《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:今日の感動( 7 )


2016年 03月 27日

ブラボー! 渡辺謙@ブロードウェイ

f0063659_5201123.png
昨年行き逃してしまいましたが、
渡辺謙さんが3月17日より再び『王様と私』で主役を演じるということで
今回やっと行けました。

公演前にガンが発覚し、中止かと心配しましたが
何とか完治されての登場です。

ブロードウェー観劇で一番良い曜日、火曜日を狙ってチケットを購入。
前回は昨年秋のSpring Awakening以来の観劇です。

約1000人収容の会場は満席で、ほとんどがアメリカ人のようでした
(アメリカ人ではないかもだけど要は日本人ではない)

開演前から、周りの人が
「彼はラストサムライの人よ」と渡辺謙さんのことを話していました。
f0063659_5203985.png
4つのトニー賞を受賞した『King and I』


そして、開演。
ドキドキ。。。


もうね、渡辺謙さん、パーフェクト過ぎます。
演技、オーラ、英語すべて完璧。
(ダンスと歌も、あの年齢を考えると素晴らしい)

日本人でブロードウェーに出られる人はいると思うのですが
主役を取れる人が、トニー賞の主演男優賞にノミネートされる人が何人いるでしょうか?
彼はやはり、日本が誇る世界に通じる大スターだと、白熱した演技を前にそう感じました。

もちろん英語に訛はあって、 昨年の開演当初は、英語が聞き取れないと
ニューヨークタイムズが報道していましたが
十分通じていましたよ。

そもそもタイの王様で、イギリスから英語講師を迎えるいう設定だし
アクセントは問題なし(脚本と彼の表現で、大爆笑を誘うこと数回!)。

なんかね、知り合いでも日本から出張に来て、通訳つけない人がたまにいらっしゃるんですよ。
英語はそこまでしゃべれないのに、です。
理由は、「自分の業界の説明は英語でできる。質問されることもだいたい同じなので、英語で返答できる」とのこと。
いや、その度胸がすごいと思います。

渡辺謙さんも英語の台本を完璧に覚え、アメリカ人に伝わりやすいように相当トレーニングされたんだと思います。
本当にすばらしい。
もちろん公演後は、渡辺謙さんともう1人の主役ケリー・オハラさんで
スタンディングオベーションがわき起こりました。

公演中の写真はここからご覧いただけます。



どのように主役が決まったのか?

さて、どうやって渡辺謙さんがブロードウェーの主役を掴んだのか
気になったので、公演後に調べてみました。

演出家のパートレット・シャーさんがニューヨークタイムズで語った情報によると
映画『硫黄島からの手紙』で謙さんの演技に感銘を受け、そのときに王様はこの人だとピンときたそうです。

その後、シャーさんがカナダで映画『ゴジラ』を撮影していた謙さんのもとを訪れ、直談判したそう。
謙さんは、「出演作品は、自分の心の針が振れるかどうかで素直に選ぶ」というのがポリシーだそうで
快諾し、出演が決まったそうな。

この“自分の心の針が振れるものを素直に選ぶ”っていいですね。

f0063659_521162.png
Vivian Beaumont Theater




[PR]

by abekasu_ny | 2016-03-27 05:45 | 今日の感動 | Comments(2)
2015年 11月 08日

旧友とお芝居&ジャズブランチ

日本では仕事柄、毎晩のようにライブ&お芝居etc…とエンタメが身近にあった。
なのに、エンタメの街・ここニューヨークにあって
それらをうまく「活用」しきれていない生活だなと感じることが多い。

でも先週はエンタメ生活に復帰できた週でした。

数年前にニューヨークに住んでいた旧友Sちゃん。
彼女は今、東京で舞台女優として活躍している。
そのSちゃんが数年ぶりに戻って来た。
前回会ったのは2011年、私が東京に寄ったとき以来の再会。
(あのときは美女Sちゃん連れて、焼き肉@新大久保→イケメン韓流カフェと、ディープな東京滞在だった。ププ)

久々のニューヨークで、夜は忙しいからブランチに行きたいとSちゃん。
以前ここに住んでいたとなると、店選びもちょっと一捻りしたいところだけど
ブランチできるところでSちゃんが行ったことがない店。。。ということで
グリニッチビレッジの、ジャズブランチで有名な「Garage」へ。
(ウェブサイトは音なります、注意!)

f0063659_103336.jpg
ここは、観光客にもすごく人気の店なんだけど
ミュージシャンやってる友人から、リースが切れて今年末にクローズするという噂。
最後に行っておきたかったので、行けてよかった!

f0063659_2181211.jpg
普段は食べることがほとんどないエッグベネディクト。
フィレミニョンとシュリンプが盛られボリューム大!

