《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:サルサ/ラテン音楽&ダンス( 17 )


2016年 12月 17日

久しぶりの平日サルサ

f0063659_10515281.png
















私のサルサ歴は、地元・福岡にいたときからなのでもうずいぶん長いです。
それなのにいつまでたってもそれほど上達していないのは、集中して練習を続けていないからにほかなりません、ハイ。

情熱いっぱいのT先生がフロリダに引っ越しをして教室がクローズして以来、
オンオフ(ほかのサルサ教室に行ったり行かなかったり)の生活だったけど、
つい数日前に、ばったり道で以前のサルサ友に会い、うちの近所(徒歩8分ほど)にあるサルサ教室がいいよって紹介してくれました。

こういう突然のオファーって、天から降ってきたある意味チャンスだと思うし、
ちょうどその日に入っていた予定が翌日に変更してスケジュールが空いていたので、
これも何かのご縁だと思って、久しぶりにクラスをとってきました。

2時間のクラス、最初の1時間はシャイン(ダンスのソロ)、あとの1時間はパートナーワーク、みっちり練習してきました。

「(リードに)抵抗しない」「流れに乗る」「ミスしても止まらず、踊り続ける」。
苦手なダブル&トリプルターンのときは「できると信じる」「自信を持つ」。
そして「笑顔で」…。

これらは実生活でも十分に役立つ教えです。
そう、ダンスの練習って、別にダンステクニックだけを学んでいるわけではなく、
私にとっては人生の教訓も一緒に教えてくれるものなんですよね。

ニューヨークの冬は体を動かさずに家にこもってしまいがちですが、
練習をできるだけ続けて体を定期的に動かそうと思っています。

[PR]

by abekasu_ny | 2016-12-17 10:53 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(3)
2015年 12月 21日

El Espiritu De La Salsa

記録用:




私のサルサの師匠(一見ヤクザ風だが実はすごい人情の厚いインストラクター→過去ブログ参照)を
HBOが撮影した映像を
Facebookでサル友がシェアしてくれた!

さすがHBO作だけあり、クオリティが高く内容が濃いです。

このビデオ(6年前撮影)でも、「ガム喰うな」と言ってます(笑)

笑いあり、涙あり、いろんなドラマあり。
私にとっての日々のニューヨークの風景、そのもの!??




[PR]

by abekasu_ny | 2015-12-21 10:09 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(0)
2015年 11月 01日

パフォーマンス、無事に終了

世の中はハロウィーンで大騒ぎですが、私の頭の中はサルサパフォーマンスでいっぱいでね。
でも昨夜、無事に終了しました!

f0063659_8382519.jpg
「choreography」クラスのパフォ(私のチームではありません)

私が通っているスクール(サントリコ)のインストラクター2人が
フロリダに引っ越してしまうので
今回が最後の発表会、そしてフェアウェルパーティーも兼ねたものだった。

パフォーマーの家族や友人に加え
以前スクールに通っていた人や、ほかのスクールの人など
たくさんの人が見に来てくれました。

前回のパフォ(3か月前)は、コスチュームが何でもOKだったんだけど
今回はみんなで衣装を統一。
私たちのチーム(男女5組)は、赤と黒のコスチュームでまとめた。

f0063659_8402344.jpg
こちらは青と黒で統一した別のチーム。


ところで、自分がダンスすることでいくつか気づいたことがあります。

(1)緊張について

ステージに立つことって子供のころは楽器の演奏会やお芝居のナレーターなど
いろいろやったけど、緊張することはなかったな。子供だったからか。

でも物心ついたあたりから、ステージに立つ機会もなくなっちゃったし
パブリックスピーチではえらく緊張するタイプになってしまい、そういうストレスは避けてきた。

今回のステージでは、私のチーム(男女5組)の1人の女性もすごく緊張するタイプとかで
緊張緩和に有効な錠剤(彼女曰くオーガニックで体に優しいとか)を持ってきていて
私も興味本位で試しにもらって飲んでみた(笑)
(ある人に「スパシーボだよ」と笑われたが。。。)

