《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 04日

人生初の犬との生活。里親探し

f0063659_275750.png
わたしゃ、今までの人生、犬も猫も飼ったことがないのだけれど
(嫌いとかではなくどっちかというと好きなのに、ただご縁がなかった)
うちでホームレスの子犬をしばらく預かることが、数日前に急に決まりました。

このご縁を運んでくれたKさん。
不動産業をしながら犬の里親探しなどを熱心にされている方で
もともとは5年前ぐらいに、動物シェルターの記事を書いたときに彼女にも取材したことがあった。
お互い忙しくて普段はめったに会わないんだけど、今回はなぜか私を思い出してくれ、
里親が見つかるまでの面倒を依頼されたのだ。

すごく不思議なんだけど、そのお願いがあった日(数時間前)、
私は私でKさんのことを思い出すことがあった。
以前取材した記事を別のクライアントにメールする必要があって
何かご縁を感じてね。「あさってから? いいですよ」てな感じで二つ返事でOKをした。

金曜日ドキドキして待ってたら、
約束の時間になっても来ない。

「雨で飛行機が遅れたらしい」とKさん。
なんとそのワンコ、プエルトリコからはるばるやって来たと!

そしていよいよご対面!
6ヵ月のパピーちゃん。
ちょっとシャイボーイだとは聞いていたけど
(Kさんいわく「プエルトリカンなのにたまにノリの悪いシャイな男がいるのよ」とのこと(笑)
実際に会ったパピーは、おとなしくて、甘えん坊で、私の顔色常にうかがってくれて(笑)
私が嫌がることはすぐ理解してくれる、かなり賢い子。

でも昨日連れて行ったドッグパークでは(あ、これも私初体験です)
目をキラキラさせてほかの犬とアグレッシブに戯れながら、子犬らしいアクティングも見せてくれ
わたしゃ、安心しました。

そしてまだ小さいから
フレンドリーなニューヨーカーの皆さん、
散歩させると、次々と話しかけてくれたり良い子良い子してくれる。

私はめずらしく5時に起床し、近所をトコトコ散歩。
生活自体が、この男中心になっております(汗)

若いから適応力もあるようで、
到着日はうちの家に入るのも嫌がってたんだけど
段々自分の家がここと分かってきたようで、今では自ら入ってくれるようになりました。

このシャイ男とは本当の親が見つかるまでのお付き合いになるけど
私もこの限られたプレシャスな時間を楽しもうと思います。



[PR]

by abekasu_ny | 2016-07-04 13:23 | 日々のつぶやき | Comments(0)


<< 240回目のアメリカ独立記念日...      アラフォーで再びビーチ生活 >>