そんでもってSちゃん、さすがはプロですね。
毎晩忙しいというので、友人たちと飲み明かしてるのかと思いきや
ほぼ毎晩、1人でお芝居を観に行ってるんだそう。

私が前回ブロードウェー・ミュージカルを見たのはいつ〜?(遠い目)
ということで、こういうのもご縁だと思って一緒に観に行くことに!

Fun Home(ファンホーム)
King and I(王様と私)
Kinky Boots(キンキーブーツ)
The book of Mormon(ブックオブモルモン)
Hamilton(ハミルトン)
etc……

久々なので、観たいものはいっぱいあったのだけど
いろいろ調整した末、このお芝居に連れて行ってもらうことになりました。

『Spring Awakening(春のめざめ)』
日本では劇団四季も上演しているみたいです。

f0063659_105147.jpg
「開演前」に撮った写真(ちなみに上演中は撮影NGですー)

感想としては、演出がすごく良かったです!
ろうあの俳優さんが手話で、声担当の俳優さんと一緒に出るのだけど
音楽に合わせた手話の動きがミュージカルしていたし
声担当の俳優さんていわゆる黒子なんだけど、舞台の一部としての存在感があり。

時代背景をもっとお勉強して臨めば、もっと楽しめたかもしれません。
でもとっかかりとしては良かった。
これを機に、もっとエンタメに溢れた生活にシフトしたい〜。

そういえば観劇前、20分ばかし時間があったので
ほとんど行く機会のないタイムズスクエアのtktsブースの赤階段に観光客に紛れて
1人ぼ〜っと電光掲示板を眺めてみたり。

f0063659_2205647.jpg
「あぁ、今私はニューヨークにいるんだな」と思う瞬間(笑)。



[PR]

by abekasu_ny | 2015-11-08 02:23 | 今日の感動 | Comments(2)
2015年 09月 08日

YES! 目の前にオノ・ヨーコさんが

オノ・ヨーコさんが、突然私の目の前に現れました。
あれだけ会いたかった方が突然現れ、一瞬目が合い、そしてにこやかにゆっくりと横切っていかれました。
これホントの話です。

小野洋子さんといえば、私がニューヨークに来るときに、一番会いたいと思った方です!
彼女の方から現れてくれるとは誰が想像できましょうか。

場所は、MoMa(近代美術館)の「Yoko Ono One Woman Show 1960-1971」。
時は、その展示会の最終日だった今日。

f0063659_1141366.jpg

f0063659_11372767.png
最終日の閉館30分前の午後5時ごろのことです。
まぁまぁ人が入っていました。

展示を半分ぐらい見終わって
「To See The Sky」という、螺旋階段を上がって空を見るという作品で順番を待っているときでした。
一瞬「あれ?向こうから静かな集団が来たな」と、思った瞬間
先頭にオノヨーコさんがいたのです!!
そして、私たちは目が合ったというわけです。

そのとき、彼女は微笑みながら「あら!」という表情をした
(ような気がした。直感で、私のことを日本人と分かったと勝手に思っています)ので、
私はその控え目で温かみのある表情に対して、
無意識に手を振って応えていました。
(後になって、彼女は日本人で巨匠で目上の方なのだから
お辞儀をして敬意を表すべきだったのではと1人反省…)

その後、彼女は関係者2〜3人と作品を見ながら、ゆっくりとギャラリーを周り
写真を撮られたり
何人かの人に話しかけれたりしていましたが
来場者はマナーがあり大きな混乱もなく、その「集団」は大きくなりながらも静かに移動。

f0063659_1139108.png
ギャラリーを出ていよいよエレベーターに向かうオノ・ヨーコさん。
誰かが話しかけ終わった後に再び歩き出したご一行に向かって
「小野さん!」と日本語で声をかけました。