そのお陰か、はたまた2回目のパフォだからかどうかは分かりませんが
全然緊張しなかった。自分でも驚くほど落ち着いて、失敗もせず踊りきりました。

自分がステージではあまり緊張しないタイプっていうのは
実は前回のパフォ(3か月前)で少し分かってたんだけどね。

前回はサルサパフォが人生初だったので、自分の体がどういう反応するのか未知だったけど
ドキドキしたのは最初だけで、踊り始めたら気分がどんどん良くなって
緊張も吹き飛んだのを覚えている。

(2)シャイについて

これを言うと必ず驚かれるけど、こう見えて実はシャイな人間でして。
知らない人が多いパーティーなどは結構苦手。

でもダンスをするときだけはシャイじゃなくなるから不思議

そして、踊りがシャイな人は、ペアで踊ってるとすぐ分かる。
でもそういう人と踊り終わって普通にしゃべると、全然シャイじゃなかったりするから
人間って面白いなぁって思う。

私は1回目のパフォが前列真ん中で、今回が後列だったので
両方を経験して分かったのは
前列真ん中:一番注目されるし振りを完璧に覚えなければというプレッシャーも大きい。
後列:いわばチーム全体のお飾りみたいなもんだから、注目されることも少ないし
その分プレッシャーも少ない(振りを間違っても気付かれにくいとか、
頭が真っ白になっても、前列の人の振りでキャッチアップできる…とかね)

でも、やっぱりやるならセンターですよ!
日本のアイドルグループが「センターに立ちたい!」という意味がよく分かった(笑)
次回パフォの機会がまたどこかであるとするなら、ぜひセンター勝ち取りたいです!

(3)ダンスやって良かったこと

エクササイズ効果。
仕事の後のダンスは、頭と体をシフトできる。
クラスの後は疲れるんだけど、いい疲れだということ。
スポーツや芸術などと同じで、国籍、人種や民族、業種、年齢などを超えて交流できる
すばらしいツールだということ。

f0063659_913519.jpg
f0063659_913237.jpg
フロリダに行ってしまう、トマス先生とタニーシャ先生。
みんなで色紙にメッセージ書いて渡したら
えらく喜んでくれた。

マンハッタン生まれ育ちのドミニカ系、トマス先生は
ヤクザの親分みたいな風貌通り(笑)かなり厳しい先生でね。
出席率や時間厳守はもちろんのこと、声出せとかクラス中にガム噛むなとか
「Yes or Yes?」が口癖で(つまり、Noと言わせないw)
アメリカ人にしちゃあ、かなりのスパルタ系で
それが嫌で辞めた人も中にはいるみたい。
(昭和生まれの日本人にとっては別にどうってことないレベルですけどね)

でも良い言い方をすると、かなりパッションのある先生だった。
だから定期パフォなんて彼らにとって面倒なことでも開催しつづけて
生徒のやる気をキープしモチベーションをあげ続けてくれたんだと思う。

こんないい講師陣に6月に出会えたばかりですごく残念なんだけど
別れは出会いの始まりでもありますから
また別のところでいい先生やクラスメートに出会えて
練習を続けていきたいな。




[PR]

by abekasu_ny | 2015-11-01 09:49 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(4)
2015年 10月 25日

ダンスのクラスで学ぶこと

ニューオリンズのシリーズの途中ですが、ちょっと休憩(本当の理由は写真がまだ整理しきれていない042.gif

サルサの発表会を来週に控え、今日はちょっとダンスと実生活を関連させたお話。

英語で「it takes two to tango」というフレーズがあります。
直訳は(タンゴは1人で踊れない)。
喧嘩両成敗、1人だけが悪いわけじゃないっていうときに使います。

これは、ダンスと実生活を結びつけたいい例ですけど、
ダンスのクラスで教わることの中には、ダンスのみならず実生活にも当てはまることが実は多いんですよね。

例えば、サルサのクラスでペアで踊るとき、先生がよく
「Don't fight. Don't resist. Just F・L・O・W ~. 」と言います。
直訳にすると(ダンスのリーダー=ペアの相手、と戦うな、抵抗するな、流れに乗りなさい)っていうこと。

