
f0063659_12181796.png
f0063659_12183425.png
話は戻って、ジョセフさん。
彼が自分の生まれ故郷を
ゴミが散乱している犯罪の多いゲトーから
安全で歩くのが楽しい、ヒップな街に変えようと計画し
全米はもとより世界中のアーティストに声をかけたというわけです。

ビデオを見られます

クリック

いや〜、久しぶりにここに来て
治安が良くなってよかったねと安心していたら、、、

これ(汗)



f0063659_12201257.png
見えにくいけど、電線にかかってるシューズ。

しかも数が多い(苦笑)

ちなみに、こっちではShoe Tossing(シュー・トッシング)って呼ばれていて
「ドラッグディーラーがいる場所」とかっていう噂があったんだけど
今はどうなのだろう???

ただの都市伝説だといいです〜。




[PR]

# by abekasu_ny | 2016-03-27 23:49 | 街の風景 | Comments(0)
2016年 03月 27日

ブラボー! 渡辺謙@ブロードウェイ

f0063659_5201123.png
昨年行き逃してしまいましたが、
渡辺謙さんが3月17日より再び『王様と私』で主役を演じるということで
今回やっと行けました。

公演前にガンが発覚し、中止かと心配しましたが
何とか完治されての登場です。

ブロードウェー観劇で一番良い曜日、火曜日を狙ってチケットを購入。
前回は昨年秋のSpring Awakening以来の観劇です。

約1000人収容の会場は満席で、ほとんどがアメリカ人のようでした
(アメリカ人ではないかもだけど要は日本人ではない)

開演前から、周りの人が
「彼はラストサムライの人よ」と渡辺謙さんのことを話していました。
f0063659_5203985.png
4つのトニー賞を受賞した『King and I』


そして、開演。
ドキドキ。。。


もうね、渡辺謙さん、パーフェクト過ぎます。
演技、オーラ、英語すべて完璧。
(ダンスと歌も、あの年齢を考えると素晴らしい)

日本人でブロードウェーに出られる人はいると思うのですが
主役を取れる人が、トニー賞の主演男優賞にノミネートされる人が何人いるでしょうか?
彼はやはり、日本が誇る世界に通じる大スターだと、白熱した演技を前にそう感じました。

もちろん英語に訛はあって、 昨年の開演当初は、英語が聞き取れないと
ニューヨークタイムズが報道していましたが
十分通じていましたよ。

そもそもタイの王様で、イギリスから英語講師を迎えるいう設定だし
アクセントは問題なし(脚本と彼の表現で、大爆笑を誘うこと数回!)。

なんかね、知り合いでも日本から出張に来て、通訳つけない人がたまにいらっしゃるんですよ。
英語はそこまでしゃべれないのに、です。
理由は、「自分の業界の説明は英語でできる。質問されることもだいたい同じなので、英語で返答できる」とのこと。
いや、その度胸がすごいと思います。

渡辺謙さんも英語の台本を完璧に覚え、アメリカ人に伝わりやすいように相当トレーニングされたんだと思います。
本当にすばらしい。
もちろん公演後は、渡辺謙さんともう1人の主役ケリー・オハラさんで
スタンディングオベーションがわき起こりました。

公演中の写真はここからご覧いただけます。



どのように主役が決まったのか?

さて、どうやって渡辺謙さんがブロードウェーの主役を掴んだのか
気になったので、公演後に調べてみました。

演出家のパートレット・シャーさんがニューヨークタイムズで語った情報によると
映画『硫黄島からの手紙』で謙さんの演技に感銘を受け、そのときに王様はこの人だとピンときたそうです。

その後、シャーさんがカナダで映画『ゴジラ』を撮影していた謙さんのもとを訪れ、直談判したそう。
謙さんは、「出演作品は、自分の心の針が振れるかどうかで素直に選ぶ」というのがポリシーだそうで
快諾し、出演が決まったそうな。

この“自分の心の針が振れるものを素直に選ぶ”っていいですね。

f0063659_521162.png
Vivian Beaumont Theater




[PR]