海外で日本人アーティストに日本語で声をかけると振り向いてもらいやすいと
以前お会いした草間彌生さんのときに実感したので。

「千載一遇のチャンスを失うな」と、瞬時に思いました。
でも周りに人がうじゃうじゃいたので、お声がけはあくまでも控え目に。

私の声はかろうじて届き、3回目で振り返ってもらえました。
「ずっとファンなんです。私も日本人です。もしよければ握手していただけませんか?」と日本語で尋ねると、
か細く優しい声で「What did you say?」と聞き返されましたが(笑)
何とか通じたようで握手をしてもらえました!
(最近の彼女は、すべてが英語の生活なのでしょう)

その手は、甲の横幅が細めで、ほどよい厚みがあり
やわらか〜い握手でした。
まさかこんな近くで会えて、しかも握手まで!
なんてラッキーが突然舞い込むんだろう〜!!!

日本にいた頃数えきれないほど有名人に会ったけど
握手や記念撮影をお願いしたことは一度たりともありません(仕事だったしね)。
でもそれぐらい、オノヨーコさんというのは私にとって"特別な"存在なのです
おかげで閉館まで興奮して、集中して作品が見れませんでした。


この経験を通して感じたこと

このサプライズな出来事は、私にあることを思い出させてくれました。
日々の生活の中、どんなにがんばっても、がむしゃらにやってもドアが開かないことがあるけど
向こうから来るものもある、ということ。

だからどうにも開かないドアをこじ開けることにエネルギーを使わない。
そして起こること、向こうからやってくることは奇跡に近いから
それら一つひとつの事象にどんな意味があるのかに注目して、チャンスになるものは感謝して生かさないとね。

そしてもう一つ。
不思議だったのは、今日私がここに来たこと。
これは計画されていなかったことで、昨日急に決まったことなのです、実は。

展示が始まった5月ごろはまだまだ先が長いからそのうち行こうと思っていたのですが
そういや、「Yoko Ono展」は9月上旬ぐらいまでだったよなと、
昨日”ふと”思い出し、インターネットで調べたら、何と明日までと分かったのです。
先日の撮影のエピソードもそうだけど、最近日にちの直感も研ぎすまされてきてるなと感じます。

そして、ちょっとでもやりたいと閃いたことを実行に移すと
ついてる
ことが多い!

これは、ちょっと行きたいな、でも計画が面倒だな、と思っているあの地に
長期でお休みが取れる来月、行ったほうがいいのかもしれません!

以下今日の思い出の写真
f0063659_11385364.png
f0063659_11392911.png
f0063659_11394415.png
YES! ジョンとヨーコがロンドンで出会ったきっかけの「天井の絵 Ceiling Painting (YES Painting)」


以前書いたオノ・ヨーコ関連記事








[PR]

by abekasu_ny | 2015-09-08 12:07 | 今日の感動 | Comments(3)
2013年 11月 05日

La Soiree ラ・ソワレ

「ラ・ソワレ」というショーに、プレスレビューで招待してもらいました。

f0063659_954438.png

La Soiree
(↑ビデオ観れます)

サーカスとキャバレーが融合したショーで
世界12か国24都市で大ヒットしたとのこと。
何やら観る前から面白そうな予感、、、

観た感想、
とにかくハチャメチャで面白かった。

この時期NYに来る方、
普通のブロードウェーショーに飽きた方
コメディーが好きな方
下ネタOKな方
に、おすすめです。

キャバレーなんで基本男性向けだと思うんだけど、
女性も十分楽しめる内容。
なんてったって
ムキムキのイケメンが上半身裸で披露するポールダンスや
イケメンが浴槽でずぶ濡れになりながら披露する曲芸が美しく
セクシー過ぎ〜(しかも笑える)。

手品の女性が結局全裸になってしまったり!!!!(あのハンカチはどこへ?)
館内でタバコをふかしたり、それを口の中で消したり(nycでは室内の喫煙は違法のハズだけど許可もらっているのでしょう)
お客さんを色気で挑発したり、お客さんの飲んでるビールを取り上げ一気飲みしたり、
超ギリギリ?の内容。これができるところがニューヨーク!?

素人の観客もどんどん巻き込んでいって、その人たちの表情を観るのも一興。
最前列は男性だとステージに上げられやすいのと、水に濡れやすいのでご注意(ビニールシートあり)

MY評価:★★★★★

f0063659_9543067.png
フィナーレの場面




[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2013-11-05 12:58 | 今日の感動 | Comments(0)
2013年 09月 08日

TOKYO Olympics 1964 and...2020!!!

f0063659_751126.jpg

東京おめでとう!