ペアワークでは、難しいテクニックが必要になったり
これまで何度も失敗していると、自信がなくなり、つい緊張して体に力が入る。
変に力んじゃって、相手の動きに逆に抵抗してしまったりするんですよね、無意識で。
だから「FLOW」(流れに乗りなさい)っていうことなんです。

また、別の先生ですが、スタイリング・スピニング(女性の振り付け、ターンの仕方)のクラスで
ターンを成功させるためには2つのことが大切だと教えてくれました。

(1)息をすること
(2)信じること


もちろんダンスのテクニック的には、膝を曲げるとか、視線はこことか、腕をこの位置でこう振るとか、、、いろいろあるんだけど
究極この2つよ、という意味なのでしょう。

息をする(平常心でリラックス)
信じる(できる!と疑わない)

これはダンスのみならず、何を成功させるにも必要な2つの要素なのかもしれません。

PS>最後に、、、ダンスするときは常に「笑顔で!」と何度も何度も言われます。
特に、本番のステージ上では緊張したり状況が練習時と違うから
頭が真っ白になってしまうことも少なくありません。

でも、そんなときでも「笑顔でいよ」と。
笑うことで、ダンスのパフォのみならず、人生がスムーズに進む、と。

なぜなら、観客は誰も正しい振りを知らないし、
そもそも失敗してもこの世の終わりじゃないからだ、と。
確かに!

笑顔いっぱいで来週、踊ってきます♪



[PR]

by abekasu_ny | 2015-10-25 02:31 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(4)
2015年 06月 15日

ブラジル音楽 @ Bryant Park

f0063659_1083494.png
f0063659_1085945.png
f0063659_1092679.png
最近、足繁くスポーツバーに通っています。
なでしこ2015、勝ち点6で決勝トーナメント進出。
いい感じですね♡

さて、私にとっての夏の風物詩と言えば、これ。
Dancing in Bryant Park.

去年の記事
昨年のこの頃は、嵐の前の静けさだったな。
まさかこの数ヶ月後に、ビザで大変なことになろうとは一体誰が想像したことか?(泣)

エニウェイ、
今年は去年の奪回の気持ちもあり、今のところがんばって毎週行ってます。
キューバンサルサは、自分が踊るから当然写真はなし(笑)

そしてカメラ片手に参戦したこの日は、サンバとブラジル音楽「samba e mais」の夜。
f0063659_10101410.png

ラテン系はだいたいどれも好き。もちろんブラジル音楽も大好き。
みなさん、陽気に踊っていましたー。
f0063659_10103650.png
ニューヨークは、夏の間こんな感じで
ライブや映画、芝居など、野外の無料イベントが満載!
普段相当の税金を市に払っているのだから、この恩恵を受けて楽しまなきゃね!

【おまけ】
f0063659_101135.png
「どう見ても整形尻に、子供も目を奪われる」の図w



[PR]

by abekasu_ny | 2015-06-15 02:23 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(0)
2014年 06月 11日

バチャータナイト

f0063659_1242568.jpg
f0063659_123218.jpg
f0063659_1232541.jpg
f0063659_1234520.jpg
f0063659_124557.jpg
f0063659_12274353.jpg
f0063659_1244192.jpg
f0063659_124577.jpg
f0063659_1251266.jpg
f0063659_12351154.jpg

ブライアントパークで初夏に開催されている、Dancing in Bryant Park.

毎週、アルゼンチンタンゴやブラジリアン、スウィングなど
さまざまなダンスをテーマに、ダンスイベントが開催。
初日はサルサだったけど、仕事でどうしても行けず。
バチャータは普段あまりやらないけど、この空と緑の下で踊りたくて参加した。

ニューヨークはこのように、短い夏の間
いろんなところで、無料のダンスイベントが行われる。
クラブみたいにドロドロしておらず、爽やかなのがいい。
わたしも、夏の間にたくさん行きたい!

