《ニューヨーク直行便 》日々のアレコレ、出会い、取材こぼれ話 ... Since 2005

kasumilny.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 30日

無料日を利用しよう! ニューヨークの美術館&博物館

ご存知したか? ニューヨークにある美術館や博物館は、入場料が無料になる日があるんです。

世界の一流アートをタダで見られるなんて、なんとも太っ腹な企画だと思いませんか。
その多くは週に1度や月に1度など定期的に無料デーを設けており
そのほとんどが金、土、日曜日に集中しています。


近代以降の美術ならまずは「MoMA」へ


f0063659_4263415.png


ニューヨークの美術館の代表格、「MoMA (ニューヨーク近代美術館)」
ミッドタウンのど真ん中(53丁目と54丁目、五番街と六番街の間)に位置し
19世紀から現代までの絵画や彫刻、写真など約20万点が貯蔵されています。

MoMAの無料デーは、毎週金曜日の午後4時以降。
「UNIQLO フリー・フライデー・ナイツ」という名がついているように
2013年以降のスポンサーは何と日本発のユニクロ!

ユニクロのおかげで
通常一般25ドルする入場料が、この時間帯だけは無料で楽しめるというわけです。

通常、無料チケットは54丁目側の入り口から受け取れるのですが
皆さん観光客は同じごとを考えるので、これがなかなかの混雑ぶりになります。

まず4時以降、だいたい6時前ぐらいまで、"か・な・り"長い行列ができるので
それが少し落ちつく6時ごろに訪れるのがいいかもしれません。

*この列は54丁目の入り口からぐるっと、五番街を経て53丁目の入り口までできておりました
(3.25.2016の時点)
「 {sigh} The world's longest line」(世界で一番長いラインだわ。。」と嘆いたいた人もw

f0063659_4272718.png

建築家・谷口吉生さん設計によるニューヨーク近代美術館


ブルックリン美術館は無料イベントも充実


f0063659_4274282.png


滞在期間に余裕がある場合は、マンハッタンのお隣、ブルックリンにも足を運んでみましょう。

「ブルックリン美術館」は市内で3番目に大きな美術館で
世界中の美術品約150万点を貯蔵しています。

中でもミイラやツタンカーメンなどのエジプト美術と
浮世絵などをはじめとする日本美術が充実していることで知られています。

f0063659_4282976.png


入場料は通常16ドルですが、毎週木曜日の午後6時から10時までは無料に。
イベントスペースではサルサなどのダンスイベントも行われ、こちらも無料で楽しめます。

また、毎月第一土曜日は「ターゲット・ファーストサタデー」と称し、これもタダ!(注:9月はなし)。
月ごとのテーマに沿って午後5時から午後11時まで、さまざまなイベントが行われます。

例えば2月のテーマは「黒人の歴史を振り返る」。
テーマに沿った音楽、ダンス、ワークショップ、アート、映画など各種イベントが行われました。

特にダンス会場は、アルコール類も販売され、照明が落とされた中でDJが大音響で音楽をガンガンプレー。

あたかもどこかのクラブに迷い込んだ気持ちになるでしょう。これらの無料デーは
館内のすべての展示ももちろん無料で見ることができるので大変お得です。

ブルックリン美術館は、地下鉄2番線、3番線で「Eastern Pkwy/Brooklyn Museum」駅降りてすぐ



ほかにもたくさんある無料ミュージアム

ほかにも、、、

2001年の同時多発テロがテーマの
「911メモリアル美術館」(毎週火曜日の午後5時以降は無料)

外観がユニークなコンテンポラリーアートの
「ニューミュージアム」(毎週木曜日の午後7時以降、自分で料金を決められる任意料金)

19世紀初頭のオーストリアやドイツ美術の
「ノイエギャラリー」(毎月第一金曜日の午後6時以降は無料)

アメリカの近代・現代美術作品の充実した展示で知られる
「ホイットニー美術館」(毎週金曜午後7時~10時は任意料金)

近・現代アートで、ピカソ、セザンヌなどの常設展が見所の
「グッゲンハイム美術館」(毎週土曜午後5時45分~7時45分は任意料金)

など、さまざまな美術館や博物館、水族館が無料デー(もしくは任意料金)を設けています。


曜日や時間帯は、それぞれのウェブサイトや、ニューヨーク市の
公式ウェブサイトでも確認できます。

ニューヨークを訪れる際はぜひ活用してみてください。


関連記事書きました → ことりっぷ


【アップデート情報】
雨の日なら混んでいないだろうと、先日「911メモリアル美術館」の無料日に行ったところ、
確かに無料で入りたい人の列はできていたのですが
有料チケットを購入する人たちも多く、途中で「無料で入場不可」とアナウンスがありました。
その日ごとに状況が変わるようです。






[PR]

by abekasu_ny | 2016-03-30 09:55 | NYやアメリカ人についてあれこれ | Comments(0)


<< フリーランスへの道。4月1日か...      ブルックリンのグラフィティーア... >>