<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 30日

NYの冬が楽しくなる防寒法 2016-17


私のブログを訪問してくださる方によく読まれる記事に
以下のものがあります。

NYの冬が楽しくなる防寒法


毎年だいたい11月に入ってぐらいから、アクセス数が伸びます。
そしてニューヨークでは、毎年クリスマス超えたあたりぐらいから”本当に寒い”冬の到来となりますので、アクセスも軒並みup up!
(今年はそういう意味で、”まだ”寒くありません)

私の中でマイルールは、毎年氷点下マイナスになるまでは
日本でも着るような普通のコートで乗り切ります。
(さすがに摂氏2〜3度ぐらいになると、その下にユニクロのウルトラライトダウンを重ねることも)
氷点下以下になったら初めて、二重構想の最強ダウンをワードローブに投入します。

厚手の最強ダウンは、前回(上)の記事でも紹介した、Mackageのダウンが多いですね。
Mackageは本当に気に入ったので、あれから黒&茶と、色違い、デザイン違いのダウンを2着揃えました)


ニューヨークの最強コート選びのポイント:

  • ボディはもちろん、首元や手首なども二重構造のしっかりした作りを選ぶ(その分、その下は半袖やノースリーブワンピなどが、NY風)
  • サイズは小さめがかわいい(Mの人はSを、Sの人はXSやXXSをトライして)
  • ウェストが絞られているもの(シルエットがぼってりしがちだからというのはもちろんですが、ウェスト周りをタイトに絞ることで風の入りを防ぎます!)
  • フードがついているもの(日本ではただの飾りですが、こちらは耳が痛くなるほど本当に寒いので。特に吹雪の日は重宝します)
  • 色は黒以外がよいかも(NYではみなさん、黒色のコートや服ばかりです)


ところで、今年はダウンを新調しようといろいろ見ていました。
MONCLERとかもいいんだけど高い! 
1000ドル、2000ドル出さなくても
デザインがかわいくてあったかくて質のいいものは…

行き着くところはやっぱり
”本当に寒さを知っている人が作る”カナダ産のダウンなんですよね。

みなさんもご存知「Canada Goose」はあたたかくて本当に人気で、2〜3年前から街中で着ている人たくさん見かけるけど
あまりにもたくさんの人が着すぎているので、私はやめました(笑)。

私が今年選んだのは、、、



(Mackageの姉妹ブランドです)

お値段も600ドルちょっとでデザインもかわいいし、すごく気に入っています。
色は、白に近い薄いグレーを選んでみました。

コートやバッグ、シューズを新調すると、それだけでお出かけが楽しくなりますね〜♪
これで、今年の冬の準備万全です!



[PR]

by abekasu_ny | 2016-12-30 09:42 | NYやアメリカ人についてあれこれ | Comments(1)
2016年 12月 17日

久しぶりの平日サルサ

f0063659_10515281.png
















私のサルサ歴は、地元・福岡にいたときからなのでもうずいぶん長いです。
それなのにいつまでたってもそれほど上達していないのは、集中して練習を続けていないからにほかなりません、ハイ。

情熱いっぱいのT先生がフロリダに引っ越しをして教室がクローズして以来、
オンオフ(ほかのサルサ教室に行ったり行かなかったり)の生活だったけど、
つい数日前に、ばったり道で以前のサルサ友に会い、うちの近所(徒歩8分ほど)にあるサルサ教室がいいよって紹介してくれました。

こういう突然のオファーって、天から降ってきたある意味チャンスだと思うし、
ちょうどその日に入っていた予定が翌日に変更してスケジュールが空いていたので、
これも何かのご縁だと思って、久しぶりにクラスをとってきました。

2時間のクラス、最初の1時間はシャイン(ダンスのソロ)、あとの1時間はパートナーワーク、みっちり練習してきました。

「(リードに)抵抗しない」「流れに乗る」「ミスしても止まらず、踊り続ける」。
苦手なダブル&トリプルターンのときは「できると信じる」「自信を持つ」。
そして「笑顔で」…。

これらは実生活でも十分に役立つ教えです。
そう、ダンスの練習って、別にダンステクニックだけを学んでいるわけではなく、
私にとっては人生の教訓も一緒に教えてくれるものなんですよね。

ニューヨークの冬は体を動かさずに家にこもってしまいがちですが、
練習をできるだけ続けて体を定期的に動かそうと思っています。

[PR]

by abekasu_ny | 2016-12-17 10:53 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(3)