《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 11日

フリーランスへの道。4月1日から完全独立しました〜 (2)

(前回からのつづき)

人生で3回目のフリーランス

会社員のイメージが自分でも強いんですが
よく考えると、フリーランスって私の人生でこれで3度目です。

1回目は、日本の出版社を退職した後、留学で渡米するまでの10か月
2回目は、ニューヨークで新聞社に就職するまでの2〜3年
そして3回目は、2年前に新聞社を退職して以来

1回目は、退職した出版社からそのままお仕事を引き継いでいたので(なんせ猫の手も借りたいほどすごく忙しい会社で。。)
食いっぱぐれることはなかったっす。

しかし2回目はニューヨークという見知らぬ土地で、来て数年でコネクションもなかったりアテもなかったりで
かな〜り暇でした(苦笑)。
(元上司Aさんが旅行で来たときに、そこらへんすっかり見透かされました。
Aさんのあの洞察力はさすがだと思いました)

何も努力しなかったわけではなく、
例えば東京の出版社を洗いざらいリストアップし、アポとって10数社を訪問したりして
慣れない営業活動を一応はしてみたりもしたのですが
自分から営業したものは、一つもお仕事に繋がらなかったです。
(いろんな有名誌の編集者とお話できたのは良かったですけど)

結局、細々とですが
ニューヨークベースのお仕事+紹介で入ってきた東京のお仕事をしていたわけですが
そんなある日、事件が起こりました。

自宅に泥棒が入って、PCとデジカメ(いわゆる仕事道具)を盗まれてしまったのです。

かなり落ち込みましたが、1か月後ぐらいには
「新しいPCとデジカメを買うために資金がいる。もっと真剣に仕事を探そう!」と奮い立ち
あれやこれややっていたら、新聞社からお声がかかり、会社員に逆戻りしたのでした。
2007年のことです。

人生いいことも悪いことも起こりますが、
今になって思えば、あの泥棒事件をきっかけに、NYライフが少し良い方向に進んだ気がします。


そして3回目のフリラ人生がスタート

4月から通勤しなくてよくなるから、ちょっとしばらくゆっくりしようという思いもあったのですが
甘かったです。
ありがたいことに、休む暇がありません(汗)

ともすれば、昼も夜も、平日も週末も働いているような。。。
タイムカードがあるわけではないから、自分でどこかで線引きをしないと、と思っているところです。
20代のときのようなワーカホリックな日々はもうこりごりですので。


出版→テック→次は?

これまで出版6年(日本)→出版7年(NY)→テック1年半(NY)と渡り歩いてきたけど
次は「ヘルシー系」がキーワードのようです。

街ネタやトレンド、テック系など、いくつかの連載記事も今後も続きます。

これまで渡り歩いてきた業種はそれぞれ違っているけど、実は全部繋がっているんですよね、不思議と。
どれ一つ無駄な経験や出会いはありません。

今後も、
与えられたチャンス、仕事、人に
誠実に
確実に

向き合う。

手抜きしない。
安売りしない。

そして一番大切にしたいのは、自分の気持ちが“Feel right”であるか

これまでの経験や出会いにきちんと感謝しつつ、与えられた新しいチャンスに全力投球するのみです!




[PR]

by abekasu_ny | 2016-04-11 01:00 | その他の仕事のハナシ | Comments(0)


<< 日本とニューヨークを繋ぐテック...      フリーランスへの道。4月1日か... >>