選ばれるのが今日とたまたま知って
ネットでライヴで観てたけど
決まった瞬間、
震えた。泣いた。
f0063659_75074.jpg

f0063659_75432.jpg

f0063659_75744.jpg

猪瀬都知事がこの春、
ニューヨークタイムズ紙に
イスタンブールへの失言をスッパ抜かれたときにゃ、
もうほとんどダメだろうと思っていた。

でも最後まで諦めないで良かったね、トーキョー!

海外に住んでると、汚染水だの放射能だの少子化だのと気が滅入るニュースばかりの中
久しぶりに耳にした日本の明るいニュース。
ただただうれしい。

世界中のIOCを騙したと言われないように、問題が一つひとつ解決していきますように。

(画像はすべて生中継からのスクリーンショット)


[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2013-09-08 09:04 | 今日の感動 | Comments(2)
2006年 12月 11日

ホリデーパーティー、初めての似顔絵

f0063659_2271511.jpgこの週末は、アッパーウエストにあるファンシーなレストランで、公私共にたいへんお世話になっているNさん&Jさんご夫婦主催によるホリデーパーティーが開催されました。
お二人とも、NYの某大手金融系で20年にもわたって勤務されてきた方なので、とにかく人脈が広いこと、広いこと…。
3フロアに展開したレストランは招待客でいっぱい埋まっていたので、ざっと200人ぐらい(?)でしょうか。
会社ではなく個人でそのような規模のパーティーを主催し、ご招待できるN&Jさんご夫婦って改めてすごいよな~と思います。

ところで日本式パーティーだと、司会とかちゃんといて、ご挨拶や来年の抱負など主催者のスピーチがあったり、ビンゴゲームとか何かしらの余興が用意されていたりしますが、アメリカのパーティーっていうのは、基本的にそういうのはナシ。
人と会うため、ネットワーキングのためのパーティーなので、司会もスピーチも余興もないのが普通です。
ですから、自分から「楽しもう!」とか「人と話そう!」という気持ちや姿勢が大切です。

ただし今回の場合、N&Jさんのナイスアイデアだなって思ったのが
クラシック音楽の生演奏あり+(プラス)
エンターテインメントとして店奥のスペースに2人の占い師さんと、絵描きさんがゲストとして呼ばれておりました。

…ということで、人生初の自分の似顔絵がコレ。
私の前に並んでいた方が「少し細く描いてくれるかしら?」と注文したのに
「う~ん、ダメよ」となかなか厳しい絵描きさんだったので、私のときちょい緊張☆
似顔絵は、流した前髪ぐらいしか似てないと思うのだけど、みんなに「ソックリ!」と言われてしまった。
う~ん、どうなんでしょうねェ~?!?!?

パーティーは3時間にわたって開催されましたが、その間おいしいイタリアンとワインをいただきながら今年Nさんを通じてお会いした方々とも再会。
そしてこの場で初めて出会えた方もいらっしゃって、とても楽しく有意義な時間でした。

[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2006-12-11 13:05 | 今日の感動 | Comments(4)
2006年 02月 25日

オリンピックで寝不足

日本の荒川静香選手がフィギュアで金を獲りましたね!おめでとう!!
今朝の「ニューヨーク・タイムズ紙」でも、彼女の記事が1面を飾っていました。

私、あまりフィギュアのことは知りませんが、素人目から見ても、
銀との差は歴然とした、見事なまでの素晴らしい滑りでしたネ。
パワフルな滑りが特徴の西洋人に比べ
荒川選手の滑りは、しなやかなだと思いました。1つ1つのポーズの流れ(ムーヴメント)も滑らか。こちらのTVでも何度もリピート放送され、「エレガントかつパワフル」「ジャパニーズ・ビューティ」と大絶賛されていました。滑り終わった後の、テレビ画面いっぱいに映ったスマイルも美しかった!!そんでもって、金を獲ったにも関わらず少々控えめな喜びが、これまた大和撫子らしい…。

ということで、床に就いたのは午前4時をまわったころ…。眠いッ!!

[北米 人気ブログランキング]
[PR]

by abekasu_ny | 2006-02-25 02:48 | 今日の感動 | Comments(2)