《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コーディネート【NY進出】( 4 )


2015年 08月 31日

オフィスの引っ越し

ニューヨーク進出時に入居したオフィスが手狭になったので、新しいオフィスに引っ越しました。

f0063659_5152233.jpg
明るくてロフト風の造りで、良い感じです♪

ちなみに、前回も今回も
スタートアップや小規模の会社にはピッタリな、「コワーキングスペース」を利用しています。

家賃が格安なのと、光熱費やコーヒーなどの諸経費がすべて含まれるので
コンピュータさえ手元にあれば、すぐに入居して仕事が開始できるなど
利用するメリットは大きいです。

ただニューヨークには、星の数ほどコワーキングスペースがあり
いったいどこを利用してよいのやら、迷ってしまうでしょう。

そういう場合に役立つよう、
先日コワーキングスペースをいくつか取材して、記事にしました。
ニューヨーク進出や視察などを予定されている方に
参考にしていただけるとうれしいです!

厳選5:ニューヨークのコワーキングスペース事情




[PR]

by abekasu_ny | 2015-08-31 04:43 | コーディネート【NY進出】 | Comments(0)
2015年 01月 11日

アメリカ人の採用のハナシ

とあるサイトに求人を出したところ
翌日から、すごい数のレジュメ(履歴書)が毎日届き、
アメリカ人(というか、ニューヨーカー)の転職熱をひしひしと感じます。

アメリカには、日本のような終身雇用の考えはほとんどなく
実際にレジュメを見ても、ほんの数年(人によっては数ヶ月)の職歴を次々に重ねている人多数。。。
しかしこのすべてがネガティブな理由ではなく、
より良いポストやより良い給料を求めて、「どんどん転職すること」がこの国では当たり前ってことなんです。

さて、応募してきた人の中でよさそうな人がいたので
上司と一緒に、何人か面接しました。

アメリカ人に面接する立場は初めてですが
どの人も面接に対する姿勢や質問内容などは、日米大差ないように感じました。
ただ、アメリカ人の気質として
自分ができることを自信満々に、そしてややオーバー気味に話す傾向があるので、
注意せねばなりません。

彼らが言ったことを丸々信じて採用して
こちらが期待していたほどではなかったとか、
向こうもこんなはずじゃなかったとか
そうならないためにも、「見極め」が必要ですね。お互いに。

それを回避する方法

1)リファレンス(推薦書)

過去働いた、最低1〜2社の上司や社長から、
推薦レターを発行してもらう。

大学卒業したばかりの人は、大学の教授などに
いかに優秀で真面目な学生だったかの内容を書いてもらっても可。

たまに、採用する会社は、前職に直接電話をかけ
どんな人だったか、聞くこともあります。
これが在職中の場合、上司からすると「え、おまえ転職考えてるのか?」と
ややこしいことになるのも確か(笑)

2)「Temp to Perm (紹介予定派遣)」を利用

いきなり正社員で雇うのはリスクが大き過ぎる。
リスクを避けるために、人材派遣業界には「Temp to Perm (紹介予定派遣)」というシステムがあります。

これは、はじめのある一定の期間だけ、フリーランスとして契約し
その契約期間中は、双方(どちらか一方でも可)の意志で契約を解除したり、退職したりは自由。
契約後も双方が気に入れば、コンバージョンフィーを支払って正社員に登用。
これなら、企業側も雇われる側もWin-Winの関係になれます。
うちの会社でも、利用する予定で進めています。

あとは、、、どんな方法があったかな?

どちらにせよ、人を採用したり人に会う際に感じる、「instinct (直感)」というのは
人が無視できない能力なのかもしれません。


[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2015-01-11 00:44 | コーディネート【NY進出】 | Comments(8)
2014年 11月 04日

新オフィスに入居

先月からオフィスを探していましたが、すごくいい場所が見つかったので
今月(今日)からムーブイン(入居)となりました。

f0063659_13504517.png
写真は、テロから13年後の今日、倒壊した世界貿易センター跡地に正式オープンした
One World Trade Center(別名、フリーダムタワー)。
私たちが入居したビルはここではなく(お〜い)
このワンワールドトレードセンターが目と鼻の先にあるビルの26階で
この豪華な景色が目の前に広がります。

f0063659_635032.jpg
オフィス内のミーティングルームや共有スペースはカラフルでオシャレ。
f0063659_64545.jpg
なぜか、ゲームルームもあります(!)
そういえば、昔訪問したGoogle社にもゲームがたくさんあったなぁ。
f0063659_642088.jpg
f0063659_643432.jpg
この日はランチが食べ放題。ラッキー!
(ちなみにコーヒーや生ビールは“毎日”飲み放題。飲み過ぎ注意報が出そうです)
f0063659_645066.jpg
窓からの景色。

f0063659_13571687.pngf0063659_13573234.png
One World Trade Centerの夕暮れの景色。

さぁ、次は人の採用です〜。


[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2014-11-04 11:04 | コーディネート【NY進出】 | Comments(2)
2014年 10月 12日

NY進出  〜オフィス探し篇〜

10月から新しい仕事を始めたのは、先日ブログに書いた通りですが
この会社、コーポレート登録はすでにしているものの、まだニューヨークにはオフィスがありません。
私の最初の仕事は、オフィス探しから。

人を採用する前の段階なので、まずは少人数で入れるところを探します。
スモールビジネス用に、オフィスのスペース貸し、またはデスク貸しをしているところにアポを取り、
3軒下見をして来ました。

1つはソーホー、二つ目はノリータ、三つ目はフルトンです。
(担当者がブルックリンに住む予定なので、すべてダウンタウンエリアに集中)

f0063659_3273616.jpg
ソーホーオフィスのレセプション。
水やオーガニックコーヒーに加えて、なんと生ビールまで飲み放題!
ゲームもできます。

ソーホーらしく、オフィス部分はレンガ壁で、レセプションもご覧のとおりオシャレでしたが、
オフィス部分は窓が少なく、全体的に明るくないのが気になりました。
あと、角を曲がったらすぐ日系スーパーや日本の喫茶店があるんだけど
それ以外のほとんどすべての店がブランド店か良さげなレストランで、
リーズナブルなランチ処が少なんですよね。
10年前に働いた会社もソーホーにあったんだけど、確かに昼どきはオプションがなさ過ぎて困ったのを思い出しました。

ランチ処はオフィス選びの際のチェックポイントの一つなので、ここはどうかな〜?といった感じ。

次はノリータ。
ここもレンガ壁でおしゃれ。チャイナタウンやリトルイタリーの近くで昼時も困らなそう。
でも、全体的にスペースが狭いのが気になりました。

f0063659_3275623.jpg
最後は、フルトンオフィス。写真は19階のレセプション奥のパブリックスペースです。

ここは、一目見て気に入りました。
まずビル自体が新しくて近代的。1階の受付は、3〜4人体制で駅の改札口のようなバーが設置され、セキュリティーもばっちり。
ここの19階にもまた単体のレセプションがあり、明るくてクリエーティブで開放的。
ここで仕事している人、
クッション敷きのスペースに横座りして、カジュアルミーティングしている人も。

最終ジャッジはあくまでも私の上司ですが、
どこのオフィスになってもニューヨークらしい雰囲気であるのは確か。
こんなところで仕事ができるなら、否が応でも気分が上がるでしょう!


[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2014-10-12 02:31 | コーディネート【NY進出】 | Comments(2)