# by abekasu_ny | 2016-03-27 05:45 | 今日の感動 | Comments(2)
2016年 03月 14日

春までもうすぐ—プロスペクトパーク

f0063659_5171383.jpg
ニューヨーク、ここ最近暖かい日が多く、確実に春の訪れを感じます。

土曜は天気が良かったので、近くのプロスペクトパークにお散歩。
こっちの人って、天気がよかったらすぐに日向ぼっこするんだよね。
f0063659_5175233.jpg
f0063659_518246.jpg
綱渡りにチャレンジする人、バレーボールしてる人、何か(ドラマ?)の映像を撮影しているクルー
みんな思い思いに週末を楽しんでいました。

f0063659_5184027.jpg
f0063659_5185432.jpg
f0063659_519187.jpg
つぼみもふっくら。咲き始めているものも。
春までもうすぐ!
f0063659_5193614.jpg
近所にシェイクシャックがあるんだけど、ここもすごい混みようでした。
ちなみにピッチャーも生(シェイクシャックブランド)もあり
大学生風な若者が飲み会しています(笑)。
禁酒中のわたしは、当然あま〜いシェイクでがまん。
f0063659_5195229.jpg
近所にGansoっていう居酒屋が1年前ぐらいにオープン。
相当儲かってるんでしょう。1週間前には隣に系列の寿司屋もオープン!

焼き鳥とラーメンと寿司があって
働いている人はみなさんアメリカ人。

味は、、、

残念ながらイマイチでした。

でも日本人にとってイマイチの味でも
アメリカ人には関係なさそうです。
ここブルックリンでも、和食人気は相変わらず勢いがすごいです。
f0063659_520810.jpg




[PR]

# by abekasu_ny | 2016-03-14 05:43 | 街の風景 | Comments(0)
2016年 03月 07日

おしゃれドーナツが人気

ニューヨークでは数年前からドーナツが大人気です。
ドーナツはドーナツでも、おしゃれ系のドーナツ。

クリームブリュレ、ゆず、パッションフルーツにベーコン味、、、!?
形は典型的な輪っか、穴のあいてないもの、星形や四角のもの、、、
f0063659_2401260.png
Doughnut Plantのドーナツ。
最近勢いがある店ですが、オープンは22年前。

私がニューヨークに来た1990年は、おしゃれ系なんてありませんでした。
次に来た2002年~05年あたりに、クリスピークリームっていう東京にも出店したお店が、ニューヨークでも人気でね。

めちゃくちゃ甘いんだけど、めちゃくちゃおいしくて。
おまけに店奥に製造工程が見れる工場が設置されてて、それも話題だった。
こちらでのビジネスがうまくいかず
いつのまにか、ニューヨークでは1軒だけになり、あの勢いは影も形もなくなっちゃったけれど。

その替わりといっては何ですが
おしゃれ系のドーナツが、マンハッタン、ブルックリンを中心にものすごく出店しています。

Manila Social Club
Dough
Doughnut Plant
Doughnuttery
Dun-Well Doughnuts
Leske's Bakery
Peter Pan Donut & Pastry Shop
The Doughnut Project
Underwest Donuts

これほんの一部です。
もうね、数えるとキリがないんだけど、、、??
1万円くらいする金のドーナツとかまで登場し、、、もう食べきれないです。

f0063659_11181159.png
下の記事には書いてないけど、最近レインボードーナツも人気のようですよぉ。
レインボードーナツの記事

これもやっぱりブルックリン・ネタです。
もうレインボードーナツとかレインボーベーグルとかいっぱい出過ぎて
追いつけません。。。
機会があったら試してみますね。


もっとドーナツのことを知りたい?

T-SITEに寄稿しました。→ 記事を読む






[PR]

# by abekasu_ny | 2016-03-07 02:47 | | Comments(0)
2016年 03月 06日

オキュラス(Oculus)オープン / NYCドローン映画祭

今週の主な動き


木曜にOculusがオープン → twitter

世界貿易センター跡地は、少しずつ復旧、リニューアルしつつあります。
昨年5月に、フリーダムタワーの展望台がオープンしましたが
今週木曜日には、
グランドゼロのすぐ側にある、白の羽のような建物「Oculus」もオープン。

ちょうど日本からクライアントが来ていたので、お連れしましたが
実際には、まだ半分ぐらいしか完成していなかった。。。
でもPATHや11もの地下鉄ラインを繋ぐ交通の要としての機能は整ったということで、このオープンなんでしょう。