このイベント自体、実は明日のモータウンで最後。
 う〜ん、物足りない!!




[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2014-06-11 12:12 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(2)
2014年 04月 02日

アルゼンチンナイト

f0063659_12405372.jpg
会社の斜向かいに「malbec」「tango house」という、いかにもアルゼンチン系らしきお店があって、
ラテン好きの私としては昔から気になっていたんだけど
今日は友人が付き合ってくれて、初めて行ってみた。

Malbecはレストラン。
当然Malbecを注文しました(フルボディーのやつ)
名前は忘れたんだけど、クセがなく飲みやすくて、おいしかった〜。
8:30pmからは、階下の姉妹店、tango houseへ移動(中で繋がっている)。

ここの売りは火曜から土曜まで毎日
本場ブエノスアイレスから来たミュージシャンやダンサーがステージに立つというもの。
ダンスはラテン特有の密着度があって、優美であり官能的。
演奏は、アコーディオンが入ることで、クラシックより時にはかなく、時にドラマチックと情熱的なドラマがある。
ワインを飲みながら、”その世界に”入り込みました。

実は先週も、冴木杏奈さんのブルーノートの公演を見たばっかりだったので
ここに来て一気に自分のアルゼンチン熱が高まったみたい。

次の国外旅行はモロッコにしようと思っていたのに
急にアルゼンチンに行きたくなりました〜。
[PR]

by abekasu_ny | 2014-04-02 12:26 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(0)
2013年 09月 01日

International salsa congress 2013

f0063659_142045.jpg

国際的なサルサ競技会。
毎年あっているのは知っていたけど
チケットが300ドル以上と半端なく高いので、行ったことはなかったのですが
パフォーマンスやワークショップなどバラで買えると聞いて
10ドルチケット買って行ってみました。

地元ブルックリンやフロリダなど全米からのチームはもちろん、
日本からのダンサーも2組見れて
エセ・サルサファン(?)の私的には結構満足。
f0063659_142448.jpg

日本人女性ペアの、Yoko&Miyukiさん。
体つきや動きがダイナミックな欧米チームに比べ
この2人はエレガントなムーブメントが印象的。
荒川静香を思い出した。

他にもたしかabc projectっていう日本の団体も出ていたような?
男性も結構いて、みんな楽しそうに踊っていました。

私も今のスクールで、たまにチーム募集してるの聞くけど、あぁいうのは緊張するし超ニガテ!!

でも、この方たちニューヨークまで来てすごい度胸ですよ。見習いたい!

舞台裏で、メンバー数人に声をかけたら
東京と大阪の合同チームなんだって。
なんとニューヨーク入りしてから
一緒に仕上げたんだとか!

私もいつか日本に帰ったら
チームにまぜてほしい!^ ^
[PR]

by abekasu_ny | 2013-09-01 01:52 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(0)
2013年 08月 30日

久々平日午前様

昨年9月からちょっと真面目に通っていたサルサのクラス。
1年経ったところだし、ここは一つ区切りで9月からお休みすることにした。

9月から何するかな〜と思っていたら
偶然、2年ぶりに知り合いが連絡してきて
なんと彼女、antigravity yogaのインストラクターになったんだとか。
2年前に私が興味あるって言ってたのを
ちゃんと覚えてくれてたみたい。
呼び寄せてますね〜^ ^

そんなこんなで、今月までのサルサ。
アンリミテッドでクラス取れる形態なので今週は頑張って、仕事終わりに3日も通いましたよ。
体ボロボロ、、、

で、友人からcacheっていうnyでは有名なラテンクラブが移転して
今晩オープニングがあるから、行かない?と誘われ、クラス後にボロボロの体引きずって行ってきたー。

ちなみに私、クラスは取るけどほとんどクラブとかソーシャルには行かないです。
で、そんな私がクラブに行こうものなら、、あまりうまく踊れません(苦笑)。

クラスではインストラクターの後ろで教えてもらった通りに真似するから
運動神経とリズム感が悪くない私はそんなに難しいことと思わない。
でもクラブでは応用が求められるから。
シナリオのない舞台でアドリブで
この場に居合わせた俳優らと演じろと言われてるようなもんですね。