スペイン人建築家のサンティアゴ・カラトラバ作ということで話題で
乗客のみならず、写真を撮りに来ている人が多かったです。
中には寝転がって撮ってる人も(笑)。


「NYCドローンフィルムフェスティバル」 → twitter


取材で行ってきました。

一部のマニアの間でドローン人気、じわじわきてます。
このフィルムフェスティバルは今年で2回目ですが、1か月前にすでにチケットはソールドアウト。
また記事になったらお知らせします。




[PR]

# by abekasu_ny | 2016-03-06 10:43 | NYやアメリカ人についてあれこれ | Comments(0)
2016年 02月 28日

「虐待は許さない!」動物愛護団体からのメッセージ

アメリカでは、毛皮コートを着ていると動物愛護主義者から抗議されるという話を聞きます。
だから、見るからに毛皮を背負っているような格好の人はあまり見かけないかな。
社会的風潮として動物の取り扱いは日本よりずいぶん厳しい傾向にあります。

動物は食べるべきではない、ファッションとして身につけるべきではない、
エンターテインメントとして利用されるべきではない
これらはすべて虐待である
というのが動物愛護主義者の言い分です。

先日、改めて考える出来事がありました。

家の近所に
Barklays Centerていうのがあってその前をよく通るのですが
先日は何か異様に人がざわざわしていました。
f0063659_047611.jpg
ここではNBAの試合や大物アーティストのコンサートなどが開催され
いつも人でごった返しているけど
今日は何やら様子が違う。

皆さん、真剣な面持ちでプラカード持っています。
よく見ると、中で開催されているサーカス「Ringling Brothers」への抗議活動でした。
f0063659_0462917.png
写真は、団体スタッフのジル・カーネギーさん。

時代は2016年。
もはや動物を狭いケージに入れて飼ったり
足に鎖をつけて自由を規制したり
調教のためにチェーンや電気系のもので刺激を与えられたり
ましてや見せ物なんてとんでもない!ということでした。

f0063659_0465191.png



私たちにできること

まずは、動物を使ったサーカスには行かない。
これはスタートするのに一番簡単なことです。

Ring Ling Beats Animalsのサイトで見たもの知ったものを知り合いにシェア、拡散する。
このウェブサイトで、どのようにひどい調教を受けているのか紹介しています。

PETA's Actionチームに加わり、抗議デモに参加する。
PETAというのは動物の権利を守るための団体で、世界中にメンバーやサポーターが300万人います。

Action! 賛同する方はどれか自分の負担にならない方法で
行動してみてください。




[PR]

# by abekasu_ny | 2016-02-28 03:49 | NYやアメリカ人についてあれこれ | Comments(0)
2016年 02月 22日

NYのリヤカー商売&フードトラック

土曜日のお昼過ぎ、カンカンカンカンという商売の音。
窓の外を見てみると、犬を連れたトラックが一台、通りをゆっくり流している。

最初はアニマルレスキューのトラックかと思ったけど
よーく見ると、ナイフ研ぎ屋さんみたいです。

f0063659_2594413.jpg
「Mike & Son Sharpening Service」。写真はFacebookから拝借

なんだかほのぼのしていていいですよね。
今日も近所の人が数名、ハサミやナイフを研いでもらっていました。

このカンカンという音。
表現がしづらいんだけど、アメリカとかヨーロッパで昔よく聞いていたような
電車が出発する際の音に似ています。


フードトラック(屋台)事情

トラック商売といえば、ニューヨークではフードトラック!
大人気で、これまでいろいろと記事として取り上げました。

一番有名なのは、、、
アイスクリームトラック
夏の風物詩として有名です。

ニューヨークの子供たちはこの音楽が聞こえたら、
「あ!アイスクリーム屋さんが来た♪」となるわけです。

またうちの近所はバスケットコートがあって
夏の間は頻繁に試合が開催されているのですが
そのお客さん向けのフードトラックも多いです。

これはスモーキーなジャークチキン屋さん。
(すべて撮影許可いただきました)

このマシーンを開けると香ばしい煙がふわ〜っと出てきます。
f0063659_1129719.jpg
シズル感を出すのが難しい。。
f0063659_11292493.jpg
f0063659_11293652.jpg
お兄さんが食べやすいサイズにガシガシ切ってくれます。
平日はウォール街に出店していると言っていました。

また約3年前に取材した記事はこちら→(1)(2)(3)

数年前の情報なので、少し事情は変わっているかもしれませんが
フードトラック人気はそのままです。


私の子供時代の思い出in 日本

私が子供の頃は、近所に毎朝7時前ぐらいにお豆腐屋さんが小型トラックで売りに来て、哀愁のあるラッパの音が聞こえると
マイボウルを持参して買いに行ってました。
記憶では、お豆腐がメインだったけどほかにもちょっとしたものが売られていたような。

さらに、おばあちゃんの家がある住宅地では
夜になると、チャルメラの音楽と共にリヤカーで売りに来る豚骨ラーメン屋までありましたね。
皆で食べた深夜のラーメン、おいしかったなぁ。

昭和ですね〜(笑)。両方いい思い出です。



[PR]

# by abekasu_ny | 2016-02-22 11:43 | NYやアメリカ人についてあれこれ | Comments(0)
2016年 02月 16日

禁酒 100 day challenge中につき(2)

(前回からのつづき)

今回禁酒をするにあたり、一つだけきっかけはありました。

それは先週の金曜日。
ミステリーショッパーをしている友人夫婦に誘われて
とあるレストランにご飯を食べに行くことがありました。

ミステリーショッパーとは覆面調査のことで、
普通に客のふりをして、サービスがどうだったか、ウエイターやバーテンダーの知識はどうだったかを
採点します。

バーでアルコールを頼まなければならず、私はお酒要員として誘われたのです。
その後テーブルに移り、ご飯を食べながら
Jさん(旦那さん)がお酒を一切飲まないことに気づきました。

40代半ばのJさんは、若いときはバーボンの瓶を1人でも開けられるような酒豪で
アルコール中毒までいかないにしても、毎晩晩酌は当たり前の人でした。
一方、奥さんのCさんは下戸。

Jさんは、ある日突然、お酒をやめてみようかと思ったそうです。
理由は年齢的にお酒に疲れたから。
そしたら不思議。以前より健康に前向きになり、もう全く飲みたくないとか。
断酒して2年になるそうです。

そして言われました。「I can do it, you can do it」.

お酒要員の私は、ビールを飲みながら「へぇ〜」と興味深く話を聞いていましたが
別に強制もされなければ、自分自身禁酒をしようという思いも微塵もなく。

でもその後家に戻って、なんとなく「また禁酒をしてみようかな〜」という気持ちに自然になりました。

理由は、、、、、

More つづきを読む…
[PR]

# by abekasu_ny | 2016-02-16 02:15 | 健康 | Comments(0)
2016年 02月 15日

バレンタイン

バレンタインデーですね♡

これまで何度か書いてきましたが
アメリカのバレンタインは日本のものとはまったく異なるもの。

女性が男性に好きと伝える日でも、告白する日でも
男性の同僚にチョコレートを渡す日でもなく
カップルがカップルであることを楽しむ日。
男性が奥さんや彼女をもてなす日。

だから日本のデパ地下のチョコ特設売り場のような、混雑ぶりはありません。

かわりに見かけるのは…。

f0063659_7502523.jpg
バレンタインデーの2日前の金曜日のオフィス。
こうやって女性の職場に花束をわざわざ送ってくれる優しい殿方もいます。
女性としては嬉しいですね。

よ〜く見ると、その隣の机にもバラの花束が。

f0063659_751812.jpg
私もお花以外で
過去には馬車が迎えに来てくれたり、家に帰ったらバラの花びらが床に敷かれていたり
高級ディナーをごちそうになったりしたことも(遠い目)

男性って、女性を喜ばすのが好きなんですよね。

この日、なぜかオフィス受付の男性の机にも
白い花束が花瓶に生けられていました。
あれは何だったのだろう?
女性から男性へのプレゼントももちろんありだけど
男性への花束っていうのは?
来週機会があったら聞いてみようっと。

では、皆さん素敵なバレンタインデーを♡


【参照】
PCは右、携帯は下にある検索ボックスで「バレンタイン」と入れると
以前書いたバレンタイン関連の過去記事がでてきます。




[PR]

# by abekasu_ny | 2016-02-15 01:12 | イベント | Comments(0)