理想的には、クラスとクラブをバランスよく行くことだろうけど、なかなかねぇ。。。

それはそうと、この日cacheにはオシャレした、踊りの上手な日本人が男女共割と多くて、
nyってこんなサルサ日本人人口多かったっけ??と思っていたら
友人曰く、明日からはじまるサルサのinternational congressで
日本からたくさんダンサーが来ているのでは?と言われ納得。
(それさえも知らなかった私)

時計の針が12:30過ぎてから
写真のように、各国から来たダンサーによるパフォーマンスタイムも。
f0063659_13123716.jpg
f0063659_13124280.jpg
写真は韓国のペア。うまかったです。
この後、ボストンや、遠くはフランス、イタリアなどのダンサーも登場。

ということで、まだ水曜だというのに
家に帰り着いたのは午前2時近くでした。
疲れたけど、誘ってくれた友人に感謝!
[PR]

by abekasu_ny | 2013-08-30 12:34 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(0)
2011年 01月 24日

福岡でバチャータ



氷点下の寒さが厳しい週末は、ぬくぬくのお家で久しぶりに引きこもっています~♪

さて、金曜夜は、ガールズたちとご飯を共にし、その後久しぶりにサルサのソーシャルへ。
サルサはしばらくやっていないので、体がどうも勘を取り戻すのに時間がかかったが
体を動かして、楽しい時間だった。

さて、友人の一人が、私が日本人だからということで「この曲知ってる?」と聞いてきた。
その曲がこれ。

タイトルは『Bachata en Fukuoka』。
私はラテンのリズムは好きだが、アーティスト名にはまったく疎いのである。
「福岡の曲なの?私の地元よ!」と言うと、友人もあら!!と驚いていた。

そういや私が昔、福岡の出版社で音楽ページの編集をやっていた時
東京からの関係者に「福岡のライブってラテンノリでいいですね~」なんて、しょっちゅう言われていたもんな。
この曲、去年のラテン・グラミー賞を受賞したらしいけど、福岡でももうすっかり有名なのかな~?

例のyoutubeを見る限り、ロケ地も福岡じゃないし、
女性も微妙に日本人じゃないっぽい(察するに中国人か!? よくあるパターンだが笑)

調べると、このホワン・ルイス・グエラが来福した際に書いた曲らしい。
(日本語ではファン・ルイス・ゲーラのようだが、Juanはファンとは発音しませんよ~笑)

以下、東芝EMIのオフィシャルサイトから一部抜粋:

2009年夏に福岡のラテン音楽フェスティヴァル「イスラ・デ・サルサ」で初来日を果たした際にインスパイアされて出来た曲。「福岡の海や夕暮れの美しさや、親切な人々に感動して、帰国後すぐ書いたんだ」(フアン)。サビで「ここ福岡で君の歌(バチャータ)を歌った、君と踊るために…」と歌う、恋人に福岡から愛を届けるというロマンチックなラヴ・ソングである。初めての日本で、初めて日本人の観客の前で演奏した福岡。この土地が、彼の心に与えた印象の強さが伝わってくる。福岡ではなく、ロサンゼルスのチャイナタウンやマリブ・ビーチを使って撮影されたというPVは、いい具合にファンタジックで、心が穏やかになるようなホンワカとした作品となっている。この曲が北米やラテン・アメリカで大ヒットしたことで、フアンは「そのフクオカはどこにあるのか?」と頻繁に聞かれるそうで「僕は福岡の観光大使みたいな状態だよ(笑)」とコメントしている。

私なら、福岡がどこか分からない人には、
ウエストビレッジの美肌促進食堂、「博多トントン」に行くように言いますけどね(笑)


[北米 人気ブログランキング]

[PR]

by abekasu_ny | 2011-01-24 06:48 | サルサ/ラテン音楽&ダンス | Comments(2)